海外SEOを学ぶ

検索意図7:「原因」が知りたい

【327】 コンテンツのプロモーション(61)効果測定(26)

7大検索意図の解説シリーズの最終回です。今回は7がつ目の「原因」が知りたいという検索意図です。原因、または理由という言葉をメインキーワードに追加して検索ユーザーは非常にたくさんいます。その人達を自社サイトに呼び寄せるためにどのようなページを作ればよいのかを講師の鈴木将司が詳しく解説します。

検索意図6: Which one? 「AとBの違い」が知りたい

【326】 コンテンツのプロモーション(60)効果測定(25)

7大検索意図の6つ目「Which one? 」は、「AとBの違い」が知りたいという検索意図です。これは最近増えているクエリですが、このニーズを満たすページが未だまだ少ないため比較的競争率が低く、上位表示すればたくさんのアクセス数を獲得できる穴場キーワードです。この検索意図の意味と上位表示するためのページの作り方を解説します。

検索意図5: Which? 選び方の提案

【325】 コンテンツのプロモーション(59)効果測定(24)

7大検索意図の5つ目「Which? 」は、購入意欲の高い検索ユーザーが検索するキーワードです。キーワードにはサイトのアクセス数を増やすためのものと、サイトでの売上を増やすためのキーワードの2パターンがあります。今回は売上に直結しやすいこの「儲かるキーワード」の見つけ方、ページの作り方を成功事例を見ながら解説します。

検索意図5: Which? 一覧ページ必勝の法則

【324】 コンテンツのプロモーション(58)効果測定(23)

Googleが2019年6月3日にコアアップデートをまた実施しました。そのインパクトがどれほどあったのかを実際のGoogleアナリティクスのデータを見ながら紹介します。この大きなアップデートに対応するためには検索意図を満たすコンテンツを着実に満たさなくてはなりません。今回は7大検索意図の5つ目「Which? 」は何かを解説します。

検索意図4: Who? 制作・デザイン業、相談業、買取業、修理業の場合

【323】 コンテンツのプロモーション(57)効果測定(22)

7大検索意図の4つ目「Who? 」を満たす方法の続きです。今回は制作・デザイン業、相談業、買取業、修理業の場合は他にどのようなコンテンツがあると難関キーワードで上位表示されやすくなるのかを事例を見ながら検証、解説します。制作・デザイン業、相談業、買取業、修理業のサイト作りに携わる方は必見です。

検索意図4: Who? 6つの重要項目と3つのオプション項目

【322】 コンテンツのプロモーション(56)効果測定(21)

7大検索意図の4つ目「Who? 」を満たすにはWebページ内に6つの重要項目を必ず含め、それ以外は極力の掲載しないことが必要です。さらに3つのオプション項目が必要が業種が一部あります。講師の鈴木将司が実例を見せながら業種毎に詳しく解説します。

検索意図4: Who?

【321】 コンテンツのプロモーション(55)効果測定(20)

7大検索意図の4つ目は「Who? 」という検索意図です。この意図を満たさなくてはならないのは地域ビジネス、来店型ビジネスの歯科医院、病院、整体・治療院、飲食店などのサイト運営者です。この最もポピュラーな検索意図を満たす方法を詳しく解説します。

検索意図3:How much? 「費用・相場」が知りたい

【320】 コンテンツのプロモーション(54)効果測定(19)

7大検索意図の3つ目は「How much? 」という検索意図です。これは高額商品を売っているサイトや、見込み客が価格を先ず気にする商材を扱っているサイトでは特に有効なものです。この意図を満たすためにはどのようなコンテンツが考えられるのか?そして実際に上位表示しているコンテンツを分析します。

検索意図2:How?

【319】 コンテンツのプロモーション(53)効果測定(18)

7大検索意図の2つ目は「How?」という検索意図です。この意図を満たすためにはどのようなコンテンツが考えられるのか?そして実際に上位表示しているコンテンツを分析します。この動画を見ればたくさんの見込み客を自サイトに引き寄せるコンテンツの作り方が見えてきます。

検索意図1:What?を満たすページの作り方

【318】 コンテンツのプロモーション(52)効果測定(17)

7大検索意図の1つ目の「What?」という検索意図を満たすためにはどのようなコンテンツ、ページにすれば良いのか?この方法がわかれば自社サイトのページが次々に上位表示できるようになれるはずです。講師の鈴木将司がその方法を成功事例を見せながら詳しく解説します。

検索意図1:What?

【317】 コンテンツのプロモーション(51)効果測定(16)

7大検索意図の1つ目は「What?」という検索意図です。これは検索ユーザーが単純に「・・・とはどんな意味か?」を知りたいときに検索する時の意図です。この意図を読み解き、満たすことが出来れば相当な数の訪問者数を自社サイトに呼び込むことが可能になります。このメジャーな検索意図の意味、読み解き方を詳しく解説します。

7大検索意図を満たす記事は上位表示する!

【316】 コンテンツのプロモーション(50)効果測定(15)

検索意図、つまり検索ユーザーが検索して求めているWebページにはどのようなパターンがあるのかを1つ1つ調査するのには膨大な時間がかかります。講師の鈴木将司が長年研究し検索意図にはどのような種類があるのかをズバリつきとめました。それが7大検索意図です。実際にGoogleで上位表示しているWebページはこの7つの検索意図のうちいずれか1つを満たしています。逆に上位表示していないWebページはこれらのどの意図も満たしていないページだったり、複数の意図を同時に中途半端に満たそうというものです。7大検索意図とは何かを詳しく解説します。

検索意図の意味を徹底解説

【315】 コンテンツのプロモーション(49)効果測定(14)

今のSEOで成功するにはユーザーの検索意図は何か、そしてそれを満たすためのコンテンツづくりが必須です。そのためには先ず検索意図に詳しくなる必要があります。今回の動画ではズバリ検索意図とは何か、検索意図の7つの種類である「7大検索意図」を徹底解説します。この動画を見れば、これまで難解だった検索意図とは何かが見えてくるはずです。

初心者のニーズを満たすコンテンツ

【314】 コンテンツのプロモーション(48)効果測定(13)

単にサイトにコンテンツを増やしても上位表示は困難です。何故なら検索ユーザーの圧倒的多数が特定のジャンルのことについて知識が無いから初心者でもわかる初心者のニーズを満たすコンテンツを探しているからです。今回の講座ではまさにこの「初心者のニーズを満たすコンテンツ」の考え方、具体的な作り方を解説します。

ニーズの高いコンテンツにはパターンがある!

【313】 コンテンツのプロモーション(47)効果測定(12)

サイト訪問者数を増やすには答えは1つしかありません。表面的なSEOテクニックを使うだけでは限界があります。SNSをいくら上手に使えても人気のある記事が書けなければ何の意味もありません。ではどうすれば良いのか?それはニーズの高いコンテンツにはパターンを知ることです。講師の鈴木将司が研究調査した結果ニーズの高いコンテンツにはいくつかのパターンがあることがわかりました。それをズバリ解説します。

サイト訪問者数を増やすにはニーズのある記事を増やせ!

【312】 コンテンツのプロモーション(46)効果測定(11)

Googleアナリティクスを見ることによりサイト訪問者数の過去の伸びがわかります。この部分の細かいデータを見ながら人気ページと不人気ページの違いを分析します。そこから見えてくるのは、どのようなコンテンツが人気があるかです。今回の動画では、Googleアナリティクスを見ながらニーズのあるコンテンツが多数ある人気サイトの作り方を探ります。

プロジェクトの効果測定

【311】 コンテンツのプロモーション(45)効果測定(10)

コンテンツマーケティングのプロジェクトの効果測定は(1)サイト訪問者数(2)各記事のページビュー(3)フォーム入力をした人の数(4)新規購読者の増加(5)メールの開封率とリンクのクリック数(6)見込み客の増加数(7) 収益の増加 の7つのポイントがあります。これら1つ1つを検証し、自社サイトのコンテンツ改善、アクセス数増加への道を探ります。

最も上手くいったコンテンツを再生産する

【310】 コンテンツのプロモーション(44)効果測定(9)

コンテンツマーケティングで成果を出すには真面目に同じことを繰り返してもうまくいかないものです。また本などを買ってそのままやっても上手くいかないことがほとんどです。ではどうすれば成功ですのか?実際のコンテンツマーケティング成功事例を見ながら読み解きます。

ブログ内のどのページが上位表示しやすいのか?

【309】 コンテンツのプロモーション(43)効果測定(8)

何故ブログのトップページは上位表示しにくいのか?ブログ内のどのページが上位表示しやすいのか?Googleアナリティクスを使いながら、ブログのサイト構造を検証し、上位表示しやすいブログ運営方法を解説します。

コンバージョン率改善の大法則とは?

【308】 コンテンツのプロモーション(42)効果測定(7)

コンバージョン率が全く悪いページがあったとした場合、普通の考えだとそのページのコンバージョン率を改善しようとする人がほとんどです。しかし、それだけはやらないで下さい。何故かというとページのコンバージョン率を改善するということは、基本的には見込み客に訴求するコンテンツばかりになるからです。しかし、それをするとページの検索順位が落ちやすくなるのです。ではどうすれば、検索順位を高めながら、コンバージョン率も高めることが出来るのか、この難題を解く方法を解説します。

Googleアナリティクスのコンバージョンデータの見方と改善方法

【307】 コンテンツのプロモーション(41)効果測定(6)

今回は、Googleアナリティクスで計測したコンバージョンに関するデータの見方、そこから得られるインサイト(知見、発見)にはどのようなものがあるのか、そしてそれに基づいたサイト改善の方法を実際に計測したサイトのデータを見ながら解説します。

Googleアナリティクスのコンバージョン測定の仕組み

【306】 コンテンツのプロモーション(40)効果測定(5)

Googleアナリティクスはサイトへのアクセスを増やすためのデータをとるだけではなく、サイトの成約率アップ、つまりコンバージョン率アップをするためのデータを見ることが出来ます。コンバージョン率を上げるための方法を知りたい方必見の動画です。

参照元を増やすには?

【305】 コンテンツのプロモーション(39)効果測定(4)

サイトの参照元を増やすことが一番大変です。しかし、この点をクリア出来ればサイトの訪問者数が増えるという本来の目的が達成出来ます。しかも、サイト訪問者数が増えればGoogleからのサイトへの評価が高まりたくさんのキーワードで上位表示されるようになり、さらにサイト訪問者数が増えます。この好循環を引き起こすためにはどうすれば良いのかを事例を用いて解説します。

トラフィックを増やすために見るべきところは?

【304】 コンテンツのプロモーション(38)効果測定(3)

サイトのトラフィックを増やすためには流入元の数を増やすことが1つ。他にはそれぞれの流入元からの流入数を増やすために告知頻度を上げることと、検索順位を上げること、ユーザーの目につきやすいところに載せてもらうということにつきます。Googleアナリティクスを使ってこれらを実現するためのデータの見方を解説します。

サーチコンソールの検索パフォーマンスを見れば次にするべきSEOが見えてくる

【303】 コンテンツのプロモーション(37)効果測定(2)

今、私たちサイト運営者はビッグデータやマーケティングの色々なデータを活用する時代に生きています。データを見るのは目的を達成するするための手段でしかありません。目的とは、データから知見、どんな発見があるのか、つまりインサイトを得て、そこから自社サイトがとるべき次の対策を決め、着実に実行するということです。 サイト運営が必ず使うべきサーチコンソールで見れる最重要データである検索パフォーマンスからどのようなインサイトを得て、どのような施策をとるべきかを実際の成功事例を見ながら検証します。

Googleアナリティクスとサーチコンソールを見ればコンテンツマーケティングの成果がわかる

【302】 コンテンツのプロモーション(36)効果測定(1)

今回は効果測定の話です。これまでユーザーに好まれるコンテンツを企画して、それをどうやって作り、プロモーションすれば良いのかを約1年近くかけて解説してきました。今回はそれら一連のコンテンツマーケティングの効果測定について解説します。どのようにしてデータをとり、どこを見て、どうやって改善に活かすかが重要です。講師の鈴木将司もこのコンテンツマーケティングを1年近く実践してどのような効果が出たのかをGoogleアナリティクス、サーチコンソールの検索パフォーマンスなどの実際のデータを見ながら効果測定の実例を解説します。

サイトに来てもらうためのメールの出し方

【301】 コンテンツのプロモーション(35)リード育成(4)

せっかく良質のコンテンツを自社サイトに掲載しても多くの人達に見てもらわなければ宝の持ち腐れになります。それを防ぐためのメールの表題の書き方、見て欲しいページへのリンクの張り方のコツ、ABテスト、現実的な配信頻度などを複数の有名企業の事例を見ながら研究します。すぐにでも採用し、コンテンツマーケティングを成功させるアイデアを解説します。

メールマーケティング6つの重要ポイント

【300】 コンテンツのプロモーション(34)リード育成(3)

今回の動画では、具体的にメールを見込み客や既存客に出すときのテクニックについて解説します。アーニー・クエン氏によるとメールを出す時には6つの重要ポイントがあります。よくある失敗を避けながら、着実に集客効果を高める方法を具体例を見ながら学びます。

メールコンテンツの優れた事例紹介

【299】 コンテンツのプロモーション(33)リード育成(2)

前回に引き続きリード育成の意味とその全体の流れを解説します。何故SEOをするのか?その本当の目的は顧客との関係を構築して、いつでも自社の情報を受信してもらい、リピート購入をしてもらうことです。その流れの入口がSEOなのです。これを実現するために見込み客や顧客に配信するメールのコンテンツ品質を高める必要があります。成功企業がどのようなメールコンテンツを配信してるのか、その実物を見ながら検証します。

メールを出してコンテンツを見てもらう

【298】 コンテンツのプロモーション(32)リード育成(1)

今回はコンテンツのリード育成について提案します。リード育成とはきっかけ作りという意味で、コンテンツマーケティングにおいてコンテンツをただ作るだけでは駄目です。また、コンテンツをWebサイトに載せるだけでも不十分です。もっと積極的にせっかく苦労して作ったコンテンツを多くの人達に見てもらうために働きかけなくてはなりません。SNS以外で効果のあるリード育成方法はメールを出すことです。効果的なメールを出せば数分以内にコンテンツを見てもらうことができます。その具体的な方法を詳しく解説します。

コンテンツを様々なメディアで配布する方法

【297】 コンテンツのプロモーション(31)ディストリビューション

今回はこれまで自社で作ったコンテンツをより多くの人々に見てもらえるか、つまりコンテンツのディストリビューション(配布)について解説します。 自社コンテンツは単に自社サイト上で発表するのではなく、形を加工して様々なメディアで配布したほうがより多くの人達に見てもらえます。文字コンテンツだけでなく、動画コンテンツ、テンプレートコンテンツなどの多様な配布方法を知って自社の存在、自社商品の存在を知ってもらいましょう。

企業内でのSNS運営上の問題と解決策

【296】 コンテンツのプロモーション(30)ソーシャルメディア活用(7)

これまでコンテンツのプロモーション方法としてのソーシャルメディアを解説してきましたが、それらは攻めの対策です。今回は守りのお話をします。守りとは何かというと、ソーシャルメディアを使うことは企業にプラスだけではなくマイナスを与える可能性もあり、マイナスの作用が起きないようにするための対策です。企業がSNSを運営する上でしてはいけないこと、すると大問題になることは何か、そしてリスクを回避する方法を解説します。

Facebook広告を使ってフォロワーを増やす方法

【295】 コンテンツのプロモーション(29)ソーシャルメディア活用(6)

Facebookを最大限に活用するには広告を出す必要があります。それをしないとフォロワーが増えにくいからです。広告を出さなくてもフォロワーは少しずつ増えます。しかし、それは競合他社も同じことなので、そのままでは競合他社との差はいつになっても縮むことはありません。そうした状況を打破するためにFacebook広告が必要です。今回の動画では具体的にどのような方法でFacebook広告を出してフォロワー数を増やしたり、自社サイトのアクセス数を増やすかを具体例を用いて解説します。

自社SNSのフォロワーを増やすには?

【294】 コンテンツのプロモーション(28)ソーシャルメディア活用(5)

そもそもSNSを使う目的はSEOの他には、自社の最新の情報をお客様、見込み客に知ってもらうということです。このことを実現する手段は大きくわけると、 (1)メールマガジン(2)ニュースレター(3)SNSの3つがあります。今回の動画では、3つ目のSNSのフォロワーを増やして自社サイトへのアクセスを増やす方法を成功事例をお見せしながら詳しく解説します。

数字系とテキスト系商材のSNSは?

【293】 コンテンツのプロモーション(27)ソーシャルメディア活用(4)

数字系とテキスト系商材の方はどのSNSをどのように使ったらいいのかを解説します。数字系というのは数字が重要な業界、見込み客のほうが数字に凄くこだわっていたり、興味がある業界です。買取業、金融関連などが該当します。テキスト系というのは技術業界、デザイン業界、法律業界、医療健康業界、美容業界などです。これらの業界に最適なSNSを解説します。

動作・サウンド系商材のSNSは?

【292】 コンテンツのプロモーション(26)ソーシャルメディア活用(3)

今回紹介するSNSは動作・サウンド系という商材の集客に役立つものです。動作・サウンド系商材というのは動きや、音が重要な業界です。動作系商材の例としては、機械があります。例えばドローンの操作とか、カメラの操作とか、ルンバのような自動掃除機の操作、ダイソン掃除機もそうです。サウンド系商材の例としては、動物の鳴き声、楽器や、語学学習があります。こうした商材を扱う企業がどのSNSをどのように活用すると集客ができるかを解説します。

ビジュアル系商材はInstagram、Pinterestが効果的

【291】 コンテンツのプロモーション(25)ソーシャルメディア活用(2)

今回はビジュアル系の商材、見た目重視の商材を扱っている人がどうすればSNSから集客できるのかについて解説します。見た目重視の商材、ビジュアル系の商材というの、飲食業、観光業、ファッション、小物、雑貨、工務店、リフォーム、外構工事などです。この分野のサイトの集客に役立つSNSはズバリInstagramとPinterestです。Instagramは何年か前にFacebookが巨額の費用を投じて買収した写真のSNSです。そしてPinterestは日本でも近年人気が高まっており、コンバージョン率が高いSNSです。

今使えるソーシャルメディアとそのSEO効果

【290】 コンテンツのプロモーション(24)ソーシャルメディア活用(1)

Webサイトのコンテンツを告知するには2つの手段があります。セールスページを告知するにはプレスリリース、無料お役立ちコンテンツを告知するにはソーシャルメディアです。今回の動画からはソーシャルメディアの最新の活用方法を解説します。競合調査ツールを使うと検索順位が高いサイトの多くがソーシャルメディアを効果的に活用していることがわかります。どのようなメカニズムによってソーシャルメディア活動がSEOの成功を助けるのかを事例を見ながら解説します。

プレスリリースのネタ探し・出し方・リリース文の書き方(3)

【289】 コンテンツのプロモーション(23)プレスリリース(5)

プレスリリースのネタ探し・出し方・リリース文の書き方の最終回です。前回に続いてプレスリリースの出し方について解説します。どのようなフォーマットでリリース文を書くのか、複数の事例を見ながら理解を深めます。適切な書き方を実践することにより何億円もの広告をかけたのと同じくらいの告知効果が期待できます。無駄な広告費を削減して、プレスリリースを見たサイトからの流入と、SEO効果を出すことによるオーガニック検索経由での新規客獲得を目指しましょう。

プレスリリースのネタ探し・出し方・リリース文の書き方(2)

【288】 コンテンツのプロモーション(22)プレスリリース(4)

今回の動画では実際にSEO効果のあるプレスリリースの出し方を解説します。1つ目のポイントは自分で直接マスメディアにプレスリリースを出すのではなく、代行会社に依頼したほうがメディアに載りやすくなるという点です。どこのプレスリリース配信代行会社が最も効果があるのか、プレスリリース配信代行会社の依頼料金を節約する方法、実際の配信手続き代行画面での情報入力方法など実務を詳しく解説します。

プレスリリースのネタ探し・出し方・リリース文の書き方(1)

【287】 コンテンツのプロモーション(21)プレスリリース(3)

プレスリリースを出すことに慣れるまでは、ネタ探しは難しく感じられます。しかし、いろいろと調べてみるとどんな企業にも実は様々なネタがあります。中小企業のプレスリリースの成功事例を複数見ながらネタの探し方を解説します。そしてそれらがどのようなSEO効果を出したのかをツールを使って検証します。

プレスリリースにはどんなSEOの効果があるのか?

【286】 コンテンツのプロモーション(20)プレスリリース(2)

プレスリリースがどんなにSEOの成功に役立つのか?その実例を解説します。プレスリリースを出した後に、一時的な効果、二次的な効果、そして三次的な効果がどのような流れで出てくるのか、Googleアナリティクス、サーチコンソール等のツールを使い検証します。この動画を見れば自社サイトに対してどのようなプレスリリースを出せば効果を最大化出来るのかが見えてきます。

プレスリリースの重要性

【285】 コンテンツのプロモーション(19)プレスリリース(1)

企業の広報活動、Webでの成功、つまりコンテンツマーケティングを成功させる為に役立つものとしてプレスリリースがあります。今回はプレスリリースの重要性について解説します。通常プレスリリースを出すと、色々なメディアのサイトが自社商品の情報や自社サイトへのリンクを載せてくれます。 朝日新聞デジタルや、産経ビズ、時事ドットコムなど一度は聞いたことがあるようなメディアに自社商品の情報や自社サイトへのリンクが転載されてゆきます。しかしプレスリリースの本当の効果、特にSEOにおける効果はもっと他にあるのです。

ユーザーからのフィードバックを活用してSEOに役立てる方法

【284】 コンテンツのプロモーション(18)広報活動(3)

今回は、コンテンツのプロモーション方法の1つとして「双方向コミュニケーション」というものを紹介します。 双方向コミュニケーションの例としてはFacebookのいいね!ボタンの数、ツイート数、YouTube動画のサムアップ・サムダウンというものがあります。こうしたSNSを通じたフィードバックの他に、自社サイトにフィードバック機能を取り付ける方法があります。そしてそれらがどのようにSEOに貢献するのかを解説します。

関係性の構築がPR力を高める

【283】 コンテンツのプロモーション(17)広報活動(2)

前回に続き、今回の動画ではコンテンツをより多くの人に見てもらうための広報活動の本質について引き続き解説します。電話一本、メール一本で影響力のある人達が自社のコンテンツを非常に多くの人達に無料で紹介してくれる方法を解説します。さらに今回は、オフラインの活用の重要性を解説し、そのやり方を覚えて効果的な広報活動をするにはどうすればよいのかを詳しく提案します。

自社独自のネットワークを作る極意とは?

【282】 コンテンツのプロモーション(16)広報活動(1)

前回に続いて、今回も大人の企業が行う正当な被リンク獲得対策を解説します。今回のテーマは広報活動です。Digital Summit in LAの講師、アーニー・グエン氏によると今日コンテンツマーケティングを成功させる上で効果的な企業の広報活動とは、(1)自社独自のネットワークを作るということ(2)関係性を構築するということ(3)双方向コミニケションをすること(4)プレスリリース配信 という4つだということです。講義を受講した鈴木将司が自社独自のネットワークを作る方法から詳しく解説します。

誰も知らない極秘の被リンク獲得方法があった!

【281】 コンテンツのプロモーション(15)ローカルサイトへの協賛、広告

地域のローカルイベントの協賛企業になると良質なサイトからリンクを張ってくれるようになります。しかも、Googleはこのリンク対策を一切否定していません。Googleが否定しているのは、SEO業者にお金を払ってSEO業者が運営しているサイトからリンクしてもらうことです。これはリンクというのを一つの商品のように売っているのは止めてくれといっていることです。今回はこの安全なリンク対策である地域のローカルイベントの協賛企業になる具体的な方法を解説します。

関係している企業、ローカルパートナーからのリンクの集め方

【280】 コンテンツのプロモーション(14)企業ネットワークを使ったリンク対策(2)

ローカルパートナーのサイトからリンクを張ってもらうというのは検索で上位表示しているサイトが実践している非常に有効な方法です。前回の動画に引き続き企業ネットワークを使ったリンク対策を解説します。このリンク対策の仕方を覚えれば、将来的にとてつもなく上位表示に効果のある希少性の高いリンクを集めることが可能になります。様々な事例を用いて講師の鈴木将司がテクニックだけでなく、普段からの心構えを解説します。

関係している企業、ローカルパートナーからのリンクとは?

【279】 コンテンツのプロモーション(13)企業ネットワークを使ったリンク対策(1)

Googleが高く評価してくれるリンク。それは実際にリンクをクリックして移動するリンクです。それはどうすれば集めれるのか?今回はその決定的な方法をご紹介します。それは自社に関係している企業、ローカルパートナーからリンクを張ってもらうというやり方です。これは検索で上位表示しているサイトが意識的、無意識的に実践している非常に有効な方法です。講師の鈴木将司がクライアント企業のライバルサイトを分析してわかった重要ポイントをレポートします。

良質なコンテンツを作ることにより集まる自然なリンクとは?

【278】 コンテンツのプロモーション(12)ブログからのリンク(6)

Googleが求めるのは、良質なコンテンツを作ることにより自然に他のサイトからのリンクを集めることです。実際にそのようなことが可能なのか?今回は、その良質なコンテンツを作ることにより集まる自然なリンクの実例を複数のサイトの被リンク元を分析することで追跡します。そして、具体的に何をどのようにすればそうしたGoogleに高く評価されるリンク対策を実施出来るのかを解説します。

プライベートブログネットワークとは?

【277】 コンテンツのプロモーション(11)ブログからのリンク(5)

Googleの技術が進化するにつれて今日ではブラックなSEOは通用しなくなってきました。しかし、SEOのグレーゾーンなテクニックとしてPBN(プライベートブログネットワーク)というものがあります。このやり方は外部サイトからのリンクを集めづらい業界、どうしても人にリンクしてもらいたいけどリンクをしてもらえないという業界の人達が実践している被リンク獲得テクニックです。今回の動画ではプライベートブログネットワークとは何かを解説します。

業界ニュースの解説

【276】 コンテンツのプロモーション(10)ブログからのリンク(4)

ヒットするブログ記事を書くためのもう1つのネタは「業界ニュースの解説」です。法律の改正。消費税が上がるだとか、建築法が改正される等どの業界でも新しい動きというのがあるはずです。つい最近2018年5月17日にも重要なニュースがありました。それは医療業界の規制が厳しくなるというニュースです。今回の動画では、この医療業界の規制が厳しくなるというニュースをブログで記事化して、それがどれほどヒットしたのかをアクセス解析ログを見ながら検証します。

調査結果の発表と調査結果の感想

【275】 コンテンツのプロモーション(9)ブログからのリンク(3)

ブログに書くネタとしてアクセスが増えやすく、色々な人から自然なリンクを張ってもらえそうなブログの記事のネタはないのか?あります。その1つが調査結果の発表記事というネタです。調査結果には色々なパターンがありますが、よくあるのが大手企業抱えるユーザーへのアンケート調査です。クレジットカード会社や、たくさんのユーザーがいる無料アプリ提供企業などが独自にアンケート調査をしてその結果をブログで発表するというものです。こうした独自性が高い一次情報の作り方、それを使った被リンク獲得の方法を解説します。

ドメイン内ブログの運用方法

【274】 コンテンツのプロモーション(8)ブログからのリンク(2)

ブログを使ってSEO効果を上げる方法の1つが、自社サイトにブログを設置するという方法です。しかし、やり方を間違えると上位表示するどころか、逆効果になり検索順位が下がる原因になります。今回の動画では、実際にブログを設置して更新すればするほど順位が下がってしまった事例、そしてその原因に気づきやり方を変えて無事上位表示に貢献するブログ運営を実現した会員さんのブログを紹介します。そこからSEO効果を上げるためのドメイン内ブログの正しい運用方法を導き出します。

無料ブログと独自ドメインブログの違い

【273】 コンテンツのプロモーション(7)ブログからのリンク(1)

ブログからのリンク。どんなに素晴らしいコンテンツを作ったとしても、その存在を世の中の人達に知ってもらうにはコンテンツのプロモーションをする必要があります。今回はブログからのリンクを増やし、より多くの人達に自社サイトのコンテンツを知ってもらう方法を解説します。一概にブログからのリンクと言っても、ブログにはライブドアブログやアメブロのような無料で使える無料ブログと、独自ドメインを取得してワードプレスなどで開く独自ドメインブログの2種類があります。

Googleが不正リンクをどうやって見破るのか?

【272】 コンテンツのプロモーション(6)アンカーテキストの分散

Googleで上位表示するためにはどのようなサイトからリンクを張ってもらえば良いのか?Googleが着目する3つめの被リンクの質を評価するポイントはアンカーテキストの分散です。アンカーテキストとは何か、どのようなパターンが不正リンクと判断され、どうすればペナルティーを回避して、検索上位表示効果を得ることが出来るのか?講師の鈴木将司が著名なサイトのデータを専用ツール「マジェスティック」を使いながら、分析し、解説します。

関連性の高いサイトからのリンクをGoogleは高く評価する

【271】 コンテンツのプロモーション(5)関連性の高いサイトからのリンク

良質な被リンクの2つ目のパターンが、関連性の高いサイトからのリンクです。関連性の高いサイトからリンクを張ってもらうことが今日重要性を増ししています。弁護士事務所のサイトだったら、他の弁護士事務所からのサイトからや、法律関連のサイトからリンクを張ってもらうとGoogleで上位表示しやすくなります。今回の動画ではその理由と、Googleがどのような技術を用いて関連性の高いサイトであるかを判断しているのか、そして被リンク元解析会社のマジェスティックのデータを見ながら考えます。

リンクの信頼性を数値化するトラストフローの意味と活用方法

【270】 コンテンツのプロモーション(4)ライバルサイトのトラストフローを調べる

リンクの信頼性が高い低いというのはどのように決められるのか?リンクの信頼性をGoogleはどのように数値化しているのか?かつてGoogleはページランクという0から10までの11段階の評価基準を公表していましたが、今は公表されていません。 現在、私達サイト管理者が知ることができるサイトの信頼性を示す数値は英国のマジェスティック社が発表しているトラストフローという数字です。SEOスコープを使いながらトラストフローの見方を解説します。トラストフローがわかればGoogle上位表示に効果のあるリンクの集め方が見えてきます。

今のSEOではどの程度リンク対策が重要なのか?

【269】 コンテンツのプロモーション(3)最高の被リンクとは?

「今のSEOはコンテンツが重要だ・・・、ユーザーエンゲージメントも重要だ・・・」ということが言われますが、その中で多くのSEO実践者が疑問に思うのは「最近リンク対策はどの程度重要なのか?」という疑問です。2012年ぐらいまではSEOといえばリンク対策だったのでこれは当然のことでしょう。このビデオでは今のSEOではどの程度リンク対策は重要なのかを最新の検索順位決定要因のデータを見ながら解説します。そして参照元ドメイン数、被リンク数、参照元IPアドレス数、rel=nofollow属性無しの被リンク数などの意味を解説しながら今Googleに求められる最高の被リンクとは何かを探ります。

効果的なネット広告の出し方

【268】 コンテンツのプロモーション(2)無料コンテンツを広告に出す

集客効果のあるネット広告を選ぶ上で重要なのがネット広告を出すことによって成約率がどのくらい上がるかを知ることです。今回の動画ではどうすればネット広告の反応率を上昇させることが出来るのか、その抜本的な対策を考えます。実際にネット広告で成功を収めている企業がどのようなネット広告の出し方をしているのか、検索結果画面の見ながら検証します。そしてネット広告とSEOのバランスのとり方についても考えます。

ネット広告にはどんな種類があるのか?

【267】 コンテンツのプロモーション(1)無料コンテンツを広告に出す

作ったコンテンツをどのようにプロモーションしてより多くの人達に配布するか、目に触れるようにするかというプロモーションについて解説します。いくら良いコンテンツを作ったとしても、それだけでは多くの人の目に触れることはこんなんです。作ったをより多くの人に知らしめる為にはSEOだけでは困難です。他にも色々なコミュニケーション手段を使って多くの人の目に触れるようにしないと、コンテンツマーケティングは成功しません。今回はその1つの手段であるリスティング広告を検証します。

AMPでモバイルサイトを作る重大なデメリットとは?

【266】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(12)モバイルサイトのAMP対応(2)

モバイルサイトを軽くする魔法のようなAMP技術。しかし、この一見素晴らしい技術には非常に重大なデメリットがあります。海外のニュースサイトではAMPが広がれば広がるほどGoogleの独占が進むという懸念を表明しています。この動画ではこれらのデメリットを1つ1つ検証します。そしてどのような業種のサイトがAMP技術を使うべきか、実際にGoogleの検索結果を見ながら詳しく検証します。

サイトのダウンロード速度を高速化するAMPとは?

【265】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(11)モバイルサイトのAMP対応(1)

最近AMPという技術を使って自社のモバイルサイトを作ったほうが良いかどうかというご質問をよくいただきます。AMPというのはアンプとも呼ばれるもので、数年前にGoogle、Twitter、Facebookなどのモバイルインターネットの世界で人気のあるメディアを持っている企業が連合を組んで、モバイルユーザーがWebサイトを即時ダウンロード出来るようにして快適な体験が出来るように作り上げた新しいWebサイト構築の技術のことです。今回は実際にどのような企業のサイトがAMPを使ったモバイルサイトを運営しているかを検証します。

YouTubeに依存しない最新動画マーケティング

【264】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(10)動画のSEO(2)動画をサイトに貼り付けてGoogleで上位表示する方法

前回のニュースではYouTubeに動画をアップしてGoogleに上位表示する方法を解説しましたが、今回は(1)YouTube動画を自社サイトに貼り付けることにより、自社サイトの検索順位を上げる方法(2)Facebook等のSNSに動画をアップして自社サイトのアクセスを増やす方法を解説します。Googleの検索順位決定要因の調査結果によると動画を貼り付けているサイトのほうがそうでないサイト比べてGoogleで上位表示しやすいことがわかりました。その理由から解説します。

動画そのものをGoogleの検索結果に上位表示するためにすべき重要ポイント

【263】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(9)動画のSEO(1)動画をGoogleで上位表示させる方法

動画のSEOには2つの意味があります。今回は動画ではその1つ目の意味である「動画そのものをGoogleで上位表示する」という集客方法について解説します。講師の鈴木将司が実際にいくつかのテーマの動画をYouTubeにアップしてどのようなことをしてGoogleの検索結果上位に表示させることが出来たのか具体例を紹介します。重要なポイントである動画の長さ、タイトルの書き方、紹介文などの書き方も詳しく解説します。

見た目が重要な商材を販売しているなら「画像SEO」が集客に効果的

【262】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(8)画像のSEO

画像ファイルそのものをGoogle検索で上位表示させて、そこから検索ユーザーに自分のサイトに来てもらうという画像のコンテンツマーケティングについて解説します。このことを実現する技術が「画像SEO」です。買い物をする時にGoogleで検索するユーザーの中にはより早く探しているものを見つけるためにGoogle画像検索を使う賢いユーザーがいます。ファッションや、グルメ、旅行、住宅関連等、見た目が重要な商材を販売している企業は必見のテクニックを事例を見せながら解説します。

Page Speed Insightsでハイスコアを取るためにロスレス圧縮ソフトを使おう!

【261】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(7)画像の軽量化方法

前回に引き続きダウンロード速度の高速化策について解説します。今回はGoogleが無料で提供しているPage Speed Insightsの使い方から解説をします。Page Speed Insightsは、ページ毎にダウンロード速度が快適かどうかを点数化するソフトです。 このソフトの点数は何点まで取ればモバイルファーストインデックス対応に十分なのかを実際のサイトを用いて解説します。そして点数を改善するために最も効果のある重い画像を画像の劣化無しで軽くするお役立ちソフトの使い方を学べます。

ダウンロード速度が遅いサイトは検索順位が落ちる!

【260】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(6)ダウンロード速度高速化の重要性

画像のモバイル最適化はモバイルファーストインデックスが導入されると益々重要になります。しかもGoogleは2018年1月18日に公式ブログで「ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します」という発表をしました。もはやダウンロード速度の向上はSEOの重要ポイントになりました。この動画では、ダウンロード速度が数秒遅れるとどのくらいSEOにマイナスになるのか、離脱率が増えるのかを示す調査結果を見ながら、どうすればダウンロード速度を速度を高速化出来るのか、その具体策を解説します。

SEOに効く!メタディスクリプションの書き方

【259】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(5)メタディスクリプション(2)

今回は前回の動画に続いて、メタディスクリプションの最適化の続き、発展編・応用編です。問題はメタディスクリプションに何を書けばSEOに効果が出るかです。そこにはどんな文章を書いて、目標キーワードは何回含めれば良いのか?サイト内にある全てのページに同じメタディスクリプションを記述してよいのか?あるいは、ページ毎にメタディスクリプションは書き換えなくてならないのか?Googleはそもそもメタディスクリプションを記述することを推奨しているのか?そしてサーチコンソールを使った効果的なメタディスクリプションの管理について解説します。

メタディスクリプションの文字数が240文字前後まで検索結果に表示されるようになった!どうすれば良いのか?

【258】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(4)メタディスクリプション(1)

メタディスクリプション( meta description )というのは、Webページの紹介文を記述するメタタグです。メタディスクリプションに書かれた紹介文と検索ユーザーのキーワードに関連性があるとGoogleが判断した時に、メタディスクリプションに書かれた紹介文がほぼそのままGoogleの検索結果に表示されます。そこに表示されることが魅力的であるかどうかが検索ユーザーのクリック率を左右します。これまでメタディスクリプションには従来120文字程度まで適切な紹介文を書いておけばOKでした。しかしGoogleがその表示文字数を大幅に変更しました。この動画ではその対応策について事例を用いて詳しく解説します。

H1タグを使ってSEO効果を最大化する方法

【257】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(3)H1タグの効果的な使い方

ページ内要素の最適化に不可欠なH1の使い方について解説します。H 1タグというのは heading 1の略で、「大見出し」を意味します。Googleで上位表示するにはH1タグの正しい使い方を知る必要があります。多くの人がH1タグの使い方を間違えています。今回はこのH1タグを効果的に使って成果を上げている事例、H1タグは全ページ同じフレーズに使っても危険ではないのか等正しい使い方を解説します。

静的なURLと動的なURLの違いは?全ページをSSL化(暗号化)しなくてはならない!

【256】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(2)URLにキーワードを(2)

前回に続いてSEOに有利なURLの決め方、使い方を解説します。URLの変更、自動転送の仕方を講師の実際のサイトで実施した事例を紹介します。そしてURLについての重要な注意点を2点説明します。1つは静的なURLと動的なURLの違いは何か、どちらが有利なのか?2つ目は全ページのURLを暗号化してhttpsにする必要性についてです。Googleが最近発表した2018年7月からはクロームブラウザで警告表示について詳しく解説します。

URLの決め方1つで上位表示しやすくなる!

【255】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(1)URLにキーワードを(1)

コンテンツマーケティングの第4ステップは「最適化」、つまり「SEO」そのものです。今効果のある最新の内部対策テクニックの1つはURL(Webページのアドレス)の最適化です。URLはドメイン名、ディレクトリ名、ファイル名で構成されています。これらの要素をどのように調整するとGoogle上位表示に有利になるかを解説します。さらに、現在のURLを変更したい時に忘れてはならない自動転送の正しいやり方も解説します。

来店型ビジネス、実店舗ビジネスはGoogleマップを使え!

【254】 コンテンツ制作(37)モバイル版セールスページの作り方(12)

来店型ビジネスの場合は、サイト上で即申し込むというのではなくて、実店舗への来店を促すことがコンバージョンにつなげることになります。本当は、お店にいきなり来て欲しくても全ての見込み客がすぐに来てくれるほど甘いものではありません。そういう来店型ビジネスのサイトではどんなことをするべきか?それはGoogleマップを自社サイトに貼り付けるというのが流行し、定番化しています。複数の事例を見ながら適切なGoogleマップの活用法を探ります。

ユーザーの負担を減らすEFOとLINEお友達登録の活用

【253】 コンテンツ制作(36)モバイル版セールスページの作り方(11)

モバイル版サイトのユーザーが、自分の情報を入れるフォームの作り方について解説します。お申込みフォームとか、お問い合わせフォーム・見積依頼フォームと呼ばれるものです。フォームの最適化、つまりユーザーが記入する確率を高める工夫をEFO Entry Form Optimization(エントリー フォーム オプティマイゼーション:メールフォーム最適化)と呼びます。さらに2つ目のテクニックとしてLINEお友達登録を活用して成約率を高める方法を解説します。

押しの一言・適切なCTAが成約率を押し上げる!

【252】 コンテンツ制作(35)モバイル版セールスページの作り方(10)

今回のモバイル版セールスページの重要ポイントの1つ目は「最後の押しの一言」です。縦長のモバイル版ページにはたくさんの情報要素が詰め込まれていますが、情報要素が多ければ多いほど売り手側の気持ちが伝わらなかったり、売り手側の誠意が伝わりにくくなります。2つ目の重要ポイントはCall to Action(コールトューアクション)、CTAという情報要素です。昔のWebサイトにあるお申込みフォームの一番下には「送信」ボタンがありました。単に「送信」と書くのではなく、ユーザーが起こすアクションをなるべく分かりやすい言葉で表現するのがCTAという概念です。

成功までの流れ・まとめで記憶を強化

【251】 コンテンツ制作(34)モバイル版セールスページの作り方(9)

今回解説する1つ目のポイントは「成功までの流れ」についてです。この情報を載せることによって成約率が上がるということが各種調査によって明らかになりました。2つ目のポイントは「まとめ」をモバイルページの下の方に載せるということです。モバイル版サイトの場合は特に画面の幅が狭いので、色々なことを全部書こうとするランディングページが、どうしても長くなってしまいます。そうすると、ランディングページを読んでいる人は、上から下へスクロールしながら読んでいくうちにページの前半で見たことや読んだことを忘れる恐れが生じます。これを防止するのにはどうしたら良いのかを実際のモバイルサイトの例を見ながら解説します。

易しさ・結果を見せて成約率を上げる!

【250】 コンテンツ制作(33)モバイル版セールスページの作り方(8)

易しさの意味は「簡単に出来る」という意味です。簡単に出来るということを示すことにより成約率を上げる方法を解説します。2つ目のポイントは、商品やサービスを購入することにより結果が出るということを色々な形で示す方法です。このビデオではペットフードを売る時、治療院の患者を集める時など複数の業界の事例を探ります。美容健康の業界では特に薬機法(旧薬事法)の問題を避ける必要があります。そしてどのような業界でも不正競争防止法などの規制があります。これらの規制をクリアしながら成約率を上げる方法を考えます。

ユーザーが望むのは保証とスピードだ!

【249】 コンテンツ制作(32)モバイル版セールスページの作り方(7)

誰でも知らないお店、知らない会社のサイトで申込みをしようとする時には不安感を抱きます。その不安感を払拭するには成果が上がらなかったら返金する、あるいは成功するまではお手伝いしますというような保証をつけることが効果的です。このビデオの前半ではこの保証についての複数の事例を見ていきます。そして後半はユーザーが求めるもう一つの要素であるスピードについてです。現代人は費用と時間、つまりスピードを天秤にかけて購入するかどうかを判断します。購入の判断を後押しするにはどうした良いのかを解説します。

推薦の声・受賞歴・実績をモバイル版サイトに載せる方法とSEO上の注意点

【248】 コンテンツ制作(31)モバイル版セールスページの作り方(6)

モバイル版サイトの信用を高めて成約率アップになる為の情報アイテム「推薦の声・受賞歴・実績」の掲載方法を解説します。 最初に、弁護士事務所、税理士事務所等の士業サイト、整体・整骨院等の健康関連サイトでよく見かける推薦の声の集め方、見せ方を、その後は、上位表示にマイナスにならないような適切な受賞歴・実績の掲載方法を複数のモバイルサイトの事例をお見せしながら詳しく解説します。

証言と成功事例の成約率アップ効果

【247】 コンテンツ制作(30)モバイル版セールスページの作り方(5)

モバイル版サイトの成約率を上げるにはスマートフォンの小さな画面に成約率を高める情報アイテムを掲載することです。情報アイテムの中でも成約率に響くものが証言と成功事例です。証言というには、米国では「テスティモニアル」と言われるもので、裁判では証人による証言の事です。ビジネスの世界では顧客が実体験に基づいた感想を意味します。そしてもう一つの成功事例は正しく掲載すると成約率を上げるだけではなくGoogle上位表示に貢献します。今回のビデオではこれら2つの重要情報アイテムの効果的な活用方法と事例を紹介します。

セールスページの画像はどのように見せたら良いのか?

【246】 コンテンツ制作(29)モバイル版セールスページの作り方(4)

前回までは、文章構造、提示する情報の順番などを解説してきましたが、今回は画像について考えます。モバイルサイトだから画像は少ないほうが良いのか?世の中で人気のあるインスタグラム、メルカリなど等のWebサービス、特にモバイル向けサービスはむしろ画像ばかりのページです。しかし上位表示をするにはテキストも増やさなくてはなりません。そうした制約がある中、画像をどのように処理したら良いのかを事例を見ながら詳しく解説します。

顧客目線でのメリットの書き方、モバイルサイトの文字の処理方法は?

【245】 コンテンツ制作(28)モバイル版セールスページの作り方(3)

前回までは購買イメージが湧くビジュアルと、とっておきのキャッチフレーズ、対象の明確化を紹介してきました。今回は、顧客目線でのメリットの箇条書きの重要性とその作り方を解説します。単なる商品の機能やサービスの特長をいくら書き並べても成約率は決して上がりません。誰でも簡単に顧客目線のメリットを書く方法を提案します。その他、セールスページ本文の主語は誰にしなくてはならないのか、モバイル版サイトでは横何文字まで書けるのか、フォントの使い方、色などディテールについて解説します。

見込み客の心を掴むキャッチフレーズの書き方

【244】 コンテンツ制作(27)モバイル版セールスページの作り方(2)

前回に続いて成約率の高いモバイル版セールスページの作るために、プロセス型イメージ画像と結果型イメージ画像の使い分けを解説。その他見込み客の心を掴むキャッチフレーズの良い例を紹介します。そして成約率をさらに上げるために「対象の明確化」、つまり「こんな方へ・・・」という項目の効果とその書き方の解説、何故大手企業のサイトは参考にならないのか等、成約率の高いセールスページの作り方をさらに追求します。

成約率の高いモバイル版セールスページの作り方

【243】 コンテンツ制作(26)モバイル版セールスページの作り方(1)

モバイルサイトの成約率を上げる第一歩は、ページの一番上に購買イメージが湧くようなビジュアルを載せて、そこに見込み客響く、キャッチフレーズ、買いたくなるようなキャッチフレーズを書くことです。プロセス型イメージ画像と結果型イメージ画像はどちらがどのような業種で効果があるのか?キャッチフレーズはどう書くのか?モバイルサイトの成約率を上げるためのコツを英会話業界、家事代行業界、求人業界などのサイトを例に詳しく解説します。

商品比較を効果的に実施すればサイトの成約率が上がる!

【242】 コンテンツ制作(25)商品紹介ページの作り込み(5)

検索順位を上げるため、成約率を上げるためにどのような情報要素をセールスページに追加すれば良いのか?海外SEOカンファレンスで学んだことを紹介します。商品の比較をセールスページ内でする意味、あからさまな商品比較をしにくい日本ではどのように実施出来るのか、有名サイトを実例に解説します。比較の仕方だけではなく、比較すベき項目の選び方等実務レベルに落とし込み詳しく解説します。

説得力を高めるライティングと動画の効果的な掲載方法

【241】 コンテンツ制作(24)商品紹介ページの作り込み(4)

これまでセールスページのメタディスクリプション、タイトルタグ、ALT等技術的な解説をしてきましたが、今回はそのセールスコンテンツを見たユーザーがどう感じるか、信頼してくれるかどうかということを考えて作り込む方法を解説します。統計、数値をWebページ上に出すことによりただ単に自分の主張を述べる主観的なコンテンツではなく、事実に基づいた客観的なコンテンツに高める方法を解説します。その他動画の正しい掲載方法についても提案します。

セールスページの本文を最適化するには?

【240】 コンテンツ制作(23)商品紹介ページの作り込み(3)

前回に続いてセールスページの作り込み方法を解説します。文中にキーワードを何回書くのか、画像のALTはどうすれば良いのか、Webフォントの有効性と使い方、モバイル環境で見た時はどうなのか、Google上位表示のためにサイト内部にどのようにキーワードを書き込んでいくのかを講師の鈴木が1か月ほど前にリニューアルした実際のWebページを見せながら初心者にも分かりやすく詳しく解説します。

セールスページの作り込み実例

【239】 コンテンツ制作(22)商品紹介ページの作り込み(2)

今回はいよいよセールスページの作り込みを具体的に紹介します。講師の鈴木が1か月ほど前にリニューアルした実際のWebページのどこをどのような意図で作り込んだかを解説します。 無料お役立ちコンテンツのWebページだけではなく、セールスページにもタイトルとメタディスクリプション、本文を最適化しなくてはなりません。セールスページにどのような内部施策をすべきか、現実的な対策を述べます。

無料コンテンツページから売上に直結する商品ページへの導線構築

【238】 コンテンツ制作(21)商品紹介ページの作り込み(1)

これまでコンテンツマーケティングをする上で、どうすれば見込み客を集客できるか、つまり無料コンテンツの作り方をずっとご提案してきました。今回からは無料コンテンツで集客した人たちをどのようにすれば本当の顧客、つまりお金を使ってくれる顧客に転換出来るか、その流れと具体的な方法「商品紹介ページの作り込み」を解説します。

文字だけ増やしてもブログは何の役にも立たない

【237】 コンテンツ制作(20)ブログ(3)

今回は、人気ブログの作り方の最終回。ビジュアルでの差別化、オリジナル画像の重要性というビジュアルコンテンツマーケティングの意味。質の高いブログ記事の書き方、現代のWebにおけるブログの位置づけ、ページ上での効果的なプレゼンテーションの方法等、実際にブログ記事を書く時に役立つ人気ブログの作り方を詳しく解説します。

人気ブログを作る方法

【236】 コンテンツ制作(19)ブログ(2)

人気ブログを作るコツは、「ブログは語るのではなく、見せるようにする」という考え方です。リンクを張りたくなるような記事をアップすることが重要。リンクを張りたくなるようなページには:1.気づき、2.学び、3.娯楽、癒やし、そして 4.感動のいずれかが必要です。ブログ記事内では売り込みは厳禁・・・等、人気記事を書くためのコツを解説者の鈴木将司が複数の事例を見せながら詳しく解説します。

ブログはコンテンツマーケティングの主役

【235】 コンテンツ制作(18)ブログ(1)

今回はコンテンツ制作のネタの最後のパートです。テーマは「ブログ」です。今の時代、何といてもブログが企業サイトのコンテンツマーケティングの主役です。通常のウェブページを作ろうとしても時間や費用がたくさんかかることがありますが、ブログなら、思い立った時に社内の誰かがブログの管理画面にログインして記事をサクサクと書いてボタンをおすすだけで記事ページをサイトにアップできます。このビデオではどうすれば企業サイト内にブログを設置して集客に役立てるのかというのを、具体的に解説します。

超ユニークな動画を作って集客する方法

【234】 コンテンツ制作(17)変わった動画(ビハインドザシーン、製品デモ、娯楽)

今回のコンテンツ制作の提案は「変わった動画を撮ろう」というものです。企業が撮る動画というのは、マンネリになりがちです。単なる製品の紹介とか、製品を作った人の取材動画とか、企業のCM動画等が星の数ほどあります。しかしそんなありきたりの動画では口コミが起きたり色々な人に視聴者がシェアをするという情報の拡散は見込めません。この壁を打破するネタを解説者の鈴木将司が実際の動画をたくさん見せながら解説します。

専門家へのインタビューという無限に増やせるコンテンツ

【233】 コンテンツ制作(16)専門家へのインタビュー

今回のテーマは特定の分野の専門家へのインタビューです。専門家へのインタビューというのは、人気コンテンツになることがあります。人気コンテンツを作りたいと思うのですが、一つの限界が自分の事とか、自分の商品の事とか、自分の会社の事だけを書いていると、コンテンツのネタにいきづまることがあります。しかし、専門家へのインタビューというコンテンツはインタビュー先を無限に増やすことが出来るので特定の分野の役立つ方法を効率的効果的に増やすことが可能です。

リソースページを作って見込み客を集客する方法

【232】 コンテンツ制作(15)リソースページ

今回のコンテンツマーケティングのネタは、リソースページです。リソースとは「資料」という意味です。何かを始めようとしたときに基礎的な知識を無料で得られる資料を、昔のように書店に出向いて本を買いに行くのではなく、Googleで探そいうという人が増えています。その時に自社サイトに予めアップしているリソースページがGoogle検索にかかればたくさんの見込み客を集客することが可能になります。

ユーザーに支持されるレビューの集め方、比較サイトの作り方

【231】 コンテンツ制作(14)比較とレビュー

比較とレビューというコンテンツマーケティングのネタを解説します。世間を探せている偽のレビュー、ステルスマーケティングでは長期的な成功は望めません。偽のレビューと本物のレビューの違い、ユーザーが納得するレビューの集め方を解説します。他にも、比較サイトとは何か、どういう比較サイトがユーザーの支持を得ることが出来るのかを解説者の鈴木将司が国内の実例を複数見せながら詳しく解説します。

コンテストを開催すると生じるSEO上のメリット

【230】 コンテンツ制作(13)コンテスト

数あるコンテンツマーケティングのネタの中でもアクセスを増やしやすいものの1つに「コンテスト」というコンテンツがあります。コンテストをサイト上で開催することにより、SEO上多くのメリットが生まれます。解説者の鈴木将司が国内でのコンテストの運用事例を紹介して、自社独自のコンテストの発想方法、コンテストの告知方法などコンテスト開催の全体の流れを解説します。

画像で読者を魅了するインフォグラフィックとビジュアルエイド

【229】 コンテンツ制作(12)インフォグラフィックとビジュアルエイド

ビジュアルエイドというものはコンテンツマーケティングを実施する上で重要な概念です。コンテンツというと直感的にWebページ内のテキスト、つまり文字だけと思いがちですが、ユーザーとしてはWebページを見たときに文字しか書いていないと興味がわきにくいものです。そこで重要なのが読者の興味を引いて理解度を増加させるビジュアルエイドです。そしてもう一つの効果的なコンテンツのネタとして「インフォグラフィック」とは何か、具体例を紹介します。

企業サイトの人気コンテンツ「ケーススタディー」とは?

【228】 コンテンツ制作(11)事例紹介(ケーススタディ)

今回のコンテンツマーケティングのコンテンツのネタは、「ケーススタディ」というものです。日本語に直訳すると事例紹介というコンテンツです。企業サイトの中でどんなページが人気あるのかを長年研究していると人気のあるページは1.トップページ、2.ブログ、3.事例紹介(ケーススタディー)、4.会社案内 であることがわかります。何故ケーススタディーは人気があるのかを考え、実際に成果を上げている全日本SEO協会会員企業のサイトと大手企業のサイトを紹介します。

メールマガジンのバックナンバーの活用方法

【227】 コンテンツ制作(10)メールマガジンのページ化

メールマガジンを配信するだけではなく、そのバックナンバーページを作ることが自社サイトのSEOを強化します。このビデオでは、自社サイトのコンテンツを充実させてSEO的に強いサイトにするための方法と、成果を上げている実際のメールマガジンのバックナンバーページをアクセス解析ログという成果がわかるデータを見ながら解説します。このビデオを見ればただ単にバックナンバーページをサイトにアップするのではなく、SEO効果を出すためのアップの仕方が学べます。

嫌われるメールマガジン、好かれるメールマガジンの分かれ道とは?

【226】 コンテンツ制作(9)メールマガジンの発展形態

メールマガジンでコンテンツを配信して成約率を上げるための具体例を楽天、ソニー、アマゾン、ディノスなど国内でおなじみの企業の例を用いて解説者の鈴木将司が解説します。この動画を見れば今のネットユーザーに受け入れられやすいメールマガジンの配信方法が見えてくれるはずです。その他今話題のMA(Marketing Automation)とは何か、その活用例を解説します。

メールマガジンの効果は無くなったのか?

【225】 コンテンツ制作(8)メールマガジンの重要性

総務省が発表した「平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によると「メールを読む・書く」時間は大きく減少して「ソーシャルメディアを見る・書く」及び「オンラインゲーム・ソーシャルゲームをする」が増加傾向にあることがわかりました。一見この統計を見るとメールマガジンはもはや集客の役に立たないメディアだと感じるかもしれませんが、それでもメールマガジン読者を確保出来ている企業の売上は成長しています。問題は「読んでもらえるメールマガジンを配信する」ことが出来るかどうかです。この動画ではズバリその革新的な部分を追求します。

オンラインクイズという究極の人気コンテンツを作ろう!

【224】 コンテンツ制作(7)オンラインクイズ

クイズというと通常テレビ番組などでよく見かけるコンテンツです。テレビにはバラエティー番組とか、ドキュメント、ドラマ等いろいろありますが、いつの時代も人気のジャンルの1つがクイズです。これをインターネット上で実現出来ればかなり集客力の高いコンテンツマーケティングを仕掛けることが可能になります。すでにこの情報をいち早くキャッチした全日本SEO協会の会員企業がオンラインクイズでコンテンツマーケティングを初めて成果をあげつつあります。このビデオではオンラインクイズという究極の人気コンテンツの作り方と成功事例を紹介します。

コミュニティーフォーラムには良質なコンテンツと被リンクが自然に増えていく

【223】 コンテンツ制作(6)コミュニティーフォーラム

昔からウェブの世界では特定の事に関心のあるネットユーザーが集うコミュニティーを作ろうという機運があります。そうしたものを海外ではフォーラムと呼んでいます。このコンテンツの一番優れた点は、運営者側としてはコミュニティーというプラットフォーム、つまり仕組みを作るだけで自然とユーザーが集まり彼らがコンテンツを投稿し、ページが増えていくという点です。しかもそうしたコンテンツの蓄積が一定のレベルに達すると自然に良質な被リンクが増えてくるというメリットも生じます。解説者の鈴木将司が国内のコミュニティーフォーラム成功例の数々を紹介します。

ウェブキャスト・ウェビナーで見込み客を獲得する方法

【222】 コンテンツ制作(5)ウェブキャスト・ウェビナー

今回のコンテンツマーケティングのネタはウェビナー、ウェブキャストについてです。ウェブキャスト、ウェビナーというのは、ウェブとセミナーを組み合わせた造語で、インターネット上で行われるウェブカンファレンス。1方向だけの情報伝達のものがウェブキャストです。ウェビナーは、実施者と参加者の2方向で対話できるウェブカンファレンスのことをいいます。実際のウェブキャスト・ウェビナーの事例を見ながらその活用方法を探ります。

ホワイトペーパーというコンテンツ配布方法

【221】 コンテンツ制作(4)ホワイトペーパー

今回のビデオでは、コンテンツ制作のパターンの1つとして「ホワイトペーパー」について解説します。ホワイトペーパーとは直訳すると「白書」のことを言いますがコンテンツマーケティングにおいての意味は、サイト訪問者がWebページではなくて、PDFファイルなどにまとめたお役立ち情報をダウンロードすることにより取得出来るという、いわばプレゼントのようなものです。ヒューレーパッカード社など複数の事例を紹介します。

インタビューというコンテンツの作り方

【220】 コンテンツ制作(3)インタビュー

コンテンツマーケティングのプロセスの中のコンテンツ制作、実際にどんなコンテンツを制作したら良いのか分からなくなることがあります。そんな時におすすめのネタがあります。それは「インタビュー」です。インタビューとは、通常のWebコンテンツは作り手が自分たちのことを発表するという形がほとんどですが、作り手が誰か第三者に取材をして、そのやりとりをコンテンツ化して、Webページに掲載するというパターンです。このビデオではインタビューというコンテンツの作り方について成功事例を見せながら詳しく解説します。

電子書籍・キュレーション・ポッドキャストでコンテンツを配布するには?

【219】 コンテンツ制作(2)電子書籍・キュレーション・ポッドキャスト

Webサイトによるコンテンツ配布は年々競争が激しくなってきています。しかし少し視点を変えてみるとWebサイト以外にも様々なコンテンツマーケティングの実施方法が見つかります。アマゾンのKindle、楽天のKobo等の電子書籍販売プラットフォームを活用したコンテンツ配布の具体例を紹介します。その次はキュレーションという手法でコンテンツを制作する方法、最後はポッドキャストによるコンテンツ配布を紹介します。

コンテンツ制作のカレンダーとコンテンツ配布手段としてのブログ

【218】 コンテンツ制作(1)カレンダー作りとブログ

これまでコンテンツマーケティングの戦略立案、アイデア探しという2つのステップを解説してきました。今回からは3つ目のステップの「コンテンツのコンテンツ制作:Content Criation」について解説します。中長期的な計画を立てるにはコンテンツ制作のカレンダーが役立ちます。コンテンツ制作のカレンダーの具体的な方法を解説します。その他、コンテンツの提供方法としてのブログの活用方法を事例を見ながら学べます。

アイデアの記録と使えるアイデアの選び方

【217】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(7)アイデアの記録と選定基準

これまでコンテンツマーケティングのアイデア探しの方法を解説してきましたが。アイデアを出しっぱなしにするのではなく、それらをどう管理して、使い物になるようにするのかを知ることが必要です。いくつかのアイデアが出たらそれらの記録の方法と、使えるアイデアをセレクトする必要があります。このビデオではその方法を解説します。

顧客ニーズを知るためには質問サイトと過去メールの文面を読め!

【216】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(6)質問サイト・過去メール等

Googleキーワードプランナー、Googleキーワードサジェスト、Googleの検索結果ページに出て来る単語などを拾う、YouTubeのキーワードツールを使うとニーズの高いコンテンツを見つけることが可能です。今回の動画ではその他の有力な方法として教えてgoo、ヤフー知恵袋など質問サイトで調べる方法とこれまでサイトに設置したお問合せフォームから受信した見込み客からの過去のメールを読み返すという方法があります。解説者の鈴木将司がこれらの有益性と実施方法を様々な事例を用いて詳しく紹介します。

YouTubeキーワードサジェストの使い方

【215】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(5)新しいYouTube SEOテクニック

コンテンツマーケティングのアイデア探、3つ目は、検索結果ページを読んでそこから状況を掴む方法と、YouTubeキーワードサジェストについてです。 検索結果ページを読んでそこから状況を掴む方法というのは、まず自分が売りたいものを表すキーワードでGoogle検索するというシンプルな方法です。そこから取るべき対策が見えてきます。YouTubeキーワードサジェストという目標キーワードを探す便利なツールがあります。このツールを使うとどのような情報がYouTubeユーザーに求められているかを知ることが出来ます。

キーワードサジェストを使ったアイデア探し

【214】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(4)キーワードサジェスト

キーワードサジェストを使ったコンテンツマーケティングのアイデア探しを紹介します。キーワードサジェストというのはGoogleのキーワード入力欄にユーザーが何かキーワードを入力すると自動的に表示される複合キーワードのことです。これはそのユーザーがもしかして知りたい本当のキーワードではないかとGoogleのコンピューターが予測して提案するというものです。この重要データの取得方法、見方を詳しく解説します。

Googleキーワードプランナーを使ったアイデア探し

【213】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(3)Googleキーワードプランナー

今回のアイデア探しの手法はGoogleキーワードプランナーを使ったキーワード調査です。どんなキーワードがGoogleなどで検索されているか、その検索の需要から、みんなの知りたがっている情報を判断するというベーシックな手法を紹介します。Googleアドワーズサイトのログインから、キーワード探しの方法をステップバイステップで解説します。ダウンロードしたデータを並べ替える方法、データから実際に狙うべきキーワードの見つけ方などコンテンツマーケティング、SEOを成功させるための必須知識を詳しく解説します。

このネタでコンテンツを作れば成約率は上がる

【212】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(2)初心者が知りたがるポイント後編

~の意味、~とは、デメリットお金のこと、~の仕組み、(対局にあるもの)との違い・・・等が見込み客が知りたいコンテンツ。ズバリ、ニーズの高いコンテンツ例を解説します。Googleで上位表示しやすく、成約率を高めるコンテンツはどうやって作るのか?様々な業界、キーワードの事例を用いて解説者の鈴木将司がすぐに使えるテクニックを提案します。

購入に必要な情報を提供すれば成約率は上がる

【211】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(1)初心者が知りたがるポイント前編

コンテンツマーケティング成功8つのステップの2つ目は「アイディア探し:Ideation」です。アイデア探しで重要な点が、見込み客は購買に必要な情報を収集しようとしている事を知ること。サイト訪問者は何故自社サイトで買ってくれないのか?その1つの原因は、選び方が分からないからです。こうしたニーズを満たすためにはストレートに「〜の選び方」というコンテンツを作ることです。こうしたシンプルな発想法で検索ユーザーが探しているコンテンツを予測する方法を解説します。

効果測定の戦略

【210】 コンテンツマーケティング戦略立案(5)

コンテンツマーケティング戦略立案最後の重要ポイント効果測定の戦略について解説します。何をもって効果があったかを判断するのか?アクセス数が増えかなのか、ダウンロード数が増えたか、ユーザーエンゲージメントが増えたなのか?エンゲージメントというのは、ユーザーが持つそのサイトへの愛着のことを。ユーザーエンゲージメントはどのように数値化されるのか等、現代のサイト管理者が知るべき用語を分かりやすく解説します。

コンテンツを配布する手段と収益化の流れ

【209】 コンテンツマーケティング戦略立案(4)

自社サイト、RSSフィード、ソーシャルメディア、ニュースフィード、画像共有サイト、動画共有サイト、などコンテンツを配布する手段はたくさんあることを講師のアーニー・グエン氏が解説。さらに、コンテンツを無料で配布しながら実施するべきリターゲティング広告の出し方、国内での具体例を解説者の鈴木将司が紹介します。この動画を見ればコンテンツの無料配布から収益化するまでの流れが見えてきます。

誰がコンテンツを作るのか?

【208】 コンテンツマーケティング戦略立案(3)

誰がコンテンツを作るのか?コンテンツマーケティングをしたいのだけど、自分達は忙しいから他人に任せたいというのは駄目。ユーザーがコンテンツに求めるものは「プロにしか書けないコンテンツ」。時間がなければちょっとした工夫をするだけで高品質なコンテンツを大量に制作することが出来ます。①必要なスキルは?②社員でもできるか?等コンテンツ制作の体制について解説します。

コンテンツマーケティングを実施する5つの目的

【207】 コンテンツマーケティング戦略立案(2)

何のために今回コンテンツを作るのか?その目的を明確にすること。目的の1つは「リード獲得」(キッカケづくり)。「リード獲得」の具体例を解説します。2つ目の目的は「収益を増やす」。これを怠るとコンテンツマーケティングは単なる慈善活動になり企業の売上に何も貢献しなくなります。3つ目は「顧客維持」、4つ目は「業界内でのリーダーシップの獲得」そして最後が「新規市場の開拓」。目的を明確にしてコンテンツマーケティングをスタートさせることを講師のアーニー・グエン氏が力説します。

コンテンツマーケティングには戦略が必要

【206】 コンテンツマーケティング戦略立案(1)

コンテンツマーケティング成功8つのステップの概略を解説。8つのステップとは、戦略の立案:StrategyDevelopment、アイディア探し:Ideation、コンテンツ制作(Content Creation)、最適化:Optimization、プロモーション(Promotion) 、ディストリビューション(Distribution)、リード育成(Lead Nurture)、効果測定:Measurement。第一ステップの戦略立案から解説をスタートします。

コンテンツマーケティングの成果はいつ出るのか?

【205】 コンテンツマーケティングの現実

アーニー・グエン氏による「コンテンツマーケティング成功8つのステップ」の解説動画。見込み客を獲得するきっかけ作りのためにコンテンツを低価格又は無料で提供し、その後連絡を絶やさずメールや、ソーシャルメディアで情報を配信し、ユーザーが購買ニーズを感じた時に自社商品を購入してもらう一連の活動をコンテンツマーケティングと呼びます。コンテンツマーケティングとSEOの関連性、そして今何故コンテンツマーケティングが必要なのかを解説します。

コンテンツマーケティング成功8つのステップ

【204】 米国最新コンテンツマーケティング

ロスアンゼルスで開かれたデジタルサミットのワークショップ「コンテンツマーケティング成功8つのステップ」。コンテンツマーケティング成功のために、どんなことをすればいいのか、8つのステップを詳しく解説します。講師はこの分野で高い実績を持つアーニー・グエン氏。全米のトップシティーで開催されるデジタルサミットで人気の非常に説明の上手い講師がステップバイステップで即実践可能なコンテンツマーケティングの実施方法を徹底解説します。

ソーシャルメディアのターゲティング戦略

【203】 ソーシャルメディア活用戦略(2)

前回に引き続きVISAカードのグローバルイノベーションマーケティング・分析リーダーのジェシカ・ウイリアムズ氏によるソーシャルメディア活用成功事例の紹介です。富裕層の顧客を増やすには、リンクトイン(linkedin )やインフルエンサーの活用、イベント開催の効果等の成功企業のFacebookなどの実物を見せながら解説します。

VISAカードのソーシャルメディア活用成功事例

【202】 ソーシャルメディア活用戦略(1)

今回はデジタルマーケティングの大きな柱の一つであるソーシャルメディア活用、しかも普段なかなか聞かないような成功事例を報告します。プレゼンテーションはVISAカードのグローバルイノベーションマーケティング・分析リーダーのジェシカ・ウイリアムズ氏によるものです。戦略を持つことの重要性、綿密な計画、クリエイティブとTwitterやFacebookにどんな情報をアップするのか、結果に対する評価の必要性、ソーシャルのデータには調査対象の偏りがある等実務的なアドバイス多数。

Eメールマーケティングの費用対効果を最大化する5つのポイント

【201】 モバイルユーザーに向けた最新電子メールマーケティング(3)

今回のEメールマーケティングの講義はEメールマーケティングを専門にしているスコット・ヘイメス氏によるものです。 Eメールマーケティングの費用対効果を数値的に解説。費用対効果を最大化するには、デザイン、コンテンツ,コンテクスト化、グローバリゼーション、デリバビリティーの5つがポイント。その他、成約率を高めるコールツーアクション、タイポグラフィー、見出しや、色遣い、フォント、実験の重要性を力説します。

Eメールマーケティングを成功させるメールデザイン

【200】 モバイルユーザーに向けた最新電子メールマーケティング(2)

Web上のどのようなツールよりも、電子メールが一番成約率の高いツール。前回に引き続きIBMでEメールマーケティングを担当しているローレン・マクドナルド氏がスマートフォンユーザー向けの電子メールのデザインについて解説します。ホテルズドットコムジャパン(Hotels.com.japan)のHTML メール、シンプルなメッセージの伝え方、TwitterやFacebook等SNSとの連動方法、シークレットプライス、コールツーアクション(CTA)フリクションを取り除き方等数々の実務的な工夫を提案します。

デジタルマーケティングの要は「Eメールマーケティング」

【199】 モバイルユーザーに向けた最新電子メールマーケティング(1)

今回の内容はEメールマーケティングです。電子メールを使った集客活動についての解説です。今回開催されたデジタルサミットというのは、デジタルマーケティングを全て網羅するようなものですがデジタルマーケティングのプロセスでも特に重要なのがこのEメールマーケティングです。IBMでEメールマーケティングを担当しているローレン・マクドナルド氏が様々なEメールマーケティングの成功事例を用いて説得力の対策を提案します。

モバイル時代に必要な考え方

【198】 UXとは?その重要性と実践方法(3)

モバイルユーザーを魅了するにはパーソナリティが大事。ユニークなものではないとユーザーに選ばれない、記憶に残らない。。。enpahty(エンパシー)=共感の重要性、 ゲームのようなコンテンツの旅を提供する(カスタマイズジャーニー)、持続する現実的なコンテンツ作成のアプローチとは、等ユーザーエクスペリエンス・UXデザイナーのクリフ・シール氏が今後のモバイル時代に必要な考え方を提案します。

モバイル時代にはコンテンツ以前にWebデザインの質が求められる

【197】 UXとは?その重要性と実践方法(2)

前回に続き、ユーザーエクスペリエンス・UXデザイナーのクリフ・シール氏によるプレゼンを紹介。PCユーザーとMobileユーザーの数が逆転する。。。その時サイト管理者は何をすべきなのか?初めての訪問者が来た時に、10秒以内にインパクトを与える重要性、広告はノイズでしか無い、コンテンツファーストという考え、モバイルユーザーは50ミリセカンドでサイトへの第一印象を持つ、コンテンツ以前にデザインが重要。しかし単にキレイなデザインでは駄目。オーセンティシティー(authenticity)を与えるデザインが重要、、、などと次々に新鮮なアイデアを披露します。

誰もあなたのコンテンツなんかに関心はない

【196】 UXとは?その重要性と実践方法(1)

「誰もあなたのコンテンツなんかに関心はない」というテーマでユーザーエクスペリエンス・UXデザイナーのクリフ・シール氏が熱弁を振るいます。 モバイル時代の到来によって今までのWebサイトの作り方、SEOの方法論は、根本的な変化を迎えます。Googleが発表したモバイルファーストインデックスの導入は全てのサイトの全てのページを早急にモバイル対応することを要求します。それをして初めてモバイル版Googleの上位表示というゲームに参加することが許されます。

Googleの公式・非公式発表/特許/海外カンファレンス・ニュースサイト

【168】 SEO初級講座(13)SEO技術の情報源(1)

SEOの情報源は?SEO技術とはどのようにして学べば良いのか?避けるべきはGoogleやYahoo!で検索されたブログやサイトの情報を鵜呑みにすることです。ネット上にあるSEO情報のメリットとデメリットは?Googleの公式・非公式の情報、Googleウエブマスター公式ブログ、TwitterやGoogle+でGoogle技術スタッフのジョン・ミュラーやマット・カッツ等の発言は?Googleの特許情報、海外のSEOカンファレンス、ニュースサイトは?様々な情報源を1つ1つ紹介します。《SEO検定4級レベル》

Webサイトの限界を超えるアプリ活用の重要性

【155】 SMX New York(20)アプリのSEO対策(2)

アップルが提供するSafari(サファリ)ブラウザでのデフォルト検索エンジンとして指定しもらうためにGoogleはアップルに毎年10億ドル、日本円にすると1000億円も払いのは何故か?それにもかかわらずアップルは、検索結果の一番上に自社独自検索エンジンのスポットライトを表示するのは何故か?後半は、自社独自アプリを開発するメリットには何があるのかを実際に複数の有名アプリを例に取り解説します。

Googleはアプリのソースを見るようになった

【154】 SMX New York(19)アプリのSEO対策(1)

今回からはアプリのSEOについての解説です。アプリをこれから作ろうという企業だけではなく、アプリを持っていない企業にも及ぶ影響を解説します。 Googleウェブマスタートレンドアナリストのマライア・モエバ氏によると今後は、モバイル版Googleの検索結果にはアプリの情報が多数表示されるということです。従来Googleはアプリの情報をする際にはGooglePlayとAppStoreの中にある各アプリの名前、紹介文、リンク情報だけを拾っていましたが、今後はアプリの中のソースを見るという大きな方針変更をすることになりました。

モバイルサイトデザイン論とモバイルアップデート後の影響

【153】 SMX New York(18)スマートフォン対策(3)

太い指の人でもリンクを押せるようにする配慮、スマートフォンの小さな画面にボタンはいくまで載せることが適切か?等の実務的な講座。後半は、Searchmetrics社のマーカス・トバー氏による2015年4月23日以降のモバイルアップデート後の影響を様々なデータで検証。実在するサイトのアクセス解析ログを見せながらモバイルSEO対策の実務を解説します。

モバイルフレンドリーアップデートは「モバイルゲドン」

【151】 SMX New York(16)スマートフォン対策(1)

今回のSMXニューヨークのカンファレンス発の情報はスマートフォン対策の最新情報です。Googleが2015年の4月23日に実施したモバイルフレンドリーアップデートはモバイルゲドン(Mobilegeddon)と呼ばれる大きな変化をもたらします。有名なGoogleトレンドアナリストのゲーリー・イリーズ氏の講演を紹介。モバイルゲドン(Mobilegeddon)後は、Webサイトだけではなく、スマートフォンアプリもGoogleがインデックスして検索結果に反映させるという大きな変化が生じることになりました。

HTML5を使ったモバイルSEO

【152】 SMX New York(17)スマートフォン対策(2)

HTML5のソースコードでページを作ることにより、Flashを使わずにFlashと同じような効果が実現可能に。HTML5のもう一つの革命は、ここからここまでの情報はメインコンテンツだとGoogleに伝えるためのタグを入れることが可能に。article(アーティクル)というタグを使うと、Googleはそこが記事であること、メインコンテンツであると認識します。今後は、こうした特殊な知識を知っている企業がGoogleSEOで有利な立場に立てるようになるのか?

マルチデバイス、マルチプラットフォーム時代

【150】 SMX New York(15)プレディクティブサーチ(3)

マルチデバイス、マルチプラットフォームの時代。Cutting out Web(カッティングアウトウエブ)という現象が生まれ、もはやGoogleを使わなくてもネットユーザーは検索が出来る時代ががきました。アップルのSpotlight検索の仕組み、マップという新アプリの登場、Yelp登録の重要性、E-mail Optimaization(イーメールオプティマイゼーション)、アプリを対象にしたディープインデックス等新技術を紹介します。

マイクロソフトとアップルの人工知能パーソナルアシスタント

【149】 SMX New York(14)プレディクティブサーチ(2)

マルチデバイスを使ったマーケテイング。前回はGoogleが提供するGoogleNowを解説しましたが、今回はマイクロソフトとアップルの人工知能パーソナルアシスタントを紹介します。Windows10の登場、iPhoneユーザーの増加が検索市場の地図を塗り替えるのか。新しいコンセプトCutting out Google(カッティングアウトグーグル)とは何かを解説します。

プレディクティブサーチこそが未来の検索エンジンの姿

【148】 SMX New York(13)プレディクティブサーチ(1)

プレディクティブサーチというのはユーザーの行動を予測した予測検索という意味です。ユーザーがここまでの文字を入れたら、きっとこのユーザーはこういうことを欲しがっているのか、こういうことをしたがっているのではないかとすぐさま予測して、結果を瞬時に出すことです。シンディ・クラム氏の研究によるとプレディクティブサーチこそが未来の検索エンジンの姿だということです。

ECサイトの実践的SEO

【147】 SMX New York(12)ECとSEO対策(2)

前回に続いてECサイトにおけるSEO対策をアダム・オーディッド氏が解説します。商品ページのメタディスクリプション、タイトルタグの書き方、PC版とモバイル版サイトの文字数の制限、在庫数表示の重要性、売れている店ほど選び方ガイドがあるなど実践的なノウハウを解説します。

物販サイトのSEO対策

【146】 SMX New York(11)ECとSEO対策(1)

ECサイトにおけるSEO対策をアダム・オーディッド氏が解説。このECという言葉を良く聞くようになりましたが、ECの意味はイーコマース、物販のことです。日本でもECの世界には近年非常に変化が起きてきています。楽天、アマゾン、ヤフーショッピング等の大手ショッピングモールへの集中は何故起きるのか、ECのSEO対策にあるテクニカル主義とオーディエンス主義の違い、どのようなタグを使うとGoogleで上位表示しやすくなるかを解説します。

Googleアナリティクスのデータに支配されるな!

【145】 SMX New York(10)ダークサーチとダークソーシャル(2)

データの数値は全てではない。データには見える部分と見えない部分があって、見えない部分に重要な情報が含まれているものです。 前回に引き続きマーシャル・シモンズ氏がデータに支配されない事、そのデータを提供している会社にも支配されないよう警笛を鳴らします。

Googleアナリティクスでは見えないデータ

【144】 SMX New York(9)ダークサーチとダークソーシャル(1)

ダークサーチ・ダークソーシャルというテーマをマーシャル・シモンズ氏が解説します。Googleが提供しているGoogleアナリティクス。日本に於いてもGoogleアナリティクスを自社サイトに設置してアクセス状況をチェックすることが常識化しました。しかしその参照元データなど不明な点がたくさんあります。検索からの流入データの見えない部分をダークサーチ、ソーシャルメディアからの流入データをダークソーシャルと呼び、その問題について追求します。

アルゴリズムは物を買わない

【143】 SMX New York(8)コンテンツとブランド(3)

ウイル・レイノルズ氏によるコンテンツとブランドについての最終回です。ミシュランガイドは何故支持されるのか、アルゴリズムが商品を買うのではなくて、人間が商品を買う、どんな人間が商品を買うのかを理解するのが、マーケテイングだという検索エンジンマーケティングの本質を説きます。

デスティネーションになればブランディングは成功する

【142】 SMX New York(7)コンテンツとブランド(2)

前回に引き続き、ウイル・レイノルズ氏によるコンテンツとブランドをテーマにした講義の解説です。人は何故Amazonでばかり物を買うのか、デスティネーション(destination)になることの重要性、そうなるにはどうすれば良いのかを解説します。

マーケティング思考でコンテンツを発想しろ!

【141】 SMX New York(6)コンテンツとブランド(1)

今日からはコンテンツとブランドについての解説です。SEOカンファレンスにSEOのプロが結集します。しかし、SEOのことばかりを考えているとWeb集客の成功という大局を失うということがあります。 Web集客を成功させるためにはコンテンツとブランドの関係を知る必要があります。キーワードツールで見つけたキーワードをコンテンツ化するだけではユーザーニーズを満たすことは出来ません。講師のウイル・レイノルズ氏がマーケティング思考の重要性を説きます。

メディア露出がローカルSEO成功の鍵

【140】 SMX New York(5)ローカルSEO 後編

前回に引き続きローカルSEOのエキスパート達が教える最新テクニックをご紹介します。地域性の高いローカルキーワードで上位表示するにはメディア露出が効果的。日本国内でメディア露出を低コストで実現する方法、iPhoneに特化したローカルSEOをご紹介します。

ローカルSEOのエキスパート達が教える最新テクニック

【139】 SMX New York(4)ローカルSEO 前編

今回のビデオからは、ニューヨークで行われたSMXの1つめの授業で学んだことをご報告します。テーマはローカルSEOです。全米で活躍するローカルSEOのエキスパート達による講義です。ローカルSEO には2つの意味があります。Googleの検索結果ページの上のほうに表示されることがある地図部分での上位表示と、通常の自然検索上位表示の2つの意味です。この動画ではそれらの違いからローカルSEO対策を解説します。

アップルが検索エンジン市場に参入!Google一極集中時代の終わりの始まり

【138】 SMX New York(3)概要 アップル VS Google

米国では脱Googleの機運が高まってきています。最近の米国のカンファレンスではGoogleの話ばかりでした。SEO=GoogleSEOと言っても良いくらいGoogle対策の話ばかりでした。マイクロソフト、Facebook、Amazon、アップル等の世界最強企業の中で今回新たにアップルが検索エンジン市場参入に名乗りをあげました。アップルの独自検索エンジンの名は「スポットライト」です。この検索エンジンで上位表示するとどうなるのか?日本で圧倒的市場シェアをとっているiPhoneユーザーに目に触れるようになります。このチャンスをどうすれば掴むことが出来るのかを解説します。

コンテンツマーケティング戦争が始まった

【137】 SMX New York(2)概要 コンテンツマーケティング

SEOのトレンドは、「コンテンツマーケティング」であり、すでに世界的に浸透してきています。しかしコンテンツマーケティングで成果を上げることは生易しいものではありません。コンテンツマーケティングがブームになった理由は、ネット広告費の高騰と費用対効果の悪化です。費用対効果の低い広告費を出すくらいなら、自社所有のコンテンツに投資した方が良いということに大きくの企業が気づきました。今回の講義では米国のSEO業界での有力者であるエリック・エンゲ氏がコンテンツマーケティング戦争に勝ち抜くための方法を提案します。

今後のSEOの主戦場はモバイルSEO

【136】 SMX New York(1)概要 モバイルとマルチデバイス

今回から2015年10月にニューヨークで開催されたSMX(Search Marketing Expo:サーチマーケティングエキスポ)を受講して学んだノウハウをレポートします。会場の雰囲気、エキスポの主催者ダニーサリバン氏について、エキスポ会場ではどのような先進企業が出展しているのか、米国のSEO業界での有力者はエリック・エンゲ氏について、講義内容にモバイルSEOが増えていることなど今回のカンファレンスの傾向と特徴を紹介します。

通信速度が遅いモバイルインターネット環境に適用するためのアプリ開発

【120】 Mobile devcon(8)独自アプリ:スマホサイトの色遣い(後編)

前回に引き続きブランドカラーを決めてアプリユーザーに自社アプリを覚えてもらうノウハウを解説します。未だに通信速度が遅いモバイルインターネット環境に適用するためにはミニマリズム、フラットデザイン、ナビゲーション、シンプルな色彩設計が求められます。こうした一見簡単そうに見えても実際実行しようとすると簡単ではないことを現場のプロはどのような考え、ツールで実施しているのかを様々な例を用いて解説します。

ブランドカラーを決めてアプリユーザーに自社アプリを覚えてもらうノウハウ

【119】 Mobile devcon(7)独自アプリ:スマホサイトの色遣い(前編)

モバイルデベロッパーズカンファレンスの最後の授業はカラーについてでした。モバイルサイトを作る時も独自スマートフォンアプリを作る時も、色遣いによってブランディングができます。講師のスザンヌさんのプレゼンによると、ブランドの印象の8割はカラーで決まってしまうということです。テーマカラーを覚えやすいものにする、等実務的なノウハウを全米で人気のアプリを例に様々な角度から解説します。

どんなスマートフォンアプリに成功のチャンスがあるのか?

【118】 Mobile devcon(6)独自アプリ:人気アプリの秘密

今回は独自アプリに関しては最後のご報告は「人気のあるアプリを考案する方法」です。 世の中にたくさんのスマートフォンアプリがある中で、私達が独自アプリを作ったところで、殆ど埋もれてしまうはずです。何とかプロモーションが上手くいって色々な人がダウンロードしてくれたとしても、そこで終わってしまうことがあります。 ずっと使い続けてもらわなくては自社のビジネスには貢献しません。どんなアプリにチャンスがあるのかをわかりやすくアプリ開発現場のプロが解説します。

スマートフォンアプリのデザイン・インターフェイス設計

【117】 Mobile devcon(5)独自アプリ開発時の注意点

スマートフォンアプリのデザイン、インターフェイス設計をする際にどこを、何を参考にすれば良いのか、アプリのアイコンはどうやって考えるのかなど実務的な細やかなアドバイスを現場のプロがアドバイス。スマートフォンユーザーの感情的な要求と、機能的な要求の両方を満たすにはどうすればよいのか、今はデザインの時代だからこそ、このITの世界に於いても、或はWebの世界に於いても、最終的にはデザインが重要になってきたという重要なメッセージを考えます。

スマートフォンアプリは作った後が大変

【116】 Mobile devcon(4)独自アプリ開発の必要性と企画方法

スマートフォンアプリ開発についての解説。モバイルマーケティングの主戦場はアプリです。しかし星の数ほどあるアプリの中で自社アプリを露出することは簡単なことではありません。この動画では、どうすればAppStoreやGoogleplayで自社アプリの露出を増やしてダウンロードを増やすことが出来るのかを解説します。また、どうすれば開発費を抑えてアプリを作りだすことが出来るのか、その開発手法についてもレポートします。

モバイル最適化の死角

【115】 Mobile devcon(3)パソコンメーカーのスマホサイトの改善事例 後編

前回に続き、有名パソコンのメーカーのDellのモバイルマーティング担当者スティーブ・フォックス氏による自社サイトのモバイル化の事例報告です。 スマホ版のインターフェイスの第一鉄則は、アプリのようにすること、ゲームのようにシンプル化するということ、サイト内検索窓設置の必要性、余計なコンテンツを隠すアコーディオン機能の実装、ページの長さは短めが良いのか長めがよいのか等の実践的な解説。そしてモバイル最適化の死角は何かを詳しく報告します。

Dellのモバイル版サイト事例報告

【114】 Mobile devcon(2)パソコンメーカーのスマホサイトの改善事例 前編

前回に引き続き2015年2月に開催されたモバイルデベロッパーカンファレンスで学んだことをレポートします。SEOのカンファレンスでもマーケテイングのカンファレンスでもないため受講者のほとんどがプログラマー、ウエブデザイナーでした。1人目のプレゼンは、基調講演もした有名パソコンのメーカーのDellのモバイルマーティング担当者スティーブ・フォックス氏による自社サイトのモバイル化の事例報告です。PageSpeed Insights(ページスピードインサイツ)の使い方も解説。

モバイル版GoogleとPC版Googleの検索順位が異なるようになった!

【113】 Mobile devcon(1)2015年4月21日の変動とスマホ版Googleの検索順位の調べ方

2015年2月にサンフランシスコで開催されたモバイルデベロッパーズカンファレンス受講の報告です。参加直後に、Googleがウエブマスター公式ブログで2015年4月21日からモバイル版Googleの検索順位をPC版Googleのものと変えるという発表をしました。 その後順位がどのように変わったのか、複数のキーワードで検証します。パソコンでどのようにそれら2つのGoogleの検索順位の違いを確認するのかを解説。

ジェームズ・ボンドも驚く!英国式SEOスパイテニック公開

【112】 Conversion Conference(6)アナログな競合調査方法

スパイの本場英国式の競合調査術を解説。ソフトだけではわからないライバルサイトの秘密情報を収集するテクニック、価格調査、テスト購入、広告用ランディングページの調査、URLから秘密を読み取る方法、求人サイトを覗く意味、競合サイトのスタッフとコンタクトを取るなど普通でも思いつかない驚きの情報収集方法が満載。

全てに対して実験をせよ!実証主義でECサイトの成約率を上げる方法

【111】 Conversion Conference(5)ECサイトのレスポンシブ化成功事例(3)

A.Bテストの重要性、買い物カゴのチェックアウト部分の改善事例、コンティニュアス・スクロール(continuous scroll)などの効果を紹介。その他ページ内のノイズを削減することにより、飛躍的に成約率が伸びた、、、等サイト運営者が気になる話題を詳しく解説。不確かな勘に頼った手法ではなく、実証主義に基づいた科学的運営法を提案します。

ECサイトの実務的なアドバイス

【110】 Conversion Conference(4)ECサイトのレスポンシブ化成功事例(2)

前回の動画に引き続き、英国の靴を販売しているECサイトのECサイトのモバイル対応事例をご紹介します。 デザイン性を競うな、顧客サポート担当者、Webデザイナー、Webマーケティング担当者たちがチームワークで協働すべき、URLに目標キーワードを含めたほうが上位表示したか、使えるサイトマップ、カノニカルタグの利用方法など実務的な発見と提案が多数あります。

ECサイトのモバイル対応事例

【109】 Conversion Conference(3)ECサイトのレスポンシブ化成功事例(1)

英国の靴を販売しているECサイトがモバイル対応のためレスポンシブWebデザインに自社サイトをした時にどういう点に気を付けてどういう結果になったのかいう成功事例のプレゼンテーションを解説します。その他モバイルフレンドリーテストで自社サイトのモバイル化の進捗を知る方法を解説します。

モバイルユーザーにフォーカスしたサイト作り

【108】 Conversion Conference(2)ヨーロッパのECサイト事情(2)

前回に続き、ドイツ人講師のマットラーナ―氏によるプレゼンの紹介です。 モバイルユーザーへのフォーカス、最適化の重要性を説きます。従来のようなPCサイトの一部をモバイル化するという発想では売上は増えません。Googleがモバイル対応をするよう公式ブログで発表したからです。全ページをモバイル対応しないと検索順位が不利になる時代がきました。その他、売上拡大のためには海外市場への進出が重要であり、その事例を紹介します。

ヨーロッパのサイトに学ぶ

【107】 Conversion Conference(1)ヨーロッパのECサイト事情(1)

ドイツ人講師のマットラーナ―氏によるヨーロッパのEC事情、ヨーロッパのECサイト担当者はサイトの成約率アップのためにどのようなことを意識しているのか、私達サイト運営者へのアドバイスを解説します。 支払方法の改善、ユーザー登録の是非、Facebook、Twitter等のソーシャルメディアのユーザーアカウントの活用など地に足のついた実践的な改善案を見せてくれます。

アジャイルマーケティングで激しい変化を乗り越えろ!

【106】 Conversion Conference(6)アジャイルマーケティング

コンテンツ4段階説を提唱しているスコットブリンカーさんのもう1つのプレゼンAgile Marketing (アジャイルマーケティング)を解説します。Agile(アジャイル)というのは機敏なとか機動的に動くという意味です。変化に応じて変幻自在に適応するという、まさに今のWeb集客で必要とされている運営形態です。自社内でのインハウスSEOを成功するための組織運営方法を解説します。

ランディングページ最適化6つのポイント

【105】 Conversion Conference(5)成約率アップのシンプルな工夫

総合的なランディングページの最適化についての講座です。アテンション(Attention)、コンテクスト(Context)、コングルーエンス(Congruence)、クロージング(Closing)、コンテニュアンス(Continuance)などたくさんの新概念をランディングページ最適化のプロフェッショナルが成約率アップを目指すサイト管理者のために詳しく解説します。

パーソナライゼーションとアプリ活用

【104】 Conversion Conference(4)コンテンツ発展4段階説(2)

前回に引き続きコンバー、ジョンカンファレンス2014基調講演スピーカーのスコット・ブリンカー氏のコンテンツ発展4段階説をご紹介します。ユーザビリティーを極限まで向上させるパーソナライゼーションの意味と実施事例、モバイル時代の新兵器マーケティングアップスの重要性を分かりやすく解説します。この動画を見ればコンテンツマーケティングの未来、Web制作の将来の方向性が分かります。

ランディングページだけをいじっても成約率アップには限界がある!

【103】 Conversion Conference(3)コンテンツ発展4段階説(1)

今や、世界のWebマーケティング業界で有名人になったスコット・ブリンカー氏の基調講演の紹介です。 ランディングページだけをいくらいじっても成約率アップには限界がある。ライディングページ以外にフォーカスすべき最重要ポイントをコンテンツの4つの発展説というセオリーを用いて解説します。この動画を見れば、Webマーケティングの進むべき方向性が必ず見えてくるはずです。

邪魔な情報を削ぎ落とせば成約率が上がる!

【102】 Conversion Conference(2)サイト内検索と買い物カゴの活用

成約率を上げるためにすぐにすべきこと、、、それは自社のランディングページを客観的に見て邪魔な情報パーツを探して、容赦なく削ぎ落とすことです。これを言うのは簡単ですが、実際に実行するのは困難です。このビデオではどうすればそれが出来るのかを提案します。その他、サイト内検索窓の有効な活用方法を解説します。

データ活用とサイトスピードアップの重要性

【101】 Conversion Conference(1)データ測定とサイトスピード

今回からは2014年の11月にロンドンで開催されたConversion Conference(コンバージョンカンファレンス)in Londonで学んだことをご紹介します。全2日間の講義の中の最初の講座は、「あなたのページに漏れは無いか?」というテーマでした。 1人目の講師ライア氏は、複数のページを作りテストをするいわゆる「ABテスト」についてでした。テストをする上で役立つツールとしてAlexa無料版・有料版とSimilar Web無料版・有料版がどのように役立つのかを解説し、2人目の講師はデータを見るだけではなく、それに基づいてどのように行動を起こすべきかを解説しました。その他、モバイル時代に対応するために必要なサイトスピードアップの講義の解説をします。

Amazonのメールマーケティングに学ぶ

【100】 米国最新情報 Click Z Live(23)Amazonのメールマーケティング

Amazonのメールマーケティング担当者によるプレゼンの報告です。名前はケイティ・シーガーさん。Amazonのe-mailマネージャー、Amazonローカルという部署の方です。ケイティ・シーガーさんがアドバイスをしてくれたことを、1つひとつ検証してアマゾンのAmazonのメールマーケティングに学びます。(週刊SEOビデオニュースより) 週刊SEOビデオニュースは300本超の最新SEO情報を全日本SEO協会代表理事鈴木将司がわかりやすく解説するSEO動画講座です。 詳細は: https://www.ajsa-members.com/kaiinboshu/course_a/#as02 をご覧下さい。

【99】 米国最新情報 Click Z Live(22)その他デジタル資産

【98】 米国最新情報 Click Z Live(21)ブログ

とても簡単なYouTube動画活用方法

【97】 米国最新情報 Click Z Live(20)動画

今日のデジタル資産のテーマはビデオです。YouTube動画をどうやって活用するか、今回は最近の成功例、とても簡単なやり方を紹介します。

画像で集客するには?

【96】 米国最新情報 Click Z Live(19)画像

今日のデジタル資産の活法テクニックは、画像です。画像による集客は今、非常に注目されています。通常はSEOというと、Webページを上位表示させることがほとんどです。Googleの検索結果にはWebページだけではなく、その他いろいろな情報アイテムが表示されます。地図やショッピングの検索結果、そして今回のテーマの画像が出てきます。

パソコンに眠っているエクセル、ワードのファイルを活用しよう!

【95】 米国最新情報 Click Z Live(18)エクセル、ワード書式集

デジタル資産を企業として増やすことが今のWeb集客のトレンドになってきています。コンテンツというデジタル資産を無償公開することによって見込み客を集客するというのがコンテンツマーケティングの原理です。コンテンツマーケティングを実施する上で効果的なものは色々ありますが、今日はベーシックなものですが「エクセル」と「ワード」のドキュメントの配布について紹介します。エクセルやワードで作られた決算報告書の雛形のテンプレート、会社設立するときの申請書のフォーム等様々な具体例とその配布方法を紹介します。

【94】 米国最新情報 Click Z Live(17)フォーラムとコミュニティーの活用

Q&Aページは最強の集客装置

【93】 米国最新情報 Click Z Live(16)Q&Aの集客効果とFAQとの違い

よく頂くご質問 = FAQのあるサイトがたくさんあります。しかし、Q&Aページがたくさんあるサイトは少ないということを知っていますか?実は、このQ&Aページを充実させるとたくさんの見込み客が自社サイトに来てくれるようになります。この動画では、集客力の高いQ&Aとはどのようなものか、そしてその作り方を実例を用いて詳しく解説します。あなたのサイトにも効果的なQ&Aページを増やして集客力を高めて下さい。

Webではなく、コンテンツパッケージで集客する方法

【92】 米国最新情報 Click Z Live(15)電子書籍、ホワイトペーパー、投票

電子書籍、ホワイトペーパー、投票というデジタル資産の作り方、活用方法を解説します。 EPUB形式でまとまったコンテンツを配布する方法、読者に役に立つ情報を1つのパッケージとして提供するホワイトペーパーの成功事例、そして、ユーザーが自分の感情をインプットする投票システムの活用例を詳しく紹介します。

PDFとスライドシェアの活用

【91】 米国最新情報 Click Z Live(14)PDFとスライドショーの配布

今回の動画からは、デジタル資産の構築を提唱するJim Boykin氏のプレゼンを1つ1つ検証します。今回は、PDFについてです。商品情報のPDF化、カタログ、資料請求の対策、Slide Share(スライドシェア)等の紹介をします。

デジタル資産を増やしSEOに活かすには?

【90】 米国最新情報 Click Z Live(13)デジタル資産とオウンドメディア

米国のSEO業界で高名なJim Boykin氏によるプレゼンを紹介します。氏はInternet Marketing Ninjasという会社を経営しており、ラスベガスで行っている有名なカンファレンス「Pubcon」のオーナーでもあります。その他様々なSEO業界のコミュニティーサイトを運営し、SEOの世界でかなり影響力のあるプロフェッショナルです。今回のこの方のテーマは「デジタル資産を増やそう」というものです。デジタル資産とは何か?そしてそれをSEOのためにどのように活かすことが出来るのかを明確に提案します。

CM動画をYouTubeにアップしても集客は出来ない!?

【89】 米国最新情報 Click Z Live(12)再生回数を稼ぐYouTube動画とは?

今回のClickZLiveの講義内容は「YouTubeの最新の成功事例、成功法則」。グレッグ・ジャーボー氏は元々SEO業界にいたものの、現在はYouTubeに特化して結果を出しています。氏は、的はずれな企業の動画をかなり厳しく指摘をします。「企業がどういうYouTube動画を作れば集客出来るか」を分かりやすく解説。

地元客を集客するローカルSEO

【88】 米国最新情報 Click Z Live(11)ローカル市場のWEBマーケティング

ClickZLiveの二日目の研修は、ローカルマーケティング、すなわち特定の地域だけで集客したいといった、地域限定のSEOや、マーケティングの方法、集客の方法についてです。ソーシャルメディアを徹底的に使いこなすことによりビジネス旅行者向けのサイトが成功したプロセスを解説。話題のトリップアドバイザー、yelpや世界的な影響力を持つFacebook、Twitter、Googleマップ等の活用事例を紹介。

USP(ユニークセリングプロポジション)

【87】 米国最新情報 Click Z Live(10)次世代のサイト構造(4)

次世代のサイト構造の二人目の講義は、「ユーザビリティ改善によるコンバージョン改善」、「読みやすいコンテンツへの改善」です。 コンテンツ内、つまりサイト内で、気をつけるべきことは、USP(ユニークセリングプロポジション)をページ内で表現すること。検索結果からサイトのページに着地したとき、そのランディングページには、他社との違いを書かなくてはならない。

テキストだけがコンテンツでは無い!

【86】 米国最新情報 Click Z Live(9)次世代のサイト構造(3)

SEOの盲点は文字さえ増やせば検索順位が上がるだろうという思い込みです。検索ユーザーとGoogleが求めるコンテンツは地図やビデオ、外部サイトへのリンクなど多岐に渡ります。これらの実装方法とユーザーをサイトから離脱させてしまうマイナス効果の生じるコンテンツを指摘。

URLストラクチャー

【85】 米国最新情報 Click Z Live(8)次世代のサイト構造(2)

SEOに強いサイト構造を作るには「URLストラクチャー」が重要。URLというのはウェブページのアドレスの事です。www.~.com、.com/〜/tokyo/chintai/〜、など、ページのアドレスの事です。そこにはGoogleとユーザーの為に分かりやすく、また、意味のある言葉を入れると順位が上がると解説。

インフォメーションアーキテクチャー

【84】 米国最新情報 Click Z Live(7)次世代のサイト構造(1)

今回のテーマは「次世代のサイト構造」です。SEO対策で上位表示されやすいサイト構造や成約率アップするようなサイト構造はどの様な物か、という事を数名の専門家が解説。一人目の発表は、ホテルサイトの運営担当者の発表。次世代のサイト構造は「インフォメーション・アーキテクチャ」、いわば情報設計という概念で発想すべき。ユーザー視点の情報設計、また、Googleに高く評価される為の情報設計に於いては3つの要素が重要だと力説。

モバイルサイト成功のためのサイトサーチ、コンバージョン、フォーム、ユーザビリティー

【83】 米国最新情報 Click Z Live(6)Googleが教えるスマホサイトの作り方 後半

前回に引き続きGoogleが自ら提供している「Googleと学ぼう」という講座のレポートです。「サイトサーチ」「コンバージョン」「フォームエントリー」「ユーザビリティ」等各論について詳しく解説します。

Googleスタッフが教える『モバイルサイト成功のための5つのポイント』

【82】 米国最新情報 Click Z Live(5)Googleが教えるスマホサイトの作り方 前半

今回はGoogleが自ら提供している「Googleと学ぼう」という講座です。実際にモバイルサイトの画面を見せながら「スマホサイトはこの様に作るとGoogleが高く評価します」という風にGoogleの社員が解説。「モバイルサイト成功のための5つのポイント」とは何か?

インフルエンサーに紹介してもらうために企業がしていることは?

【81】 米国最新情報 Click Z Live(4) インフルエンサー 後半

前回に引き続き「インフルエンサー(Influencer)」という集客手法を解説します。インフルエンサーの人に紹介してもらうために企業はどのような活動をするべきかを赤裸々に講師が解説します。その後は、「Content is King」というテーマの講座です。これはコンテンツマーケティングの具体的な成功事例を解説する講座です。ヒューレット・パッカードの事例などで詳しく解説します。

インフルエンサーとは?

【80】 米国最新情報 Click Z Live(3) インフルエンサー 前半

Click Z Live一日目の一限目は、「インフルエンサー(Influencer)」の意味とその活用方法です。現代のSEO対策では、様々なWebサイトからただ単に機械的にリンクされるだけでは検索順位は上がりません。それどころか、SEO目的のリンクだということがGoogleにわかるとペナルティーの原因にすらなりかねません。従来のリンク対策の代わりに、今、脚光を浴びているのが、「影響力のある人にお願いをして、その人に紹介してもらう」といった手法です。登壇した講師が具体的な事例を見せながら、そのプロセス、ステップを説明してくれました。

デジタルマーケティング『5つのトレンド』によるインパクト

【79】 米国最新情報 Click Z Live(2) 結論

2014年の8月にサンフランシスコで開催されたClick Z Liveで知ったSEOの世界を方向性を決める5つのトレンドの後編です。各講座の詳細に入る前に知るべき、5つのトレンドによるインパクトについて解説します。この5つのトレンドを知れば、個別の新技術の理解度が深まります。

SEOの世界を方向性を決める5つのトレンド

【78】 米国最新情報 Click Z Live(1) 概要

2014年の8月にサンフランシスコで開催されたClick Z LiveというアメリカのSEOカンファレンスのレポートを今回から開始します。 2014年後期の全体的なSEOの世界のトレンドが分かりました。それは次の5つのトレンドです: 1、デジタルマーケティング 2、モバイルマーケティング 3、オムニチャンネル 4、ソーシャルメディアの浸透 5、クリエイティブ これらのトレンドは今後の正しい方向性を私達サイト管理者に示すはずです。今回のニュースではこの5つのトレンドの概略を解説します。

AR《拡張現実》とは?

【61】 米国最新SEOレポート Intelligent Content Conference 2014(4)

コンテンツカンファレンスの最後のレポートは、「AR」というコンテンツ分野についてです。ARというのは、「Augmented Reality」= 拡張現実という分野です。工事中の現場を見た時に、様々な情報、「この現場の危険箇所」「ダンプの出発時刻・場所」などがサングラス上に映し出されます。私達の日常生活においては、初めて東京の銀座に行った時に、何がどこにあるのか分からないといった場合、「メトロ銀座線の駅はこちらです」「ユニクロでセールを開催中」というようなその人の為にカスタマイズされた情報が次々と出てくるSFのような世界です。

オムニチャンネル

【60】 米国最新SEOレポート Intelligent Content Conference 2014(3)

今回の報告は、非常に人気のあった講座「オムニチャンネル(Omni Channel)」です。講師はケビン・ニコラス氏。P&G、アップルなど、様々な大手企業の集客の担当してきました。テレビCM、雑誌広告、店舗のPOP、Web、それら全てを統合するマーケティングキャンペーンを解説。今後、私達Web業界いるWeb担当者は、リアルとネットの相乗効果を出すオムニチャネル活用をするスキルが求められます。 ※オムニチャネルとは、実店舗やオンラインストアをはじめとするあらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合すること、および、そうした統合販売チャネルの構築によってどのような販売チャネルからも同じように商品を購入できる環境を実現すること( IT用語辞典 Weblio辞書より)

コンテンツエンジニアリングとは?

【59】 米国最新SEOレポート Intelligent Content Conference 2014(2)

Intelligent Content Conferenceで、どんなコンテンツ作りに関するアドバイスを学んできたかを報告します。 1日目の最初の授業が、コンテンツエンジニアリングでした。ジョーゴルナー先生の授業です。まず、中堅から大手企業のWeb集客においては、社内にコンテンツをつくる体制を敷く重要性が説かれました。一般企業の社内にWebコンテンツをつくる部署が必要です。コンテンツ作りで結果を出している企業の社内体制とはどのようなものかを解説します。

コンテンツに特化したカンファレンス『iCC』とは?

【58】 米国最新SEOレポート Intelligent Content Conference 2014(1)

これまではサーチエンジンストラテジーやサーチマーケティングエキスポ、パブコンといった、ダイレクトにSEOのプロが集まるカンファレンスで私が何を学んできたのかを報告してきました。しかし、それは所詮SEOという限られた世界の情報でしかありません。私達はGoogle の検索結果が激動している時代にいます。従来のSEO対策の手法だけではGoogleの上位表示ができなくなっています。今回は、新しい着眼点を得る為に、コンテンツに特化したカンファレンスに行ってきました。2014年3月に行われたIntelligent Content Conferenceで何を学んだか、何を皆さんにシェアしたいのかを報告します。

Amazonのセラーランクとは何か?そしてYouTube動画SEOの盲点とは?

【48】 米国の最新SEO情報2 App Store 最適化(ASO)とアマゾン対策(後半)

App Storeはベンダー毎のランキングがあり、Amazon内にはセラーランクがある。こうした企業のランク付けはGoogleにもあります。それはオーサーランクというWebサイトのコンテンツを書く著者毎のランク付けシステムです。 YouTube対策として言われている目標キーワードをYouTubeタイトルに入れる、動画の紹介文にキーワードを入れる、面白いコンテンツをつくる、といったことは常識でしかありません。どんなキーワードを入れるか、楽につくるかといった表面的な部分ではなく、より面白い作品をつくるか、ということがYouTube SEOの最も重要なエリアになります。その具体対策を米国のプロフェッショナルが発表。

アプリSEOとアマゾンSEOという新しいSEOジャンル攻略法

【47】 米国の最新SEO情報2 App Store 最適化(ASO)とアマゾン対策(前半)

Web集客の主戦場はPCからモバイルに。スマートフォンユーザーが利用する「AppStore」とGoogleのAndroidアプリ「Google Play」には星の数ほどのアプリがあります。それらアプリ配布サイトで自社独自のアプリを上位表示するにはどうしたら良いのか?これがわかれば自社独自アプリの成功の確率は飛躍的に増します。最先端のアプリSEOをレポートします。 さらには、物販の世界で最も成功しているAmazon(アマゾン)での上位表示対策を解説。数億のアイテムが売られる競争の激しいAmazonの仕組みと上位表示方法をレポートします。

トラフィックの少ないサイトは上位表示できない!?トラフィックを増やすには?

【46】 米国の最新SEO情報2 検索順位決定要因(後半)

検索順位決定要因の8.28%はどれだけのユーザーがそのページを訪問しているか、つまりトラフィック要因(アクセス要因)にある。トラフィックを増やすことこそが安定的な上位表示を達成します。この動画では、トラフィック増やすために何をすればよいのか具体策を解説します。【ゲスト出演】全日本SEO協会認定コンサルタント、SOHOLAND代表、松浦法子

Googleはドメインの価値を査定している。ドメインレベルのブランド確立の必要性

【45】 米国の最新SEO情報2 検索順位決定要因(前半)

米国SEOカンファレンスででの人気講座「検索順位決定要因」を紹介。Googleの検索結果はどのように決められるのかが分かる。プレゼンターの資料によると、順位決定要因の一つ目がドメインレベルのオーソリティ、つまりドメインの価値です。ドメインの価値が20.56%、2割。近年の傾向は、良いドメインのサイトが上位表示しています。中途半端なドメインを複数持っている企業はうまくいっていません。ではどうすればよいのか?

口コミ、レビュー管理が企業のネット集客の勝敗を決する!

【195】 レピュテーションマネージメント

レピュテーションマネジメントは一言でいうと、ポジティブなレビューを増やして、ネガティブなレビューを減らすということです。一度ネガティブなレビューが書かれてしまったら、それは減らすことは困難であり、ほとんど不可能に近くなります。日本企業の口コミの管理、レビュー管理は未だ遅れています。このビデオでは、Webマーケティングが発達した米国で企業がどのようなレピュテーションマネジメントを実施しているかを紹介します。

本場米国LAでの最先端デジタルマーケティング事情

【194】 Digital SummitとDigital Marketing

今日から何回かに分けて、2016年度前期に米国LAで行われたDigital Summit (デジタルサミット)で鈴木将司がどんなことを学んできたかを会員の皆様にご報告していきます。Digital Summit(デジタルサミット)とは、どんなカンファレンスかというと、全米の様々な都市で開催している人気カンファレンスです。カンファレンスの内容は、SEO、モバイルマーケティング、ソーシャルメディア活用、メール活用、アプリ等様々なデジタルメディアを駆使した新規客の獲得方法を各分野のトップクラスの専門家たちが分かりやすく解説するというものです。この動画レポートシリーズを見るだけで居ながらにして最先端の集客技術を学ぶことが出来ます。

新着順動画一覧