Googleの仕組み

Googleが不正リンクをどうやって見破るのか?

【272】 コンテンツのプロモーション(6)アンカーテキストの分散

Googleで上位表示するためにはどのようなサイトからリンクを張ってもらえば良いのか?Googleが着目する3つめの被リンクの質を評価するポイントはアンカーテキストの分散です。アンカーテキストとは何か、どのようなパターンが不正リンクと判断され、どうすればペナルティーを回避して、検索上位表示効果を得ることが出来るのか?講師の鈴木将司が著名なサイトのデータを専用ツール「マジェスティック」を使いながら、分析し、解説します。

関連性の高いサイトからのリンクをGoogleは高く評価する

【271】 コンテンツのプロモーション(5)関連性の高いサイトからのリンク

良質な被リンクの2つ目のパターンが、関連性の高いサイトからのリンクです。関連性の高いサイトからリンクを張ってもらうことが今日重要性を増ししています。弁護士事務所のサイトだったら、他の弁護士事務所からのサイトからや、法律関連のサイトからリンクを張ってもらうとGoogleで上位表示しやすくなります。今回の動画ではその理由と、Googleがどのような技術を用いて関連性の高いサイトであるかを判断しているのか、そして被リンク元解析会社のマジェスティックのデータを見ながら考えます。

リンクの信頼性を数値化するトラストフローの意味と活用方法

【270】 コンテンツのプロモーション(4)ライバルサイトのトラストフローを調べる

リンクの信頼性が高い低いというのはどのように決められるのか?リンクの信頼性をGoogleはどのように数値化しているのか?かつてGoogleはページランクという0から10までの11段階の評価基準を公表していましたが、今は公表されていません。 現在、私達サイト管理者が知ることができるサイトの信頼性を示す数値は英国のマジェスティック社が発表しているトラストフローという数字です。SEOスコープを使いながらトラストフローの見方を解説します。トラストフローがわかればGoogle上位表示に効果のあるリンクの集め方が見えてきます。

今のSEOではどの程度リンク対策が重要なのか?

【269】 コンテンツのプロモーション(3)最高の被リンクとは?

「今のSEOはコンテンツが重要だ・・・、ユーザーエンゲージメントも重要だ・・・」ということが言われますが、その中で多くのSEO実践者が疑問に思うのは「最近リンク対策はどの程度重要なのか?」という疑問です。2012年ぐらいまではSEOといえばリンク対策だったのでこれは当然のことでしょう。このビデオでは今のSEOではどの程度リンク対策は重要なのかを最新の検索順位決定要因のデータを見ながら解説します。そして参照元ドメイン数、被リンク数、参照元IPアドレス数、rel=nofollow属性無しの被リンク数などの意味を解説しながら今Googleに求められる最高の被リンクとは何かを探ります。

ユニバーサルサーチに対応せよ!

【165】 SEO初級講座(10)Googleのビジョン(2)

Googleが追求するユニバーサルサーチは全てのものを検索可能にします。それにより従来のWebページのSEOだけではなく、画像のSEO、動画のSEO、地図のSEO、ショッピング情報のSEO、書籍情報のSEO、モバイルアプリのSEOなどマイクロSEOが生まれしました。企業の集客を最大化するためには様々なジャンルの検索での上位表示が求められます。このビデオでは、これらマイクロSEOの1つ1つを検証して、それぞれに対して何をすべきかを俯瞰します。《SEO検定4級レベル》

検索市場をリードするGoogleのビジョン

【164】 SEO初級講座(9)Googleのビジョン(1)

Googleのビジョンについて考えます。Googleがどんな方向に向かっているかを知ることは私たちサイト運営者にとって、SEOをする者にとって非常に重要です。ある意味、死活問題といってもいいぐらい重要なことです。Googleの創業以来の方向性は何か、ヤフージャパンが検索市場を失った理由は何か、もう一つの検索エンジン「Bing」はどうなのか、世界の検索エンジン市場のシェアなどを解説します。そしてユニバーサルサーチは何を検索可能にするのかについて考えます。《SEO検定4級レベル》

Googleアップデートの意味とその対応策

【163】 SEO初級講座(8)Googleの技術的特徴(3)「Googleアップデート(パンダ・ペンギン)」

Googleは絶えずアルゴリズムを最新化してアップデートしています。そのことをGoogleアップデートと言います。これまで実施されたGoogleアップデートはたくさんありますが、非常に重要な二つのアップデートがありました。1つはパンダアップデート。もう一つはペンギンアップデートです。このビデオではパンダアップデートとペンギンアップデートとは何か、そして私達サイト運営者はそれらのアップデートに対してどのように対応すべきかを解説します。《SEO検定4級レベル》

Googleはどのようにして検索順位を決めるのか?

【162】 SEO初級講座(7)Googleの技術的特徴(2)「クローラー・インデックス・アルゴリズム」

Googleは検索順位を決めるための情報をクローラーというソフトウェアで収集しています。クローラーの意味、インデックスとは何かを解説します。そしてアルゴリズムにより検索順位を決定します。Googleのアルゴリズムは200以上あると言われています。代表的なアルゴリズムである、コンテンツの独自性、外部サイトからのリンクの量と質、ドメインの評価、Webページ内にキーワードがどのように書かれているかなどを初心者にも分かりやすく解説します。《SEO検定4級レベル》

「ページランク」がGoogleを世界一の検索エンジン会社にした

【161】 SEO初級講座(6)Googleの技術的特徴(1)「ページランク」

Googleの技術的な特徴について解説します。今でこそGoogleは有名で、誰でもが使う検索エンジンですが、昔からインターネットを使っている人からみるとGoogleは比較的新しい検索エンジンです。後発のGoogleが何故、検索エンジンの覇者になったのか?その鍵は「ページランク」という検索順位を決めるランキングシステムです。ページランクはどのようにして決まるのかを初心者にも分かりやすく講師の鈴木将司が解説します。《SEO検定4級レベル》

検索エンジンの歴史を知ればSEOの意味が見えてくる

【160】 SEO初級講座(5)検索エンジンの歴史

検索エンジンの歴史を知ることはGoogleの特徴を知る上で役立ちます。インターネットが普及し始めたのは1997年頃の状況、ヤフーが人気検索エンジンだった理由、ディレクトリ型検索エンジンとロボット型検索エンジンの違いは、ランディングページの本当の意味、ロボット型検索エンジン主流の時代になった時にサイト運営者は自社サイトをどのように作るべきなのか等SEOを学ぶ上でのベースになる知識を有名企業のWebサイトを例にして講師の鈴木将司が詳しく解説します。《SEO検定4級レベル》

Googleはアプリのソースを見るようになった

【154】 SMX New York(19)アプリのSEO対策(1)

今回からはアプリのSEOについての解説です。アプリをこれから作ろうという企業だけではなく、アプリを持っていない企業にも及ぶ影響を解説します。 Googleウェブマスタートレンドアナリストのマライア・モエバ氏によると今後は、モバイル版Googleの検索結果にはアプリの情報が多数表示されるということです。従来Googleはアプリの情報をする際にはGooglePlayとAppStoreの中にある各アプリの名前、紹介文、リンク情報だけを拾っていましたが、今後はアプリの中のソースを見るという大きな方針変更をすることになりました。

モバイル版GoogleとPC版Googleの検索順位が異なるようになった!

【113】 Mobile devcon(1)2015年4月21日の変動とスマホ版Googleの検索順位の調べ方

2015年2月にサンフランシスコで開催されたモバイルデベロッパーズカンファレンス受講の報告です。参加直後に、Googleがウエブマスター公式ブログで2015年4月21日からモバイル版Googleの検索順位をPC版Googleのものと変えるという発表をしました。 その後順位がどのように変わったのか、複数のキーワードで検証します。パソコンでどのようにそれら2つのGoogleの検索順位の違いを確認するのかを解説。

トラフィックの少ないサイトは上位表示できない!?トラフィックを増やすには?

【46】 米国の最新SEO情報2 検索順位決定要因(後半)

検索順位決定要因の8.28%はどれだけのユーザーがそのページを訪問しているか、つまりトラフィック要因(アクセス要因)にある。トラフィックを増やすことこそが安定的な上位表示を達成します。この動画では、トラフィック増やすために何をすればよいのか具体策を解説します。【ゲスト出演】全日本SEO協会認定コンサルタント、SOHOLAND代表、松浦法子

Googleはドメインの価値を査定している。ドメインレベルのブランド確立の必要性

【45】 米国の最新SEO情報2 検索順位決定要因(前半)

米国SEOカンファレンスででの人気講座「検索順位決定要因」を紹介。Googleの検索結果はどのように決められるのかが分かる。プレゼンターの資料によると、順位決定要因の一つ目がドメインレベルのオーソリティ、つまりドメインの価値です。ドメインの価値が20.56%、2割。近年の傾向は、良いドメインのサイトが上位表示しています。中途半端なドメインを複数持っている企業はうまくいっていません。ではどうすればよいのか?

キーワードを詰め込むミスを防止するには?

【9】 ペンギンアップデート対策 1 キーワードの詰め込み過ぎ(後編)

前編に引き続き、キーワードの詰め込み過ぎの問題とその解決方法を追求します。 自社サイトを上位表示しようとすればするほど、ページ内にキーワードを詰め込むミスを犯しやすくなります。 今回はどうすればキーワードが多過ぎもせず少な過ぎもせず、検索エンジンに対して自分のページはこのテーマだということをアピールし検索順位を上げることが出来るのか、その具体策を解説します。

キーワードの詰め込みは順位下落を引き起こす

【8】 ペンギンアップデート対策 1 キーワードの詰め込み過ぎ(前編)

ペンギンアップデートについて一つ一つの細かい問題や対策方法を解説します。 ペンギンアップデート対策の第一弾として、キーワードの詰め込みについてのご説明をします。 ペンギンアップデートというのは、過剰最適化に対するペナルティです。 一言でいえば、SEOをしすぎているサイトに対してのペナルティです。 可能なSEO対策をした場合、自社サイトのページの中身が乱れ、ユーザーにとって見にくいページになってしまいます。 過剰最適化する人たちが、どのようにキーワードを詰め込んでいるのか、その具体例を紹介します。

ドメイン内のコンテンツ重複はペナルティの原因になり検索順位が下がる

【7】 パンダアップデート対策 3 ドメイン内のコンテンツ重複

サイト内のコンテンツ重複の問題について解説します。 自社サイトの中、すなわち一つのドメインの中に似たようなコンテンツがあると、それがペナルティの原因になり検索順位が下がります。 どのようなサイトに似たようなコンテンツが多いのか、それらをどのような方法でそれを発見するのか、そしてそれらにどのように対策するのかを詳しく解説します。

文字コンテンツはオリジナリティーが最も重要

【6】 パンダアップデート対策 2 コンテンツのオリジナリティー

パンダアップデート対策の二つ目としてコンテンツのオリジナリティーという問題を解説します。 SEO成功に役立つコンテンツというのは、文字コンテンツです。いわゆるページのなかに書いてある文章の部分です。 Googleはそれをどのようにしてチェックするのか、自社サイト内に少しでも疑いのある問題を探す方法を知って、パンダアップデートに耐えられるサイト運営テクニックを習得しましょう。

パンダアップデートにかかるとアクセス数が激減する

【5】 パンダアップデート対策 1 オーバードメイン(後編)

Googleはどのようにオーバードメインかを判断するのか?その仕組を解説します。 パンダアップデートの恐ろしさは、一度それにかかるとアクセス数が7割以上減るのは当たり前だということです。その恐ろしさは海外のSEOカンファレンスでもよく話題になります。 パンダアップデートにかかったために、アクセス数がいかにして激減したかというデータは衝撃的です。 7割以上もサイト訪問者が減ったら、業績に大打撃を与えることになります。 パンダアップデートにかからない方法を詳しく解説します。

ドメインネームの持ち過ぎはペナルティーの原因になる!?

【4】 パンダアップデート対策 1 オーバードメイン(前編)

Googleのアップデートの中でも検索順位を大きく下げるペナルティーが「パンダアップデート」です。重複コンテンツを防ぐ上で重要な概念が、「オーバードメイン」という問題があります。 オーバードメインというのは、その名のとおり「ドメインを持ちすぎている」という意味です。ドメインの数が適正な数字よりも超過しているとGoogleからペナルティーを与えれてサイトの検索順位が大きく下げられます。 オーバードメインの怖さと回避策をレポートします。

ペンギンアップデートにかかると検索順位の復旧は困難

【3】 パンダアップデートとペンギンアップデートの違いと概要(後編)

Googleの重要なアップデートの2つ目は「ペンギンアップデート」です。 ペンギンアップデートとは、「過剰最適化に対するペナルティ」の呼び名です。 SEOの意味はサーチエンジンオプティマイゼーション(Search Engine Optimization)、検索エンジン最適化ですが、検索エンジンの最適化をすること自体は良いことですが、過剰にすることをGoogleは許しません。 ペンギンアップデートのアルゴリズムに自社サイトが過剰最適化をしていると判断されてしまうと検索順位はひどい場合は20位くらいは落ちてしまいます。一度ペンギンアップデートにひっかかるとなかなか復旧できないのが、ペンギンアップデートの厳しさです。

ペンギンアップデートにかかると検索順位の復旧は困難

【3】 パンダアップデートとペンギンアップデートの違いと概要(後編)

Googleの重要なアップデートの2つ目は「ペンギンアップデート」です。 ペンギンアップデートとは、「過剰最適化に対するペナルティ」の呼び名です。 SEOの意味はサーチエンジンオプティマイゼーション(Search Engine Optimization)、検索エンジン最適化ですが、検索エンジンの最適化をすること自体は良いことですが、過剰にすることをGoogleは許しません。 ペンギンアップデートのアルゴリズムに自社サイトが過剰最適化をしていると判断されてしまうと検索順位はひどい場合は20位くらいは落ちてしまいます。一度ペンギンアップデートにひっかかるとなかなか復旧できないのが、ペンギンアップデートの厳しさです。

Googleが高く評価するのはオリジナルコンテンツ

【2】 パンダアップデートとペンギンアップデートの違いと概要(前編)

パンダアップデートというのは、重複サイトや重複コンテンツに対するペナルティです。 重複コンテンツには2つの意味があります。その1つがドメイン内にあるWebページ同士のコンテンツの重複という意味です。 Googleが高く評価するのは、世の中でそのサイトのそのページにしか書かれていないオリジナル文章が掲載されているページです。この動画を見て自社サイト内にある重複コンテンツの見つけ方を習得して下さい。

中身の無いSEOだけのサイトをGoogleは許さない!

【1】 Googleアップデートとは?

SEOをすることによりGoogleの検索順位アップは可能です。 しかし、SEOだけをして、肝心のサイトのコンテンツの質の向上を怠るサイトをGoogleは放置しません。 Googleは検索結果の品質の維持と向上を目指しています。それを実現するのがGoogleアップデートです。 Googleアップデートとは、パンダアップデート、ペンギンアップデートなどの検索結果の品質維持の取り組みのことを言います。この動画ではGoogleがどのようにしてGoogleアップデートを実施しているのかを解説します。

新着順動画一覧