内部対策テクニックを学ぶ

Page Speed Insightsでハイスコアを取るためにロスレス圧縮ソフトを使おう!

【261】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(7)画像の軽量化方法

前回に引き続きダウンロード速度の高速化策について解説します。今回はGoogleが無料で提供しているPage Speed Insightsの使い方から解説をします。Page Speed Insightsは、ページ毎にダウンロード速度が快適かどうかを点数化するソフトです。 このソフトの点数は何点まで取ればモバイルファーストインデックス対応に十分なのかを実際のサイトを用いて解説します。そして点数を改善するために最も効果のある重い画像を画像の劣化無しで軽くするお役立ちソフトの使い方を学べます。

ダウンロード速度が遅いサイトは検索順位が落ちる!

【260】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(6)ダウンロード速度高速化の重要性

画像のモバイル最適化はモバイルファーストインデックスが導入されると益々重要になります。しかもGoogleは2018年1月18日に公式ブログで「ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します」という発表をしました。もはやダウンロード速度の向上はSEOの重要ポイントになりました。この動画では、ダウンロード速度が数秒遅れるとどのくらいSEOにマイナスになるのか、離脱率が増えるのかを示す調査結果を見ながら、どうすればダウンロード速度を速度を高速化出来るのか、その具体策を解説します。

SEOに効く!メタディスクリプションの書き方

【259】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(5)メタディスクリプション(2)

今回は前回の動画に続いて、メタディスクリプションの最適化の続き、発展編・応用編です。問題はメタディスクリプションに何を書けばSEOに効果が出るかです。そこにはどんな文章を書いて、目標キーワードは何回含めれば良いのか?サイト内にある全てのページに同じメタディスクリプションを記述してよいのか?あるいは、ページ毎にメタディスクリプションは書き換えなくてならないのか?Googleはそもそもメタディスクリプションを記述することを推奨しているのか?そしてサーチコンソールを使った効果的なメタディスクリプションの管理について解説します。

メタディスクリプションの文字数が240文字前後まで検索結果に表示されるようになった!どうすれば良いのか?

【258】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(4)メタディスクリプション(1)

メタディスクリプション( meta description )というのは、Webページの紹介文を記述するメタタグです。メタディスクリプションに書かれた紹介文と検索ユーザーのキーワードに関連性があるとGoogleが判断した時に、メタディスクリプションに書かれた紹介文がほぼそのままGoogleの検索結果に表示されます。そこに表示されることが魅力的であるかどうかが検索ユーザーのクリック率を左右します。これまでメタディスクリプションには従来120文字程度まで適切な紹介文を書いておけばOKでした。しかしGoogleがその表示文字数を大幅に変更しました。この動画ではその対応策について事例を用いて詳しく解説します。

H1タグを使ってSEO効果を最大化する方法

【257】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(3)H1タグの効果的な使い方

ページ内要素の最適化に不可欠なH1の使い方について解説します。H 1タグというのは heading 1の略で、「大見出し」を意味します。Googleで上位表示するにはH1タグの正しい使い方を知る必要があります。多くの人がH1タグの使い方を間違えています。今回はこのH1タグを効果的に使って成果を上げている事例、H1タグは全ページ同じフレーズに使っても危険ではないのか等正しい使い方を解説します。

静的なURLと動的なURLの違いは?全ページをSSL化(暗号化)しなくてはならない!

【256】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(2)URLにキーワードを(2)

前回に続いてSEOに有利なURLの決め方、使い方を解説します。URLの変更、自動転送の仕方を講師の実際のサイトで実施した事例を紹介します。そしてURLについての重要な注意点を2点説明します。1つは静的なURLと動的なURLの違いは何か、どちらが有利なのか?2つ目は全ページのURLを暗号化してhttpsにする必要性についてです。Googleが最近発表した2018年7月からはクロームブラウザで警告表示について詳しく解説します。

URLの決め方1つで上位表示しやすくなる!

【255】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(1)URLにキーワードを(1)

コンテンツマーケティングの第4ステップは「最適化」、つまり「SEO」そのものです。今効果のある最新の内部対策テクニックの1つはURL(Webページのアドレス)の最適化です。URLはドメイン名、ディレクトリ名、ファイル名で構成されています。これらの要素をどのように調整するとGoogle上位表示に有利になるかを解説します。さらに、現在のURLを変更したい時に忘れてはならない自動転送の正しいやり方も解説します。

HTML5を使ったモバイルSEO

【152】 SMX New York(17)スマートフォン対策(2)

HTML5のソースコードでページを作ることにより、Flashを使わずにFlashと同じような効果が実現可能に。HTML5のもう一つの革命は、ここからここまでの情報はメインコンテンツだとGoogleに伝えるためのタグを入れることが可能に。article(アーティクル)というタグを使うと、Googleはそこが記事であること、メインコンテンツであると認識します。今後は、こうした特殊な知識を知っている企業がGoogleSEOで有利な立場に立てるようになるのか?

ECサイトの実践的SEO

【147】 SMX New York(12)ECとSEO対策(2)

前回に続いてECサイトにおけるSEO対策をアダム・オーディッド氏が解説します。商品ページのメタディスクリプション、タイトルタグの書き方、PC版とモバイル版サイトの文字数の制限、在庫数表示の重要性、売れている店ほど選び方ガイドがあるなど実践的なノウハウを解説します。

物販サイトのSEO対策

【146】 SMX New York(11)ECとSEO対策(1)

ECサイトにおけるSEO対策をアダム・オーディッド氏が解説。このECという言葉を良く聞くようになりましたが、ECの意味はイーコマース、物販のことです。日本でもECの世界には近年非常に変化が起きてきています。楽天、アマゾン、ヤフーショッピング等の大手ショッピングモールへの集中は何故起きるのか、ECのSEO対策にあるテクニカル主義とオーディエンス主義の違い、どのようなタグを使うとGoogleで上位表示しやすくなるかを解説します。

ライバルサイトと自社サイトを比較すれば上位表示の伸びしろが分かる!

【135】 SEO Robot Dr. (12)競合サイトとの比較

前回のビデオに引き続き、サイト全体のキーワード出現頻度を最適化して上位表示する方法を解説します。このビデオでは複数のサンプルキーワードを用いて実際のサイトをその競合サイトと比較分析して、SEO Robot Dr. を使ってどのように改善してゆけばよいのかを開発者の鈴木将司が解説します。全12回にわたるSEO Robot Dr. 解説動画シリーズの最終回です。

サイト全体のキーワード出現頻度を最適化して上位表示する方法

【134】 SEO Robot Dr. (11)サイト全体の診断と全体診断レポート

Google上位表示のテクニックの一つがサイト全体に自分が上位表示したいキーワードをたくさん書くことです。Googleもサーチコンソールというソフト内で近年まで「コンテンツキーワード」という名称で、サイト全体にどんな言葉がどのくらい書かれているかを公表していました。SEO Robot Dr.を使うと、自社サイトのサイト全体のキーワード出現頻度(コンテンツキーワード)と実際に上位表示しているライバルサイトのサイト全体のキーワード出現頻度をチェック出来ます。そして実際に上位表示しているライバルサイトのサイト全体のキーワード出現頻度に自社サイトのそれを近づけることにより上位表示が可能になります。

危険な重複コンテンツを発見するコピーチェック機能

【133】 SEO Robot Dr. (10)パンダチェックと個別診断レポート

SEO Robot Dr. の便利な機能の1つはパンダチェックというコピーチェック機能です。この機能を使えば、自社サイトと他社サイトのページのコンテンツの重複だけではなく、自社サイトにあるページ同士の重複コンテンツを発見することが出来ます。パンダの色やその横に表示されるパンダ値とう数値によりどのくらい重複コンテンツがあるのかをSEO初心者にも分かりやすく見せて、改善の糸口を知ることが可能です。そしてビデオの後半では個別診断レポートというサイト内部改善に役立つ機能の解説をします。

超高速でサイト内の全ページのキーワード出現頻度が分かる

【132】 SEO Robot Dr. (9)キーワード出現頻度(ペンギンマーク)

SEO Robot Dr. を使うと面倒なキーワード出現頻度解析があっという間に終わります。通常1つのページのキーワード出現頻度を分析するには少なくとも10秒はかかるはずです。このソフトを使うと1ページあたり1秒以下しかかりません。100ページ分析してもわずか100秒(約1分半)、5000ページ分析してもたったの5000秒(約1時間半)しかかかりません。分析結果にはペンギンマークが表示され、色によってサイト運営者が何をどう改善するかが簡単に分かるアドバイス機能があります。

上位表示に効果のある文字「有効テキスト」とは?

【131】 SEO Robot Dr. (8)有効テキスト

SEO Robot Dr.は、Webページの中にGoogle上位表示に有効な文字が何文字あるのかを一瞬で調査して数値化します。Google上位表示に有効な文字「有効テキスト」と呼びます。しかし、Webページにある全ての文字が有効テキストではありません。このビデオでは有効テキストの意味、どのようなテキストが有効テキストに含まれないのか、上位表示をするために必要なこの概念について解説します。

タイトルタグ、メタディスクリプション、H1の正しい書き方

【130】 SEO Robot Dr.(7)3大エリアの診断と改善方法(後編)

前回のビデオに引き続き3大エリアの診断と改善方法を解説します。今回はタイトルタグ、メタディスクリプション、H1(1行目)は何文字までがSEOに効果があるのか、効果的な書き方を詳しく解説します。ビデオの後半では、PC版サイトの場合とモバイル版サイトの場合などの違いは何かについても解説します。

テキストだけがコンテンツでは無い!

【86】 米国最新情報 Click Z Live(9)次世代のサイト構造(3)

SEOの盲点は文字さえ増やせば検索順位が上がるだろうという思い込みです。検索ユーザーとGoogleが求めるコンテンツは地図やビデオ、外部サイトへのリンクなど多岐に渡ります。これらの実装方法とユーザーをサイトから離脱させてしまうマイナス効果の生じるコンテンツを指摘。

URLストラクチャー

【85】 米国最新情報 Click Z Live(8)次世代のサイト構造(2)

SEOに強いサイト構造を作るには「URLストラクチャー」が重要。URLというのはウェブページのアドレスの事です。www.~.com、.com/〜/tokyo/chintai/〜、など、ページのアドレスの事です。そこにはGoogleとユーザーの為に分かりやすく、また、意味のある言葉を入れると順位が上がると解説。

インフォメーションアーキテクチャー

【84】 米国最新情報 Click Z Live(7)次世代のサイト構造(1)

今回のテーマは「次世代のサイト構造」です。SEO対策で上位表示されやすいサイト構造や成約率アップするようなサイト構造はどの様な物か、という事を数名の専門家が解説。一人目の発表は、ホテルサイトの運営担当者の発表。次世代のサイト構造は「インフォメーション・アーキテクチャ」、いわば情報設計という概念で発想すべき。ユーザー視点の情報設計、また、Googleに高く評価される為の情報設計に於いては3つの要素が重要だと力説。

自社サイトの内部的問題点を様々な角度から分析するソフト『ページ解析ツール』とは?【第5回】

【73】 ページ解析ツール(3)外部リンクと内部リンク

今回はSEO協会Bコース、Cコース会員様がご利用いただける専用ソフト「ページ解析ツール」の使い方とSEO的な意味の解説を行います。 「ページ解析ツール」をご利用されたことがない方でも最新の内部対策を行えるよう丁寧に解説します。このツールを使うと見過ごしがちな自社サイトの内部的な問題点を様々な角度で発見することが出来ます。

自社サイトの内部的問題点を様々な角度から分析するソフト『ページ解析ツール』とは?【第4回】

【72】 ページ解析ツール(2)SUBページのキーワード出現頻度(後半)

今回はSEO協会Bコース、Cコース会員様がご利用いただける専用ソフト「ページ解析ツール」の使い方とSEO的な意味の解説を行います。 「ページ解析ツール」をご利用されたことがない方でも最新の内部対策を行えるよう丁寧に解説します。このツールを使うと見過ごしがちな自社サイトの内部的な問題点を様々な角度で発見することが出来ます。

自社サイトの内部的問題点を様々な角度から分析するソフト『ページ解析ツール』とは?【第3回】

【71】 ページ解析ツール(2)SUBページのキーワード出現頻度(前半)

今回はSEO協会Bコース、Cコース会員様がご利用いただける専用ソフト「ページ解析ツール」の使い方とSEO的な意味の解説を行います。 「ページ解析ツール」をご利用されたことがない方でも最新の内部対策を行えるよう丁寧に解説します。このツールを使うと見過ごしがちな自社サイトの内部的な問題点を様々な角度で発見することが出来ます。

自社サイトの内部的問題点を様々な角度から分析するソフト『ページ解析ツール』とは?【第2回】

【70】 ページ解析ツール(1)トップページのキーワード出現頻度(後半)

前回に続き、『ページ解析ツール』を使いトップページのキーワード出現頻度を解析し、調整する方法を解説します。トップページだけでなく、サブページの問題点も浮き彫りに出来ます。発見した問題点をどのように解消して、順位アップを実現するかを複数の業界のサイトを例に解説します。

自社サイトの内部的問題点を様々な角度から分析するソフト『ページ解析ツール』とは?【第1回】

【69】 ページ解析ツール(1)トップページのキーワード出現頻度(前半)

今回はSEO協会Bコース、Cコース会員様がご利用いただける専用ソフト「ページ解析ツール」の使い方とSEO的な意味の解説を行います。 「ページ解析ツール」をご利用されたことがない方でも最新の内部対策を行えるよう丁寧に解説します。このツールを使うと見過ごしがちな自社サイトの内部的な問題点を様々な角度で発見することが出来ます。

新着順動画一覧