エンゲージメント対策

検索意図7:「原因」が知りたい

【327】 コンテンツのプロモーション(61)効果測定(26)

7大検索意図の解説シリーズの最終回です。今回は7がつ目の「原因」が知りたいという検索意図です。原因、または理由という言葉をメインキーワードに追加して検索ユーザーは非常にたくさんいます。その人達を自社サイトに呼び寄せるためにどのようなページを作ればよいのかを講師の鈴木将司が詳しく解説します。

検索意図6: Which one? 「AとBの違い」が知りたい

【326】 コンテンツのプロモーション(60)効果測定(25)

7大検索意図の6つ目「Which one? 」は、「AとBの違い」が知りたいという検索意図です。これは最近増えているクエリですが、このニーズを満たすページが未だまだ少ないため比較的競争率が低く、上位表示すればたくさんのアクセス数を獲得できる穴場キーワードです。この検索意図の意味と上位表示するためのページの作り方を解説します。

検索意図5: Which? 選び方の提案

【325】 コンテンツのプロモーション(59)効果測定(24)

7大検索意図の5つ目「Which? 」は、購入意欲の高い検索ユーザーが検索するキーワードです。キーワードにはサイトのアクセス数を増やすためのものと、サイトでの売上を増やすためのキーワードの2パターンがあります。今回は売上に直結しやすいこの「儲かるキーワード」の見つけ方、ページの作り方を成功事例を見ながら解説します。

検索意図5: Which? 一覧ページ必勝の法則

【324】 コンテンツのプロモーション(58)効果測定(23)

Googleが2019年6月3日にコアアップデートをまた実施しました。そのインパクトがどれほどあったのかを実際のGoogleアナリティクスのデータを見ながら紹介します。この大きなアップデートに対応するためには検索意図を満たすコンテンツを着実に満たさなくてはなりません。今回は7大検索意図の5つ目「Which? 」は何かを解説します。

検索意図4: Who? 制作・デザイン業、相談業、買取業、修理業の場合

【323】 コンテンツのプロモーション(57)効果測定(22)

7大検索意図の4つ目「Who? 」を満たす方法の続きです。今回は制作・デザイン業、相談業、買取業、修理業の場合は他にどのようなコンテンツがあると難関キーワードで上位表示されやすくなるのかを事例を見ながら検証、解説します。制作・デザイン業、相談業、買取業、修理業のサイト作りに携わる方は必見です。

検索意図4: Who? 6つの重要項目と3つのオプション項目

【322】 コンテンツのプロモーション(56)効果測定(21)

7大検索意図の4つ目「Who? 」を満たすにはWebページ内に6つの重要項目を必ず含め、それ以外は極力の掲載しないことが必要です。さらに3つのオプション項目が必要が業種が一部あります。講師の鈴木将司が実例を見せながら業種毎に詳しく解説します。

検索意図4: Who?

【321】 コンテンツのプロモーション(55)効果測定(20)

7大検索意図の4つ目は「Who? 」という検索意図です。この意図を満たさなくてはならないのは地域ビジネス、来店型ビジネスの歯科医院、病院、整体・治療院、飲食店などのサイト運営者です。この最もポピュラーな検索意図を満たす方法を詳しく解説します。

検索意図3:How much? 「費用・相場」が知りたい

【320】 コンテンツのプロモーション(54)効果測定(19)

7大検索意図の3つ目は「How much? 」という検索意図です。これは高額商品を売っているサイトや、見込み客が価格を先ず気にする商材を扱っているサイトでは特に有効なものです。この意図を満たすためにはどのようなコンテンツが考えられるのか?そして実際に上位表示しているコンテンツを分析します。

検索意図2:How?

【319】 コンテンツのプロモーション(53)効果測定(18)

7大検索意図の2つ目は「How?」という検索意図です。この意図を満たすためにはどのようなコンテンツが考えられるのか?そして実際に上位表示しているコンテンツを分析します。この動画を見ればたくさんの見込み客を自サイトに引き寄せるコンテンツの作り方が見えてきます。

検索意図1:What?を満たすページの作り方

【318】 コンテンツのプロモーション(52)効果測定(17)

7大検索意図の1つ目の「What?」という検索意図を満たすためにはどのようなコンテンツ、ページにすれば良いのか?この方法がわかれば自社サイトのページが次々に上位表示できるようになれるはずです。講師の鈴木将司がその方法を成功事例を見せながら詳しく解説します。

検索意図1:What?

【317】 コンテンツのプロモーション(51)効果測定(16)

7大検索意図の1つ目は「What?」という検索意図です。これは検索ユーザーが単純に「・・・とはどんな意味か?」を知りたいときに検索する時の意図です。この意図を読み解き、満たすことが出来れば相当な数の訪問者数を自社サイトに呼び込むことが可能になります。このメジャーな検索意図の意味、読み解き方を詳しく解説します。

YouTubeに依存しない最新動画マーケティング

【264】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(10)動画のSEO(2)動画をサイトに貼り付けてGoogleで上位表示する方法

前回のニュースではYouTubeに動画をアップしてGoogleに上位表示する方法を解説しましたが、今回は(1)YouTube動画を自社サイトに貼り付けることにより、自社サイトの検索順位を上げる方法(2)Facebook等のSNSに動画をアップして自社サイトのアクセスを増やす方法を解説します。Googleの検索順位決定要因の調査結果によると動画を貼り付けているサイトのほうがそうでないサイト比べてGoogleで上位表示しやすいことがわかりました。その理由から解説します。

効果測定の戦略

【210】 コンテンツマーケティング戦略立案(5)

コンテンツマーケティング戦略立案最後の重要ポイント効果測定の戦略について解説します。何をもって効果があったかを判断するのか?アクセス数が増えかなのか、ダウンロード数が増えたか、ユーザーエンゲージメントが増えたなのか?エンゲージメントというのは、ユーザーが持つそのサイトへの愛着のことを。ユーザーエンゲージメントはどのように数値化されるのか等、現代のサイト管理者が知るべき用語を分かりやすく解説します。

すぐに使えるエンゲージメント総合スコアの改善案を豊富な事例で解説!

【190】 SEO SCOPE エンゲージメント総合スコア(2)

エンゲージメント総合スコアを改善するにはどうすればよいのか?講師の鈴木将司がエンゲージメント総合スコアの高い大手企業の有名サイトを例に取り、具体的な改善案を提案します。直帰率を下げるには、サイト滞在時間を伸ばすには、平均ページビューを伸ばすには、、、こんなにたくさんのすぐに使える改善案が豊富な事例を見ることでわかります!

あなたのサイトはユーザーにどのくらい愛されているのか?その愛は数値化されてGoogleにより検索順位算定のために使われている!

【189】 SEO SCOPE エンゲージメント総合スコア(1)

SEOスコープの調査結果画面の中央にある重要指標「エンゲージメント総合スコア」。 エンゲージメントとは何か?それは、コンテンツに対してユーザーの愛着心を数値化したものです。 ユーザーが御社のサイトのコンテンツを気に入ってたくさんのページを見れば平均ページビューは増えます。そして各ページにあるコンテンツの1つ1つを見たり、使えばサイト滞在時間が長くなります。こうしたユーザー行動は数学的に数値化出来ます。そしてGoogleも数値化したエンゲージメントをサイトの品質評価をする上で活用しているのです。 SEOスコープは自社サイトだけではなく、競合サイト、上位表示サイトのエンゲージメントスコアを全て見ることが出来ます。そこから見えているものは何かを今回の動画で解説します。

新着順動画一覧