ペナルティーの復旧をしたい

上位表示を阻むコピーコンテンツを見つける「ページ比較ツール」の使い方

【74】 ページ比較ツールで類似性をチェック

全本SEO協会会員向けソフトの「ページ比較ツール」ついて解説します。このツールを使うと2つのWebページがどれだけ類似しているのかを一発で発見することが出来ます。同じサイトの中に似たページが存在していたり、他のドメインのサイトから情報をコピーして自社ページを作るとGoogleからマイナスの評価を与えられて上位表示出来なくなります。このソフトはこの問題を解決するためのページ分析ソフトです。

キーワードを詰め込むミスを防止するには?

【9】 ペンギンアップデート対策 1 キーワードの詰め込み過ぎ(後編)

前編に引き続き、キーワードの詰め込み過ぎの問題とその解決方法を追求します。 自社サイトを上位表示しようとすればするほど、ページ内にキーワードを詰め込むミスを犯しやすくなります。 今回はどうすればキーワードが多過ぎもせず少な過ぎもせず、検索エンジンに対して自分のページはこのテーマだということをアピールし検索順位を上げることが出来るのか、その具体策を解説します。

キーワードの詰め込みは順位下落を引き起こす

【8】 ペンギンアップデート対策 1 キーワードの詰め込み過ぎ(前編)

ペンギンアップデートについて一つ一つの細かい問題や対策方法を解説します。 ペンギンアップデート対策の第一弾として、キーワードの詰め込みについてのご説明をします。 ペンギンアップデートというのは、過剰最適化に対するペナルティです。 一言でいえば、SEOをしすぎているサイトに対してのペナルティです。 可能なSEO対策をした場合、自社サイトのページの中身が乱れ、ユーザーにとって見にくいページになってしまいます。 過剰最適化する人たちが、どのようにキーワードを詰め込んでいるのか、その具体例を紹介します。

ドメイン内のコンテンツ重複はペナルティの原因になり検索順位が下がる

【7】 パンダアップデート対策 3 ドメイン内のコンテンツ重複

サイト内のコンテンツ重複の問題について解説します。 自社サイトの中、すなわち一つのドメインの中に似たようなコンテンツがあると、それがペナルティの原因になり検索順位が下がります。 どのようなサイトに似たようなコンテンツが多いのか、それらをどのような方法でそれを発見するのか、そしてそれらにどのように対策するのかを詳しく解説します。

文字コンテンツはオリジナリティーが最も重要

【6】 パンダアップデート対策 2 コンテンツのオリジナリティー

パンダアップデート対策の二つ目としてコンテンツのオリジナリティーという問題を解説します。 SEO成功に役立つコンテンツというのは、文字コンテンツです。いわゆるページのなかに書いてある文章の部分です。 Googleはそれをどのようにしてチェックするのか、自社サイト内に少しでも疑いのある問題を探す方法を知って、パンダアップデートに耐えられるサイト運営テクニックを習得しましょう。

パンダアップデートにかかるとアクセス数が激減する

【5】 パンダアップデート対策 1 オーバードメイン(後編)

Googleはどのようにオーバードメインかを判断するのか?その仕組を解説します。 パンダアップデートの恐ろしさは、一度それにかかるとアクセス数が7割以上減るのは当たり前だということです。その恐ろしさは海外のSEOカンファレンスでもよく話題になります。 パンダアップデートにかかったために、アクセス数がいかにして激減したかというデータは衝撃的です。 7割以上もサイト訪問者が減ったら、業績に大打撃を与えることになります。 パンダアップデートにかからない方法を詳しく解説します。

ドメインネームの持ち過ぎはペナルティーの原因になる!?

【4】 パンダアップデート対策 1 オーバードメイン(前編)

Googleのアップデートの中でも検索順位を大きく下げるペナルティーが「パンダアップデート」です。重複コンテンツを防ぐ上で重要な概念が、「オーバードメイン」という問題があります。 オーバードメインというのは、その名のとおり「ドメインを持ちすぎている」という意味です。ドメインの数が適正な数字よりも超過しているとGoogleからペナルティーを与えれてサイトの検索順位が大きく下げられます。 オーバードメインの怖さと回避策をレポートします。

ペンギンアップデートにかかると検索順位の復旧は困難

【3】 パンダアップデートとペンギンアップデートの違いと概要(後編)

Googleの重要なアップデートの2つ目は「ペンギンアップデート」です。 ペンギンアップデートとは、「過剰最適化に対するペナルティ」の呼び名です。 SEOの意味はサーチエンジンオプティマイゼーション(Search Engine Optimization)、検索エンジン最適化ですが、検索エンジンの最適化をすること自体は良いことですが、過剰にすることをGoogleは許しません。 ペンギンアップデートのアルゴリズムに自社サイトが過剰最適化をしていると判断されてしまうと検索順位はひどい場合は20位くらいは落ちてしまいます。一度ペンギンアップデートにひっかかるとなかなか復旧できないのが、ペンギンアップデートの厳しさです。

Googleが高く評価するのはオリジナルコンテンツ

【2】 パンダアップデートとペンギンアップデートの違いと概要(前編)

パンダアップデートというのは、重複サイトや重複コンテンツに対するペナルティです。 重複コンテンツには2つの意味があります。その1つがドメイン内にあるWebページ同士のコンテンツの重複という意味です。 Googleが高く評価するのは、世の中でそのサイトのそのページにしか書かれていないオリジナル文章が掲載されているページです。この動画を見て自社サイト内にある重複コンテンツの見つけ方を習得して下さい。

中身の無いSEOだけのサイトをGoogleは許さない!

【1】 Googleアップデートとは?

SEOをすることによりGoogleの検索順位アップは可能です。 しかし、SEOだけをして、肝心のサイトのコンテンツの質の向上を怠るサイトをGoogleは放置しません。 Googleは検索結果の品質の維持と向上を目指しています。それを実現するのがGoogleアップデートです。 Googleアップデートとは、パンダアップデート、ペンギンアップデートなどの検索結果の品質維持の取り組みのことを言います。この動画ではGoogleがどのようにしてGoogleアップデートを実施しているのかを解説します。

新着順動画一覧