新技術

AMPでモバイルサイトを作る重大なデメリットとは?

【266】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(12)モバイルサイトのAMP対応(2)

モバイルサイトを軽くする魔法のようなAMP技術。しかし、この一見素晴らしい技術には非常に重大なデメリットがあります。海外のニュースサイトではAMPが広がれば広がるほどGoogleの独占が進むという懸念を表明しています。この動画ではこれらのデメリットを1つ1つ検証します。そしてどのような業種のサイトがAMP技術を使うべきか、実際にGoogleの検索結果を見ながら詳しく検証します。

サイトのダウンロード速度を高速化するAMPとは?

【265】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(11)モバイルサイトのAMP対応(1)

最近AMPという技術を使って自社のモバイルサイトを作ったほうが良いかどうかというご質問をよくいただきます。AMPというのはアンプとも呼ばれるもので、数年前にGoogle、Twitter、Facebookなどのモバイルインターネットの世界で人気のあるメディアを持っている企業が連合を組んで、モバイルユーザーがWebサイトを即時ダウンロード出来るようにして快適な体験が出来るように作り上げた新しいWebサイト構築の技術のことです。今回は実際にどのような企業のサイトがAMPを使ったモバイルサイトを運営しているかを検証します。

HTML5を使ったモバイルSEO

【152】 SMX New York(17)スマートフォン対策(2)

HTML5のソースコードでページを作ることにより、Flashを使わずにFlashと同じような効果が実現可能に。HTML5のもう一つの革命は、ここからここまでの情報はメインコンテンツだとGoogleに伝えるためのタグを入れることが可能に。article(アーティクル)というタグを使うと、Googleはそこが記事であること、メインコンテンツであると認識します。今後は、こうした特殊な知識を知っている企業がGoogleSEOで有利な立場に立てるようになるのか?

マルチデバイス、マルチプラットフォーム時代

【150】 SMX New York(15)プレディクティブサーチ(3)

マルチデバイス、マルチプラットフォームの時代。Cutting out Web(カッティングアウトウエブ)という現象が生まれ、もはやGoogleを使わなくてもネットユーザーは検索が出来る時代ががきました。アップルのSpotlight検索の仕組み、マップという新アプリの登場、Yelp登録の重要性、E-mail Optimaization(イーメールオプティマイゼーション)、アプリを対象にしたディープインデックス等新技術を紹介します。

マイクロソフトとアップルの人工知能パーソナルアシスタント

【149】 SMX New York(14)プレディクティブサーチ(2)

マルチデバイスを使ったマーケテイング。前回はGoogleが提供するGoogleNowを解説しましたが、今回はマイクロソフトとアップルの人工知能パーソナルアシスタントを紹介します。Windows10の登場、iPhoneユーザーの増加が検索市場の地図を塗り替えるのか。新しいコンセプトCutting out Google(カッティングアウトグーグル)とは何かを解説します。

プレディクティブサーチこそが未来の検索エンジンの姿

【148】 SMX New York(13)プレディクティブサーチ(1)

プレディクティブサーチというのはユーザーの行動を予測した予測検索という意味です。ユーザーがここまでの文字を入れたら、きっとこのユーザーはこういうことを欲しがっているのか、こういうことをしたがっているのではないかとすぐさま予測して、結果を瞬時に出すことです。シンディ・クラム氏の研究によるとプレディクティブサーチこそが未来の検索エンジンの姿だということです。

アップルが検索エンジン市場に参入!Google一極集中時代の終わりの始まり

【138】 SMX New York(3)概要 アップル VS Google

米国では脱Googleの機運が高まってきています。最近の米国のカンファレンスではGoogleの話ばかりでした。SEO=GoogleSEOと言っても良いくらいGoogle対策の話ばかりでした。マイクロソフト、Facebook、Amazon、アップル等の世界最強企業の中で今回新たにアップルが検索エンジン市場参入に名乗りをあげました。アップルの独自検索エンジンの名は「スポットライト」です。この検索エンジンで上位表示するとどうなるのか?日本で圧倒的市場シェアをとっているiPhoneユーザーに目に触れるようになります。このチャンスをどうすれば掴むことが出来るのかを解説します。

デジタルマーケティング『5つのトレンド』によるインパクト

【79】 米国最新情報 Click Z Live(2) 結論

2014年の8月にサンフランシスコで開催されたClick Z Liveで知ったSEOの世界を方向性を決める5つのトレンドの後編です。各講座の詳細に入る前に知るべき、5つのトレンドによるインパクトについて解説します。この5つのトレンドを知れば、個別の新技術の理解度が深まります。

SEOの世界を方向性を決める5つのトレンド

【78】 米国最新情報 Click Z Live(1) 概要

2014年の8月にサンフランシスコで開催されたClick Z LiveというアメリカのSEOカンファレンスのレポートを今回から開始します。 2014年後期の全体的なSEOの世界のトレンドが分かりました。それは次の5つのトレンドです: 1、デジタルマーケティング 2、モバイルマーケティング 3、オムニチャンネル 4、ソーシャルメディアの浸透 5、クリエイティブ これらのトレンドは今後の正しい方向性を私達サイト管理者に示すはずです。今回のニュースではこの5つのトレンドの概略を解説します。

AR《拡張現実》とは?

【61】 米国最新SEOレポート Intelligent Content Conference 2014(4)

コンテンツカンファレンスの最後のレポートは、「AR」というコンテンツ分野についてです。ARというのは、「Augmented Reality」= 拡張現実という分野です。工事中の現場を見た時に、様々な情報、「この現場の危険箇所」「ダンプの出発時刻・場所」などがサングラス上に映し出されます。私達の日常生活においては、初めて東京の銀座に行った時に、何がどこにあるのか分からないといった場合、「メトロ銀座線の駅はこちらです」「ユニクロでセールを開催中」というようなその人の為にカスタマイズされた情報が次々と出てくるSFのような世界です。

オムニチャンネル

【60】 米国最新SEOレポート Intelligent Content Conference 2014(3)

今回の報告は、非常に人気のあった講座「オムニチャンネル(Omni Channel)」です。講師はケビン・ニコラス氏。P&G、アップルなど、様々な大手企業の集客の担当してきました。テレビCM、雑誌広告、店舗のPOP、Web、それら全てを統合するマーケティングキャンペーンを解説。今後、私達Web業界いるWeb担当者は、リアルとネットの相乗効果を出すオムニチャネル活用をするスキルが求められます。 ※オムニチャネルとは、実店舗やオンラインストアをはじめとするあらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合すること、および、そうした統合販売チャネルの構築によってどのような販売チャネルからも同じように商品を購入できる環境を実現すること( IT用語辞典 Weblio辞書より)

新着順動画一覧