コンテンツの作り方

検索意図2:How?

【319】 コンテンツのプロモーション(53)効果測定(18)

7大検索意図の2つ目は「How?」という検索意図です。この意図を満たすためにはどのようなコンテンツが考えられるのか?そして実際に上位表示しているコンテンツを分析します。この動画を見ればたくさんの見込み客を自サイトに引き寄せるコンテンツの作り方が見えてきます。

検索意図1:What?を満たすページの作り方

【318】 コンテンツのプロモーション(52)効果測定(17)

7大検索意図の1つ目の「What?」という検索意図を満たすためにはどのようなコンテンツ、ページにすれば良いのか?この方法がわかれば自社サイトのページが次々に上位表示できるようになれるはずです。講師の鈴木将司がその方法を成功事例を見せながら詳しく解説します。

検索意図1:What?

【317】 コンテンツのプロモーション(51)効果測定(16)

7大検索意図の1つ目は「What?」という検索意図です。これは検索ユーザーが単純に「・・・とはどんな意味か?」を知りたいときに検索する時の意図です。この意図を読み解き、満たすことが出来れば相当な数の訪問者数を自社サイトに呼び込むことが可能になります。このメジャーな検索意図の意味、読み解き方を詳しく解説します。

7大検索意図を満たす記事は上位表示する!

【316】 コンテンツのプロモーション(50)効果測定(15)

検索意図、つまり検索ユーザーが検索して求めているWebページにはどのようなパターンがあるのかを1つ1つ調査するのには膨大な時間がかかります。講師の鈴木将司が長年研究し検索意図にはどのような種類があるのかをズバリつきとめました。それが7大検索意図です。実際にGoogleで上位表示しているWebページはこの7つの検索意図のうちいずれか1つを満たしています。逆に上位表示していないWebページはこれらのどの意図も満たしていないページだったり、複数の意図を同時に中途半端に満たそうというものです。7大検索意図とは何かを詳しく解説します。

検索意図の意味を徹底解説

【315】 コンテンツのプロモーション(49)効果測定(14)

今のSEOで成功するにはユーザーの検索意図は何か、そしてそれを満たすためのコンテンツづくりが必須です。そのためには先ず検索意図に詳しくなる必要があります。今回の動画ではズバリ検索意図とは何か、検索意図の7つの種類である「7大検索意図」を徹底解説します。この動画を見れば、これまで難解だった検索意図とは何かが見えてくるはずです。

初心者のニーズを満たすコンテンツ

【314】 コンテンツのプロモーション(48)効果測定(13)

単にサイトにコンテンツを増やしても上位表示は困難です。何故なら検索ユーザーの圧倒的多数が特定のジャンルのことについて知識が無いから初心者でもわかる初心者のニーズを満たすコンテンツを探しているからです。今回の講座ではまさにこの「初心者のニーズを満たすコンテンツ」の考え方、具体的な作り方を解説します。

ニーズの高いコンテンツにはパターンがある!

【313】 コンテンツのプロモーション(47)効果測定(12)

サイト訪問者数を増やすには答えは1つしかありません。表面的なSEOテクニックを使うだけでは限界があります。SNSをいくら上手に使えても人気のある記事が書けなければ何の意味もありません。ではどうすれば良いのか?それはニーズの高いコンテンツにはパターンを知ることです。講師の鈴木将司が研究調査した結果ニーズの高いコンテンツにはいくつかのパターンがあることがわかりました。それをズバリ解説します。

サイト訪問者数を増やすにはニーズのある記事を増やせ!

【312】 コンテンツのプロモーション(46)効果測定(11)

Googleアナリティクスを見ることによりサイト訪問者数の過去の伸びがわかります。この部分の細かいデータを見ながら人気ページと不人気ページの違いを分析します。そこから見えてくるのは、どのようなコンテンツが人気があるかです。今回の動画では、Googleアナリティクスを見ながらニーズのあるコンテンツが多数ある人気サイトの作り方を探ります。

プロジェクトの効果測定

【311】 コンテンツのプロモーション(45)効果測定(10)

コンテンツマーケティングのプロジェクトの効果測定は(1)サイト訪問者数(2)各記事のページビュー(3)フォーム入力をした人の数(4)新規購読者の増加(5)メールの開封率とリンクのクリック数(6)見込み客の増加数(7) 収益の増加 の7つのポイントがあります。これら1つ1つを検証し、自社サイトのコンテンツ改善、アクセス数増加への道を探ります。

良質なコンテンツを作ることにより集まる自然なリンクとは?

【278】 コンテンツのプロモーション(12)ブログからのリンク(6)

Googleが求めるのは、良質なコンテンツを作ることにより自然に他のサイトからのリンクを集めることです。実際にそのようなことが可能なのか?今回は、その良質なコンテンツを作ることにより集まる自然なリンクの実例を複数のサイトの被リンク元を分析することで追跡します。そして、具体的に何をどのようにすればそうしたGoogleに高く評価されるリンク対策を実施出来るのかを解説します。

プライベートブログネットワークとは?

【277】 コンテンツのプロモーション(11)ブログからのリンク(5)

Googleの技術が進化するにつれて今日ではブラックなSEOは通用しなくなってきました。しかし、SEOのグレーゾーンなテクニックとしてPBN(プライベートブログネットワーク)というものがあります。このやり方は外部サイトからのリンクを集めづらい業界、どうしても人にリンクしてもらいたいけどリンクをしてもらえないという業界の人達が実践している被リンク獲得テクニックです。今回の動画ではプライベートブログネットワークとは何かを解説します。

業界ニュースの解説

【276】 コンテンツのプロモーション(10)ブログからのリンク(4)

ヒットするブログ記事を書くためのもう1つのネタは「業界ニュースの解説」です。法律の改正。消費税が上がるだとか、建築法が改正される等どの業界でも新しい動きというのがあるはずです。つい最近2018年5月17日にも重要なニュースがありました。それは医療業界の規制が厳しくなるというニュースです。今回の動画では、この医療業界の規制が厳しくなるというニュースをブログで記事化して、それがどれほどヒットしたのかをアクセス解析ログを見ながら検証します。

調査結果の発表と調査結果の感想

【275】 コンテンツのプロモーション(9)ブログからのリンク(3)

ブログに書くネタとしてアクセスが増えやすく、色々な人から自然なリンクを張ってもらえそうなブログの記事のネタはないのか?あります。その1つが調査結果の発表記事というネタです。調査結果には色々なパターンがありますが、よくあるのが大手企業抱えるユーザーへのアンケート調査です。クレジットカード会社や、たくさんのユーザーがいる無料アプリ提供企業などが独自にアンケート調査をしてその結果をブログで発表するというものです。こうした独自性が高い一次情報の作り方、それを使った被リンク獲得の方法を解説します。

ドメイン内ブログの運用方法

【274】 コンテンツのプロモーション(8)ブログからのリンク(2)

ブログを使ってSEO効果を上げる方法の1つが、自社サイトにブログを設置するという方法です。しかし、やり方を間違えると上位表示するどころか、逆効果になり検索順位が下がる原因になります。今回の動画では、実際にブログを設置して更新すればするほど順位が下がってしまった事例、そしてその原因に気づきやり方を変えて無事上位表示に貢献するブログ運営を実現した会員さんのブログを紹介します。そこからSEO効果を上げるためのドメイン内ブログの正しい運用方法を導き出します。

無料ブログと独自ドメインブログの違い

【273】 コンテンツのプロモーション(7)ブログからのリンク(1)

ブログからのリンク。どんなに素晴らしいコンテンツを作ったとしても、その存在を世の中の人達に知ってもらうにはコンテンツのプロモーションをする必要があります。今回はブログからのリンクを増やし、より多くの人達に自社サイトのコンテンツを知ってもらう方法を解説します。一概にブログからのリンクと言っても、ブログにはライブドアブログやアメブロのような無料で使える無料ブログと、独自ドメインを取得してワードプレスなどで開く独自ドメインブログの2種類があります。

動画そのものをGoogleの検索結果に上位表示するためにすべき重要ポイント

【263】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(9)動画のSEO(1)動画をGoogleで上位表示させる方法

動画のSEOには2つの意味があります。今回は動画ではその1つ目の意味である「動画そのものをGoogleで上位表示する」という集客方法について解説します。講師の鈴木将司が実際にいくつかのテーマの動画をYouTubeにアップしてどのようなことをしてGoogleの検索結果上位に表示させることが出来たのか具体例を紹介します。重要なポイントである動画の長さ、タイトルの書き方、紹介文などの書き方も詳しく解説します。

押しの一言・適切なCTAが成約率を押し上げる!

【252】 コンテンツ制作(35)モバイル版セールスページの作り方(10)

今回のモバイル版セールスページの重要ポイントの1つ目は「最後の押しの一言」です。縦長のモバイル版ページにはたくさんの情報要素が詰め込まれていますが、情報要素が多ければ多いほど売り手側の気持ちが伝わらなかったり、売り手側の誠意が伝わりにくくなります。2つ目の重要ポイントはCall to Action(コールトューアクション)、CTAという情報要素です。昔のWebサイトにあるお申込みフォームの一番下には「送信」ボタンがありました。単に「送信」と書くのではなく、ユーザーが起こすアクションをなるべく分かりやすい言葉で表現するのがCTAという概念です。

成功までの流れ・まとめで記憶を強化

【251】 コンテンツ制作(34)モバイル版セールスページの作り方(9)

今回解説する1つ目のポイントは「成功までの流れ」についてです。この情報を載せることによって成約率が上がるということが各種調査によって明らかになりました。2つ目のポイントは「まとめ」をモバイルページの下の方に載せるということです。モバイル版サイトの場合は特に画面の幅が狭いので、色々なことを全部書こうとするランディングページが、どうしても長くなってしまいます。そうすると、ランディングページを読んでいる人は、上から下へスクロールしながら読んでいくうちにページの前半で見たことや読んだことを忘れる恐れが生じます。これを防止するのにはどうしたら良いのかを実際のモバイルサイトの例を見ながら解説します。

易しさ・結果を見せて成約率を上げる!

【250】 コンテンツ制作(33)モバイル版セールスページの作り方(8)

易しさの意味は「簡単に出来る」という意味です。簡単に出来るということを示すことにより成約率を上げる方法を解説します。2つ目のポイントは、商品やサービスを購入することにより結果が出るということを色々な形で示す方法です。このビデオではペットフードを売る時、治療院の患者を集める時など複数の業界の事例を探ります。美容健康の業界では特に薬機法(旧薬事法)の問題を避ける必要があります。そしてどのような業界でも不正競争防止法などの規制があります。これらの規制をクリアしながら成約率を上げる方法を考えます。

ユーザーが望むのは保証とスピードだ!

【249】 コンテンツ制作(32)モバイル版セールスページの作り方(7)

誰でも知らないお店、知らない会社のサイトで申込みをしようとする時には不安感を抱きます。その不安感を払拭するには成果が上がらなかったら返金する、あるいは成功するまではお手伝いしますというような保証をつけることが効果的です。このビデオの前半ではこの保証についての複数の事例を見ていきます。そして後半はユーザーが求めるもう一つの要素であるスピードについてです。現代人は費用と時間、つまりスピードを天秤にかけて購入するかどうかを判断します。購入の判断を後押しするにはどうした良いのかを解説します。

推薦の声・受賞歴・実績をモバイル版サイトに載せる方法とSEO上の注意点

【248】 コンテンツ制作(31)モバイル版セールスページの作り方(6)

モバイル版サイトの信用を高めて成約率アップになる為の情報アイテム「推薦の声・受賞歴・実績」の掲載方法を解説します。 最初に、弁護士事務所、税理士事務所等の士業サイト、整体・整骨院等の健康関連サイトでよく見かける推薦の声の集め方、見せ方を、その後は、上位表示にマイナスにならないような適切な受賞歴・実績の掲載方法を複数のモバイルサイトの事例をお見せしながら詳しく解説します。

証言と成功事例の成約率アップ効果

【247】 コンテンツ制作(30)モバイル版セールスページの作り方(5)

モバイル版サイトの成約率を上げるにはスマートフォンの小さな画面に成約率を高める情報アイテムを掲載することです。情報アイテムの中でも成約率に響くものが証言と成功事例です。証言というには、米国では「テスティモニアル」と言われるもので、裁判では証人による証言の事です。ビジネスの世界では顧客が実体験に基づいた感想を意味します。そしてもう一つの成功事例は正しく掲載すると成約率を上げるだけではなくGoogle上位表示に貢献します。今回のビデオではこれら2つの重要情報アイテムの効果的な活用方法と事例を紹介します。

セールスページの画像はどのように見せたら良いのか?

【246】 コンテンツ制作(29)モバイル版セールスページの作り方(4)

前回までは、文章構造、提示する情報の順番などを解説してきましたが、今回は画像について考えます。モバイルサイトだから画像は少ないほうが良いのか?世の中で人気のあるインスタグラム、メルカリなど等のWebサービス、特にモバイル向けサービスはむしろ画像ばかりのページです。しかし上位表示をするにはテキストも増やさなくてはなりません。そうした制約がある中、画像をどのように処理したら良いのかを事例を見ながら詳しく解説します。

顧客目線でのメリットの書き方、モバイルサイトの文字の処理方法は?

【245】 コンテンツ制作(28)モバイル版セールスページの作り方(3)

前回までは購買イメージが湧くビジュアルと、とっておきのキャッチフレーズ、対象の明確化を紹介してきました。今回は、顧客目線でのメリットの箇条書きの重要性とその作り方を解説します。単なる商品の機能やサービスの特長をいくら書き並べても成約率は決して上がりません。誰でも簡単に顧客目線のメリットを書く方法を提案します。その他、セールスページ本文の主語は誰にしなくてはならないのか、モバイル版サイトでは横何文字まで書けるのか、フォントの使い方、色などディテールについて解説します。

見込み客の心を掴むキャッチフレーズの書き方

【244】 コンテンツ制作(27)モバイル版セールスページの作り方(2)

前回に続いて成約率の高いモバイル版セールスページの作るために、プロセス型イメージ画像と結果型イメージ画像の使い分けを解説。その他見込み客の心を掴むキャッチフレーズの良い例を紹介します。そして成約率をさらに上げるために「対象の明確化」、つまり「こんな方へ・・・」という項目の効果とその書き方の解説、何故大手企業のサイトは参考にならないのか等、成約率の高いセールスページの作り方をさらに追求します。

成約率の高いモバイル版セールスページの作り方

【243】 コンテンツ制作(26)モバイル版セールスページの作り方(1)

モバイルサイトの成約率を上げる第一歩は、ページの一番上に購買イメージが湧くようなビジュアルを載せて、そこに見込み客響く、キャッチフレーズ、買いたくなるようなキャッチフレーズを書くことです。プロセス型イメージ画像と結果型イメージ画像はどちらがどのような業種で効果があるのか?キャッチフレーズはどう書くのか?モバイルサイトの成約率を上げるためのコツを英会話業界、家事代行業界、求人業界などのサイトを例に詳しく解説します。

商品比較を効果的に実施すればサイトの成約率が上がる!

【242】 コンテンツ制作(25)商品紹介ページの作り込み(5)

検索順位を上げるため、成約率を上げるためにどのような情報要素をセールスページに追加すれば良いのか?海外SEOカンファレンスで学んだことを紹介します。商品の比較をセールスページ内でする意味、あからさまな商品比較をしにくい日本ではどのように実施出来るのか、有名サイトを実例に解説します。比較の仕方だけではなく、比較すベき項目の選び方等実務レベルに落とし込み詳しく解説します。

説得力を高めるライティングと動画の効果的な掲載方法

【241】 コンテンツ制作(24)商品紹介ページの作り込み(4)

これまでセールスページのメタディスクリプション、タイトルタグ、ALT等技術的な解説をしてきましたが、今回はそのセールスコンテンツを見たユーザーがどう感じるか、信頼してくれるかどうかということを考えて作り込む方法を解説します。統計、数値をWebページ上に出すことによりただ単に自分の主張を述べる主観的なコンテンツではなく、事実に基づいた客観的なコンテンツに高める方法を解説します。その他動画の正しい掲載方法についても提案します。

セールスページの本文を最適化するには?

【240】 コンテンツ制作(23)商品紹介ページの作り込み(3)

前回に続いてセールスページの作り込み方法を解説します。文中にキーワードを何回書くのか、画像のALTはどうすれば良いのか、Webフォントの有効性と使い方、モバイル環境で見た時はどうなのか、Google上位表示のためにサイト内部にどのようにキーワードを書き込んでいくのかを講師の鈴木が1か月ほど前にリニューアルした実際のWebページを見せながら初心者にも分かりやすく詳しく解説します。

セールスページの作り込み実例

【239】 コンテンツ制作(22)商品紹介ページの作り込み(2)

今回はいよいよセールスページの作り込みを具体的に紹介します。講師の鈴木が1か月ほど前にリニューアルした実際のWebページのどこをどのような意図で作り込んだかを解説します。 無料お役立ちコンテンツのWebページだけではなく、セールスページにもタイトルとメタディスクリプション、本文を最適化しなくてはなりません。セールスページにどのような内部施策をすべきか、現実的な対策を述べます。

無料コンテンツページから売上に直結する商品ページへの導線構築

【238】 コンテンツ制作(21)商品紹介ページの作り込み(1)

これまでコンテンツマーケティングをする上で、どうすれば見込み客を集客できるか、つまり無料コンテンツの作り方をずっとご提案してきました。今回からは無料コンテンツで集客した人たちをどのようにすれば本当の顧客、つまりお金を使ってくれる顧客に転換出来るか、その流れと具体的な方法「商品紹介ページの作り込み」を解説します。

文字だけ増やしてもブログは何の役にも立たない

【237】 コンテンツ制作(20)ブログ(3)

今回は、人気ブログの作り方の最終回。ビジュアルでの差別化、オリジナル画像の重要性というビジュアルコンテンツマーケティングの意味。質の高いブログ記事の書き方、現代のWebにおけるブログの位置づけ、ページ上での効果的なプレゼンテーションの方法等、実際にブログ記事を書く時に役立つ人気ブログの作り方を詳しく解説します。

人気ブログを作る方法

【236】 コンテンツ制作(19)ブログ(2)

人気ブログを作るコツは、「ブログは語るのではなく、見せるようにする」という考え方です。リンクを張りたくなるような記事をアップすることが重要。リンクを張りたくなるようなページには:1.気づき、2.学び、3.娯楽、癒やし、そして 4.感動のいずれかが必要です。ブログ記事内では売り込みは厳禁・・・等、人気記事を書くためのコツを解説者の鈴木将司が複数の事例を見せながら詳しく解説します。

ブログはコンテンツマーケティングの主役

【235】 コンテンツ制作(18)ブログ(1)

今回はコンテンツ制作のネタの最後のパートです。テーマは「ブログ」です。今の時代、何といてもブログが企業サイトのコンテンツマーケティングの主役です。通常のウェブページを作ろうとしても時間や費用がたくさんかかることがありますが、ブログなら、思い立った時に社内の誰かがブログの管理画面にログインして記事をサクサクと書いてボタンをおすすだけで記事ページをサイトにアップできます。このビデオではどうすれば企業サイト内にブログを設置して集客に役立てるのかというのを、具体的に解説します。

超ユニークな動画を作って集客する方法

【234】 コンテンツ制作(17)変わった動画(ビハインドザシーン、製品デモ、娯楽)

今回のコンテンツ制作の提案は「変わった動画を撮ろう」というものです。企業が撮る動画というのは、マンネリになりがちです。単なる製品の紹介とか、製品を作った人の取材動画とか、企業のCM動画等が星の数ほどあります。しかしそんなありきたりの動画では口コミが起きたり色々な人に視聴者がシェアをするという情報の拡散は見込めません。この壁を打破するネタを解説者の鈴木将司が実際の動画をたくさん見せながら解説します。

専門家へのインタビューという無限に増やせるコンテンツ

【233】 コンテンツ制作(16)専門家へのインタビュー

今回のテーマは特定の分野の専門家へのインタビューです。専門家へのインタビューというのは、人気コンテンツになることがあります。人気コンテンツを作りたいと思うのですが、一つの限界が自分の事とか、自分の商品の事とか、自分の会社の事だけを書いていると、コンテンツのネタにいきづまることがあります。しかし、専門家へのインタビューというコンテンツはインタビュー先を無限に増やすことが出来るので特定の分野の役立つ方法を効率的効果的に増やすことが可能です。

リソースページを作って見込み客を集客する方法

【232】 コンテンツ制作(15)リソースページ

今回のコンテンツマーケティングのネタは、リソースページです。リソースとは「資料」という意味です。何かを始めようとしたときに基礎的な知識を無料で得られる資料を、昔のように書店に出向いて本を買いに行くのではなく、Googleで探そいうという人が増えています。その時に自社サイトに予めアップしているリソースページがGoogle検索にかかればたくさんの見込み客を集客することが可能になります。

ユーザーに支持されるレビューの集め方、比較サイトの作り方

【231】 コンテンツ制作(14)比較とレビュー

比較とレビューというコンテンツマーケティングのネタを解説します。世間を探せている偽のレビュー、ステルスマーケティングでは長期的な成功は望めません。偽のレビューと本物のレビューの違い、ユーザーが納得するレビューの集め方を解説します。他にも、比較サイトとは何か、どういう比較サイトがユーザーの支持を得ることが出来るのかを解説者の鈴木将司が国内の実例を複数見せながら詳しく解説します。

コンテストを開催すると生じるSEO上のメリット

【230】 コンテンツ制作(13)コンテスト

数あるコンテンツマーケティングのネタの中でもアクセスを増やしやすいものの1つに「コンテスト」というコンテンツがあります。コンテストをサイト上で開催することにより、SEO上多くのメリットが生まれます。解説者の鈴木将司が国内でのコンテストの運用事例を紹介して、自社独自のコンテストの発想方法、コンテストの告知方法などコンテスト開催の全体の流れを解説します。

画像で読者を魅了するインフォグラフィックとビジュアルエイド

【229】 コンテンツ制作(12)インフォグラフィックとビジュアルエイド

ビジュアルエイドというものはコンテンツマーケティングを実施する上で重要な概念です。コンテンツというと直感的にWebページ内のテキスト、つまり文字だけと思いがちですが、ユーザーとしてはWebページを見たときに文字しか書いていないと興味がわきにくいものです。そこで重要なのが読者の興味を引いて理解度を増加させるビジュアルエイドです。そしてもう一つの効果的なコンテンツのネタとして「インフォグラフィック」とは何か、具体例を紹介します。

企業サイトの人気コンテンツ「ケーススタディー」とは?

【228】 コンテンツ制作(11)事例紹介(ケーススタディ)

今回のコンテンツマーケティングのコンテンツのネタは、「ケーススタディ」というものです。日本語に直訳すると事例紹介というコンテンツです。企業サイトの中でどんなページが人気あるのかを長年研究していると人気のあるページは1.トップページ、2.ブログ、3.事例紹介(ケーススタディー)、4.会社案内 であることがわかります。何故ケーススタディーは人気があるのかを考え、実際に成果を上げている全日本SEO協会会員企業のサイトと大手企業のサイトを紹介します。

メールマガジンのバックナンバーの活用方法

【227】 コンテンツ制作(10)メールマガジンのページ化

メールマガジンを配信するだけではなく、そのバックナンバーページを作ることが自社サイトのSEOを強化します。このビデオでは、自社サイトのコンテンツを充実させてSEO的に強いサイトにするための方法と、成果を上げている実際のメールマガジンのバックナンバーページをアクセス解析ログという成果がわかるデータを見ながら解説します。このビデオを見ればただ単にバックナンバーページをサイトにアップするのではなく、SEO効果を出すためのアップの仕方が学べます。

嫌われるメールマガジン、好かれるメールマガジンの分かれ道とは?

【226】 コンテンツ制作(9)メールマガジンの発展形態

メールマガジンでコンテンツを配信して成約率を上げるための具体例を楽天、ソニー、アマゾン、ディノスなど国内でおなじみの企業の例を用いて解説者の鈴木将司が解説します。この動画を見れば今のネットユーザーに受け入れられやすいメールマガジンの配信方法が見えてくれるはずです。その他今話題のMA(Marketing Automation)とは何か、その活用例を解説します。

メールマガジンの効果は無くなったのか?

【225】 コンテンツ制作(8)メールマガジンの重要性

総務省が発表した「平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によると「メールを読む・書く」時間は大きく減少して「ソーシャルメディアを見る・書く」及び「オンラインゲーム・ソーシャルゲームをする」が増加傾向にあることがわかりました。一見この統計を見るとメールマガジンはもはや集客の役に立たないメディアだと感じるかもしれませんが、それでもメールマガジン読者を確保出来ている企業の売上は成長しています。問題は「読んでもらえるメールマガジンを配信する」ことが出来るかどうかです。この動画ではズバリその革新的な部分を追求します。

オンラインクイズという究極の人気コンテンツを作ろう!

【224】 コンテンツ制作(7)オンラインクイズ

クイズというと通常テレビ番組などでよく見かけるコンテンツです。テレビにはバラエティー番組とか、ドキュメント、ドラマ等いろいろありますが、いつの時代も人気のジャンルの1つがクイズです。これをインターネット上で実現出来ればかなり集客力の高いコンテンツマーケティングを仕掛けることが可能になります。すでにこの情報をいち早くキャッチした全日本SEO協会の会員企業がオンラインクイズでコンテンツマーケティングを初めて成果をあげつつあります。このビデオではオンラインクイズという究極の人気コンテンツの作り方と成功事例を紹介します。

コミュニティーフォーラムには良質なコンテンツと被リンクが自然に増えていく

【223】 コンテンツ制作(6)コミュニティーフォーラム

昔からウェブの世界では特定の事に関心のあるネットユーザーが集うコミュニティーを作ろうという機運があります。そうしたものを海外ではフォーラムと呼んでいます。このコンテンツの一番優れた点は、運営者側としてはコミュニティーというプラットフォーム、つまり仕組みを作るだけで自然とユーザーが集まり彼らがコンテンツを投稿し、ページが増えていくという点です。しかもそうしたコンテンツの蓄積が一定のレベルに達すると自然に良質な被リンクが増えてくるというメリットも生じます。解説者の鈴木将司が国内のコミュニティーフォーラム成功例の数々を紹介します。

ウェブキャスト・ウェビナーで見込み客を獲得する方法

【222】 コンテンツ制作(5)ウェブキャスト・ウェビナー

今回のコンテンツマーケティングのネタはウェビナー、ウェブキャストについてです。ウェブキャスト、ウェビナーというのは、ウェブとセミナーを組み合わせた造語で、インターネット上で行われるウェブカンファレンス。1方向だけの情報伝達のものがウェブキャストです。ウェビナーは、実施者と参加者の2方向で対話できるウェブカンファレンスのことをいいます。実際のウェブキャスト・ウェビナーの事例を見ながらその活用方法を探ります。

ホワイトペーパーというコンテンツ配布方法

【221】 コンテンツ制作(4)ホワイトペーパー

今回のビデオでは、コンテンツ制作のパターンの1つとして「ホワイトペーパー」について解説します。ホワイトペーパーとは直訳すると「白書」のことを言いますがコンテンツマーケティングにおいての意味は、サイト訪問者がWebページではなくて、PDFファイルなどにまとめたお役立ち情報をダウンロードすることにより取得出来るという、いわばプレゼントのようなものです。ヒューレーパッカード社など複数の事例を紹介します。

インタビューというコンテンツの作り方

【220】 コンテンツ制作(3)インタビュー

コンテンツマーケティングのプロセスの中のコンテンツ制作、実際にどんなコンテンツを制作したら良いのか分からなくなることがあります。そんな時におすすめのネタがあります。それは「インタビュー」です。インタビューとは、通常のWebコンテンツは作り手が自分たちのことを発表するという形がほとんどですが、作り手が誰か第三者に取材をして、そのやりとりをコンテンツ化して、Webページに掲載するというパターンです。このビデオではインタビューというコンテンツの作り方について成功事例を見せながら詳しく解説します。

電子書籍・キュレーション・ポッドキャストでコンテンツを配布するには?

【219】 コンテンツ制作(2)電子書籍・キュレーション・ポッドキャスト

Webサイトによるコンテンツ配布は年々競争が激しくなってきています。しかし少し視点を変えてみるとWebサイト以外にも様々なコンテンツマーケティングの実施方法が見つかります。アマゾンのKindle、楽天のKobo等の電子書籍販売プラットフォームを活用したコンテンツ配布の具体例を紹介します。その次はキュレーションという手法でコンテンツを制作する方法、最後はポッドキャストによるコンテンツ配布を紹介します。

コンテンツ制作のカレンダーとコンテンツ配布手段としてのブログ

【218】 コンテンツ制作(1)カレンダー作りとブログ

これまでコンテンツマーケティングの戦略立案、アイデア探しという2つのステップを解説してきました。今回からは3つ目のステップの「コンテンツのコンテンツ制作:Content Criation」について解説します。中長期的な計画を立てるにはコンテンツ制作のカレンダーが役立ちます。コンテンツ制作のカレンダーの具体的な方法を解説します。その他、コンテンツの提供方法としてのブログの活用方法を事例を見ながら学べます。

アイデアの記録と使えるアイデアの選び方

【217】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(7)アイデアの記録と選定基準

これまでコンテンツマーケティングのアイデア探しの方法を解説してきましたが。アイデアを出しっぱなしにするのではなく、それらをどう管理して、使い物になるようにするのかを知ることが必要です。いくつかのアイデアが出たらそれらの記録の方法と、使えるアイデアをセレクトする必要があります。このビデオではその方法を解説します。

顧客ニーズを知るためには質問サイトと過去メールの文面を読め!

【216】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(6)質問サイト・過去メール等

Googleキーワードプランナー、Googleキーワードサジェスト、Googleの検索結果ページに出て来る単語などを拾う、YouTubeのキーワードツールを使うとニーズの高いコンテンツを見つけることが可能です。今回の動画ではその他の有力な方法として教えてgoo、ヤフー知恵袋など質問サイトで調べる方法とこれまでサイトに設置したお問合せフォームから受信した見込み客からの過去のメールを読み返すという方法があります。解説者の鈴木将司がこれらの有益性と実施方法を様々な事例を用いて詳しく紹介します。

YouTubeキーワードサジェストの使い方

【215】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(5)新しいYouTube SEOテクニック

コンテンツマーケティングのアイデア探、3つ目は、検索結果ページを読んでそこから状況を掴む方法と、YouTubeキーワードサジェストについてです。 検索結果ページを読んでそこから状況を掴む方法というのは、まず自分が売りたいものを表すキーワードでGoogle検索するというシンプルな方法です。そこから取るべき対策が見えてきます。YouTubeキーワードサジェストという目標キーワードを探す便利なツールがあります。このツールを使うとどのような情報がYouTubeユーザーに求められているかを知ることが出来ます。

キーワードサジェストを使ったアイデア探し

【214】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(4)キーワードサジェスト

キーワードサジェストを使ったコンテンツマーケティングのアイデア探しを紹介します。キーワードサジェストというのはGoogleのキーワード入力欄にユーザーが何かキーワードを入力すると自動的に表示される複合キーワードのことです。これはそのユーザーがもしかして知りたい本当のキーワードではないかとGoogleのコンピューターが予測して提案するというものです。この重要データの取得方法、見方を詳しく解説します。

Googleキーワードプランナーを使ったアイデア探し

【213】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(3)Googleキーワードプランナー

今回のアイデア探しの手法はGoogleキーワードプランナーを使ったキーワード調査です。どんなキーワードがGoogleなどで検索されているか、その検索の需要から、みんなの知りたがっている情報を判断するというベーシックな手法を紹介します。Googleアドワーズサイトのログインから、キーワード探しの方法をステップバイステップで解説します。ダウンロードしたデータを並べ替える方法、データから実際に狙うべきキーワードの見つけ方などコンテンツマーケティング、SEOを成功させるための必須知識を詳しく解説します。

このネタでコンテンツを作れば成約率は上がる

【212】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(2)初心者が知りたがるポイント後編

~の意味、~とは、デメリットお金のこと、~の仕組み、(対局にあるもの)との違い・・・等が見込み客が知りたいコンテンツ。ズバリ、ニーズの高いコンテンツ例を解説します。Googleで上位表示しやすく、成約率を高めるコンテンツはどうやって作るのか?様々な業界、キーワードの事例を用いて解説者の鈴木将司がすぐに使えるテクニックを提案します。

購入に必要な情報を提供すれば成約率は上がる

【211】 コンテンツマーケティングのアイデア探し(1)初心者が知りたがるポイント前編

コンテンツマーケティング成功8つのステップの2つ目は「アイディア探し:Ideation」です。アイデア探しで重要な点が、見込み客は購買に必要な情報を収集しようとしている事を知ること。サイト訪問者は何故自社サイトで買ってくれないのか?その1つの原因は、選び方が分からないからです。こうしたニーズを満たすためにはストレートに「〜の選び方」というコンテンツを作ることです。こうしたシンプルな発想法で検索ユーザーが探しているコンテンツを予測する方法を解説します。

効果測定の戦略

【210】 コンテンツマーケティング戦略立案(5)

コンテンツマーケティング戦略立案最後の重要ポイント効果測定の戦略について解説します。何をもって効果があったかを判断するのか?アクセス数が増えかなのか、ダウンロード数が増えたか、ユーザーエンゲージメントが増えたなのか?エンゲージメントというのは、ユーザーが持つそのサイトへの愛着のことを。ユーザーエンゲージメントはどのように数値化されるのか等、現代のサイト管理者が知るべき用語を分かりやすく解説します。

コンテンツを配布する手段と収益化の流れ

【209】 コンテンツマーケティング戦略立案(4)

自社サイト、RSSフィード、ソーシャルメディア、ニュースフィード、画像共有サイト、動画共有サイト、などコンテンツを配布する手段はたくさんあることを講師のアーニー・グエン氏が解説。さらに、コンテンツを無料で配布しながら実施するべきリターゲティング広告の出し方、国内での具体例を解説者の鈴木将司が紹介します。この動画を見ればコンテンツの無料配布から収益化するまでの流れが見えてきます。

誰がコンテンツを作るのか?

【208】 コンテンツマーケティング戦略立案(3)

誰がコンテンツを作るのか?コンテンツマーケティングをしたいのだけど、自分達は忙しいから他人に任せたいというのは駄目。ユーザーがコンテンツに求めるものは「プロにしか書けないコンテンツ」。時間がなければちょっとした工夫をするだけで高品質なコンテンツを大量に制作することが出来ます。①必要なスキルは?②社員でもできるか?等コンテンツ制作の体制について解説します。

コンテンツマーケティングを実施する5つの目的

【207】 コンテンツマーケティング戦略立案(2)

何のために今回コンテンツを作るのか?その目的を明確にすること。目的の1つは「リード獲得」(キッカケづくり)。「リード獲得」の具体例を解説します。2つ目の目的は「収益を増やす」。これを怠るとコンテンツマーケティングは単なる慈善活動になり企業の売上に何も貢献しなくなります。3つ目は「顧客維持」、4つ目は「業界内でのリーダーシップの獲得」そして最後が「新規市場の開拓」。目的を明確にしてコンテンツマーケティングをスタートさせることを講師のアーニー・グエン氏が力説します。

コンテンツマーケティングには戦略が必要

【206】 コンテンツマーケティング戦略立案(1)

コンテンツマーケティング成功8つのステップの概略を解説。8つのステップとは、戦略の立案:StrategyDevelopment、アイディア探し:Ideation、コンテンツ制作(Content Creation)、最適化:Optimization、プロモーション(Promotion) 、ディストリビューション(Distribution)、リード育成(Lead Nurture)、効果測定:Measurement。第一ステップの戦略立案から解説をスタートします。

コンテンツマーケティングの成果はいつ出るのか?

【205】 コンテンツマーケティングの現実

アーニー・グエン氏による「コンテンツマーケティング成功8つのステップ」の解説動画。見込み客を獲得するきっかけ作りのためにコンテンツを低価格又は無料で提供し、その後連絡を絶やさずメールや、ソーシャルメディアで情報を配信し、ユーザーが購買ニーズを感じた時に自社商品を購入してもらう一連の活動をコンテンツマーケティングと呼びます。コンテンツマーケティングとSEOの関連性、そして今何故コンテンツマーケティングが必要なのかを解説します。

コンテンツマーケティング成功8つのステップ

【204】 米国最新コンテンツマーケティング

ロスアンゼルスで開かれたデジタルサミットのワークショップ「コンテンツマーケティング成功8つのステップ」。コンテンツマーケティング成功のために、どんなことをすればいいのか、8つのステップを詳しく解説します。講師はこの分野で高い実績を持つアーニー・グエン氏。全米のトップシティーで開催されるデジタルサミットで人気の非常に説明の上手い講師がステップバイステップで即実践可能なコンテンツマーケティングの実施方法を徹底解説します。

モバイル時代に必要な考え方

【198】 UXとは?その重要性と実践方法(3)

モバイルユーザーを魅了するにはパーソナリティが大事。ユニークなものではないとユーザーに選ばれない、記憶に残らない。。。enpahty(エンパシー)=共感の重要性、 ゲームのようなコンテンツの旅を提供する(カスタマイズジャーニー)、持続する現実的なコンテンツ作成のアプローチとは、等ユーザーエクスペリエンス・UXデザイナーのクリフ・シール氏が今後のモバイル時代に必要な考え方を提案します。

総合サイトと専門サイト/専門サイトのメリットとデメリット

【175】 SEO初級講座(20)企画・人気要素(6)

今回はサイトテーマについて解説します。サイトテーマとは何か?どのようなサイトテーマだと上位表示しやすいのか?複数の実例を見せながら講師の鈴木将司が解説します。このビデオを見ればサイトテーマを考える際の二つの戦略とは何か?大企業に負けないために中小企業、零細企業、個人はどのような戦略を取るべきか?専門サイト必勝の法則、被リンク元獲得を有利にするためには?等SEOを有利に進めるための具体的なテクニックを知ることが出来ます。《SEO検定4級レベル》

アルゴリズムは物を買わない

【143】 SMX New York(8)コンテンツとブランド(3)

ウイル・レイノルズ氏によるコンテンツとブランドについての最終回です。ミシュランガイドは何故支持されるのか、アルゴリズムが商品を買うのではなくて、人間が商品を買う、どんな人間が商品を買うのかを理解するのが、マーケテイングだという検索エンジンマーケティングの本質を説きます。

デスティネーションになればブランディングは成功する

【142】 SMX New York(7)コンテンツとブランド(2)

前回に引き続き、ウイル・レイノルズ氏によるコンテンツとブランドをテーマにした講義の解説です。人は何故Amazonでばかり物を買うのか、デスティネーション(destination)になることの重要性、そうなるにはどうすれば良いのかを解説します。

マーケティング思考でコンテンツを発想しろ!

【141】 SMX New York(6)コンテンツとブランド(1)

今日からはコンテンツとブランドについての解説です。SEOカンファレンスにSEOのプロが結集します。しかし、SEOのことばかりを考えているとWeb集客の成功という大局を失うということがあります。 Web集客を成功させるためにはコンテンツとブランドの関係を知る必要があります。キーワードツールで見つけたキーワードをコンテンツ化するだけではユーザーニーズを満たすことは出来ません。講師のウイル・レイノルズ氏がマーケティング思考の重要性を説きます。

コンテンツマーケティング戦争が始まった

【137】 SMX New York(2)概要 コンテンツマーケティング

SEOのトレンドは、「コンテンツマーケティング」であり、すでに世界的に浸透してきています。しかしコンテンツマーケティングで成果を上げることは生易しいものではありません。コンテンツマーケティングがブームになった理由は、ネット広告費の高騰と費用対効果の悪化です。費用対効果の低い広告費を出すくらいなら、自社所有のコンテンツに投資した方が良いということに大きくの企業が気づきました。今回の講義では米国のSEO業界での有力者であるエリック・エンゲ氏がコンテンツマーケティング戦争に勝ち抜くための方法を提案します。

パーソナライゼーションとアプリ活用

【104】 Conversion Conference(4)コンテンツ発展4段階説(2)

前回に引き続きコンバー、ジョンカンファレンス2014基調講演スピーカーのスコット・ブリンカー氏のコンテンツ発展4段階説をご紹介します。ユーザビリティーを極限まで向上させるパーソナライゼーションの意味と実施事例、モバイル時代の新兵器マーケティングアップスの重要性を分かりやすく解説します。この動画を見ればコンテンツマーケティングの未来、Web制作の将来の方向性が分かります。

ランディングページだけをいじっても成約率アップには限界がある!

【103】 Conversion Conference(3)コンテンツ発展4段階説(1)

今や、世界のWebマーケティング業界で有名人になったスコット・ブリンカー氏の基調講演の紹介です。 ランディングページだけをいくらいじっても成約率アップには限界がある。ライディングページ以外にフォーカスすべき最重要ポイントをコンテンツの4つの発展説というセオリーを用いて解説します。この動画を見れば、Webマーケティングの進むべき方向性が必ず見えてくるはずです。

画像で集客するには?

【96】 米国最新情報 Click Z Live(19)画像

今日のデジタル資産の活法テクニックは、画像です。画像による集客は今、非常に注目されています。通常はSEOというと、Webページを上位表示させることがほとんどです。Googleの検索結果にはWebページだけではなく、その他いろいろな情報アイテムが表示されます。地図やショッピングの検索結果、そして今回のテーマの画像が出てきます。

パソコンに眠っているエクセル、ワードのファイルを活用しよう!

【95】 米国最新情報 Click Z Live(18)エクセル、ワード書式集

デジタル資産を企業として増やすことが今のWeb集客のトレンドになってきています。コンテンツというデジタル資産を無償公開することによって見込み客を集客するというのがコンテンツマーケティングの原理です。コンテンツマーケティングを実施する上で効果的なものは色々ありますが、今日はベーシックなものですが「エクセル」と「ワード」のドキュメントの配布について紹介します。エクセルやワードで作られた決算報告書の雛形のテンプレート、会社設立するときの申請書のフォーム等様々な具体例とその配布方法を紹介します。

Q&Aページは最強の集客装置

【93】 米国最新情報 Click Z Live(16)Q&Aの集客効果とFAQとの違い

よく頂くご質問 = FAQのあるサイトがたくさんあります。しかし、Q&Aページがたくさんあるサイトは少ないということを知っていますか?実は、このQ&Aページを充実させるとたくさんの見込み客が自社サイトに来てくれるようになります。この動画では、集客力の高いQ&Aとはどのようなものか、そしてその作り方を実例を用いて詳しく解説します。あなたのサイトにも効果的なQ&Aページを増やして集客力を高めて下さい。

Webではなく、コンテンツパッケージで集客する方法

【92】 米国最新情報 Click Z Live(15)電子書籍、ホワイトペーパー、投票

電子書籍、ホワイトペーパー、投票というデジタル資産の作り方、活用方法を解説します。 EPUB形式でまとまったコンテンツを配布する方法、読者に役に立つ情報を1つのパッケージとして提供するホワイトペーパーの成功事例、そして、ユーザーが自分の感情をインプットする投票システムの活用例を詳しく紹介します。

PDFとスライドシェアの活用

【91】 米国最新情報 Click Z Live(14)PDFとスライドショーの配布

今回の動画からは、デジタル資産の構築を提唱するJim Boykin氏のプレゼンを1つ1つ検証します。今回は、PDFについてです。商品情報のPDF化、カタログ、資料請求の対策、Slide Share(スライドシェア)等の紹介をします。

デジタル資産を増やしSEOに活かすには?

【90】 米国最新情報 Click Z Live(13)デジタル資産とオウンドメディア

米国のSEO業界で高名なJim Boykin氏によるプレゼンを紹介します。氏はInternet Marketing Ninjasという会社を経営しており、ラスベガスで行っている有名なカンファレンス「Pubcon」のオーナーでもあります。その他様々なSEO業界のコミュニティーサイトを運営し、SEOの世界でかなり影響力のあるプロフェッショナルです。今回のこの方のテーマは「デジタル資産を増やそう」というものです。デジタル資産とは何か?そしてそれをSEOのためにどのように活かすことが出来るのかを明確に提案します。

テキストだけがコンテンツでは無い!

【86】 米国最新情報 Click Z Live(9)次世代のサイト構造(3)

SEOの盲点は文字さえ増やせば検索順位が上がるだろうという思い込みです。検索ユーザーとGoogleが求めるコンテンツは地図やビデオ、外部サイトへのリンクなど多岐に渡ります。これらの実装方法とユーザーをサイトから離脱させてしまうマイナス効果の生じるコンテンツを指摘。

インフルエンサーに紹介してもらうために企業がしていることは?

【81】 米国最新情報 Click Z Live(4) インフルエンサー 後半

前回に引き続き「インフルエンサー(Influencer)」という集客手法を解説します。インフルエンサーの人に紹介してもらうために企業はどのような活動をするべきかを赤裸々に講師が解説します。その後は、「Content is King」というテーマの講座です。これはコンテンツマーケティングの具体的な成功事例を解説する講座です。ヒューレット・パッカードの事例などで詳しく解説します。

FAQ・お役立ち情報・取材をテーマにしたコンテンツSEOの成功事例

【68】 SEOに効く!コンテンツライティング(3)

『SEOに効く! Webサイトの文章作成術』の著者でライティング専門会社の株式会社グリーゼの福田多美子氏が、コンテンツライティングの最新の動向を解説します。今回は「FAQ よくある質問」で、コンテンツSEO対策をやっている企業サイト、お役立ちコンテンツを充実させている動物クリニックさん、取材コンテンツなどいろいろなコンテンツを増やしてSEOをやっているサイトの事例を紹介します。《聞き手:鈴木将司》

事例に学ぶコンテンツSEO

【67】 SEOに効く!コンテンツライティング(2)

『SEOに効く! Webサイトの文章作成術』の著者でライティング専門会社の株式会社グリーゼの福田多美子氏が、コンテンツライティングの最新の動向を解説します。今回は貿易用語等でキーワード対策をしている企業サイトと、ライティング会社グリーゼのサイト、そしてお客様の声を活用してSEOで成果を上げている宮崎の地鶏屋さんのサイトを紹介します。《聞き手:鈴木将司》

ECサイトのコンテンツライティング成功事例

【66】 SEOに効く!コンテンツライティング(1)

『SEOに効く! Webサイトの文章作成術』の著者でライティング専門会社の株式会社グリーゼの福田多美子氏が、コンテンツライティングの最新の動向を解説します。今回は印鑑を売っているネットショップの事例と、世界のクワガタやカブトムシを売っているネットショップの事例をご紹介します。 《聞き手:鈴木将司》

AR《拡張現実》とは?

【61】 米国最新SEOレポート Intelligent Content Conference 2014(4)

コンテンツカンファレンスの最後のレポートは、「AR」というコンテンツ分野についてです。ARというのは、「Augmented Reality」= 拡張現実という分野です。工事中の現場を見た時に、様々な情報、「この現場の危険箇所」「ダンプの出発時刻・場所」などがサングラス上に映し出されます。私達の日常生活においては、初めて東京の銀座に行った時に、何がどこにあるのか分からないといった場合、「メトロ銀座線の駅はこちらです」「ユニクロでセールを開催中」というようなその人の為にカスタマイズされた情報が次々と出てくるSFのような世界です。

オムニチャンネル

【60】 米国最新SEOレポート Intelligent Content Conference 2014(3)

今回の報告は、非常に人気のあった講座「オムニチャンネル(Omni Channel)」です。講師はケビン・ニコラス氏。P&G、アップルなど、様々な大手企業の集客の担当してきました。テレビCM、雑誌広告、店舗のPOP、Web、それら全てを統合するマーケティングキャンペーンを解説。今後、私達Web業界いるWeb担当者は、リアルとネットの相乗効果を出すオムニチャネル活用をするスキルが求められます。 ※オムニチャネルとは、実店舗やオンラインストアをはじめとするあらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合すること、および、そうした統合販売チャネルの構築によってどのような販売チャネルからも同じように商品を購入できる環境を実現すること( IT用語辞典 Weblio辞書より)

コンテンツエンジニアリングとは?

【59】 米国最新SEOレポート Intelligent Content Conference 2014(2)

Intelligent Content Conferenceで、どんなコンテンツ作りに関するアドバイスを学んできたかを報告します。 1日目の最初の授業が、コンテンツエンジニアリングでした。ジョーゴルナー先生の授業です。まず、中堅から大手企業のWeb集客においては、社内にコンテンツをつくる体制を敷く重要性が説かれました。一般企業の社内にWebコンテンツをつくる部署が必要です。コンテンツ作りで結果を出している企業の社内体制とはどのようなものかを解説します。

コンテンツに特化したカンファレンス『iCC』とは?

【58】 米国最新SEOレポート Intelligent Content Conference 2014(1)

これまではサーチエンジンストラテジーやサーチマーケティングエキスポ、パブコンといった、ダイレクトにSEOのプロが集まるカンファレンスで私が何を学んできたのかを報告してきました。しかし、それは所詮SEOという限られた世界の情報でしかありません。私達はGoogle の検索結果が激動している時代にいます。従来のSEO対策の手法だけではGoogleの上位表示ができなくなっています。今回は、新しい着眼点を得る為に、コンテンツに特化したカンファレンスに行ってきました。2014年3月に行われたIntelligent Content Conferenceで何を学んだか、何を皆さんにシェアしたいのかを報告します。

成約率を高めるためのメールマガジン

【35】 コンテンツライティング 6

ライティング専門会社の株式会社グリーゼの福田多美子氏が、コンテンツライティングというテーマでお話します。今回は成約率を高めるためのメールマガジンの話をします。Webライティングからは少し離れますが、今改めてメールマガジンというのが注目されています。せっかくSEOを頑張って人が来てくれて、何か資料請求を起こしてくれたり、アクションを起こしてくれたあとに、それっきりになってしまうともったいないものです。こうしたムダを防ぐのにメールマガジンの配信がとても役立ちます。

成約率を高めるためのキャッチコピー入門

【34】 コンテンツライティング 5

ライティング専門会社の株式会社グリーゼの福田多美子氏が、コンテンツライティングというテーマでお話します。今回は成約率を高めるためのキャッチコピー入門です。一生懸命SEOを頑張って、サイトのほうにたくさんの人を呼び込んでも、中を読んで「ああ、役に立った」と帰られてしまっては、何にもなりません。何か行動を起こしてもらう、問い合わせをするとか、資料請求をするとか、物を買うとか、アクションを起こしてもらうために、つまり成約率を高めるために、いろいろな取り組みが必要です。

コンテンツの増やし方

【33】 コンテンツライティング 4

ライティング専門会社の株式会社グリーゼの福田多美子氏が、コンテンツライティングというテーマでお話します。1回目はコンテンツの増やし方ということで、グリーゼで実際にどのような取り組みを行っているかをお話しします。

専門サイトを作ればコンテンツSEOは有利になる

【23】 コンテンツライティング 3

ライティング専門会社の株式会社グリーゼの福田多美子氏が、SEOにおけるコンテンツライティングというテーマで、お話しします。専門サイトを作ることによってSEOを有利にすすめる方法について解説します。

目標キーワード選びで失敗しないために

【22】 コンテンツライティング 2

ライティング専門会社の株式会社グリーゼの福田多美子氏が、SEOにおけるコンテンツライティングというテーマで、お話しします。今回は、目標キーワード選びで失敗しないための注意点などを解説します。

コンテンツの「ネタの探し方」

【21】 コンテンツライティング 1

今回から3回にわたってライティング専門会社の株式会社グリーゼの福田多美子氏が、SEOにおけるコンテンツライティングというテーマで、お話しします。ペンギン、パンダのアップデート以降、内部対策におけるコンテンツの重要性というのが高まって相談が増えてきています。最初はコンテンツの「ネタの探し方」というテーマです。大きく3つに分けて説明します。

新着順動画一覧