モバイルSEOを学ぶ

AMPでモバイルサイトを作る重大なデメリットとは?

【266】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(12)モバイルサイトのAMP対応(2)

モバイルサイトを軽くする魔法のようなAMP技術。しかし、この一見素晴らしい技術には非常に重大なデメリットがあります。海外のニュースサイトではAMPが広がれば広がるほどGoogleの独占が進むという懸念を表明しています。この動画ではこれらのデメリットを1つ1つ検証します。そしてどのような業種のサイトがAMP技術を使うべきか、実際にGoogleの検索結果を見ながら詳しく検証します。

サイトのダウンロード速度を高速化するAMPとは?

【265】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(11)モバイルサイトのAMP対応(1)

最近AMPという技術を使って自社のモバイルサイトを作ったほうが良いかどうかというご質問をよくいただきます。AMPというのはアンプとも呼ばれるもので、数年前にGoogle、Twitter、Facebookなどのモバイルインターネットの世界で人気のあるメディアを持っている企業が連合を組んで、モバイルユーザーがWebサイトを即時ダウンロード出来るようにして快適な体験が出来るように作り上げた新しいWebサイト構築の技術のことです。今回は実際にどのような企業のサイトがAMPを使ったモバイルサイトを運営しているかを検証します。

Page Speed Insightsでハイスコアを取るためにロスレス圧縮ソフトを使おう!

【261】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(7)画像の軽量化方法

前回に引き続きダウンロード速度の高速化策について解説します。今回はGoogleが無料で提供しているPage Speed Insightsの使い方から解説をします。Page Speed Insightsは、ページ毎にダウンロード速度が快適かどうかを点数化するソフトです。 このソフトの点数は何点まで取ればモバイルファーストインデックス対応に十分なのかを実際のサイトを用いて解説します。そして点数を改善するために最も効果のある重い画像を画像の劣化無しで軽くするお役立ちソフトの使い方を学べます。

ダウンロード速度が遅いサイトは検索順位が落ちる!

【260】 コンテンツ制作時のページ内要素最適化(6)ダウンロード速度高速化の重要性

画像のモバイル最適化はモバイルファーストインデックスが導入されると益々重要になります。しかもGoogleは2018年1月18日に公式ブログで「ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します」という発表をしました。もはやダウンロード速度の向上はSEOの重要ポイントになりました。この動画では、ダウンロード速度が数秒遅れるとどのくらいSEOにマイナスになるのか、離脱率が増えるのかを示す調査結果を見ながら、どうすればダウンロード速度を速度を高速化出来るのか、その具体策を解説します。

来店型ビジネス、実店舗ビジネスはGoogleマップを使え!

【254】 コンテンツ制作(37)モバイル版セールスページの作り方(12)

来店型ビジネスの場合は、サイト上で即申し込むというのではなくて、実店舗への来店を促すことがコンバージョンにつなげることになります。本当は、お店にいきなり来て欲しくても全ての見込み客がすぐに来てくれるほど甘いものではありません。そういう来店型ビジネスのサイトではどんなことをするべきか?それはGoogleマップを自社サイトに貼り付けるというのが流行し、定番化しています。複数の事例を見ながら適切なGoogleマップの活用法を探ります。

ユーザーの負担を減らすEFOとLINEお友達登録の活用

【253】 コンテンツ制作(36)モバイル版セールスページの作り方(11)

モバイル版サイトのユーザーが、自分の情報を入れるフォームの作り方について解説します。お申込みフォームとか、お問い合わせフォーム・見積依頼フォームと呼ばれるものです。フォームの最適化、つまりユーザーが記入する確率を高める工夫をEFO Entry Form Optimization(エントリー フォーム オプティマイゼーション:メールフォーム最適化)と呼びます。さらに2つ目のテクニックとしてLINEお友達登録を活用して成約率を高める方法を解説します。

押しの一言・適切なCTAが成約率を押し上げる!

【252】 コンテンツ制作(35)モバイル版セールスページの作り方(10)

今回のモバイル版セールスページの重要ポイントの1つ目は「最後の押しの一言」です。縦長のモバイル版ページにはたくさんの情報要素が詰め込まれていますが、情報要素が多ければ多いほど売り手側の気持ちが伝わらなかったり、売り手側の誠意が伝わりにくくなります。2つ目の重要ポイントはCall to Action(コールトューアクション)、CTAという情報要素です。昔のWebサイトにあるお申込みフォームの一番下には「送信」ボタンがありました。単に「送信」と書くのではなく、ユーザーが起こすアクションをなるべく分かりやすい言葉で表現するのがCTAという概念です。

成功までの流れ・まとめで記憶を強化

【251】 コンテンツ制作(34)モバイル版セールスページの作り方(9)

今回解説する1つ目のポイントは「成功までの流れ」についてです。この情報を載せることによって成約率が上がるということが各種調査によって明らかになりました。2つ目のポイントは「まとめ」をモバイルページの下の方に載せるということです。モバイル版サイトの場合は特に画面の幅が狭いので、色々なことを全部書こうとするランディングページが、どうしても長くなってしまいます。そうすると、ランディングページを読んでいる人は、上から下へスクロールしながら読んでいくうちにページの前半で見たことや読んだことを忘れる恐れが生じます。これを防止するのにはどうしたら良いのかを実際のモバイルサイトの例を見ながら解説します。

易しさ・結果を見せて成約率を上げる!

【250】 コンテンツ制作(33)モバイル版セールスページの作り方(8)

易しさの意味は「簡単に出来る」という意味です。簡単に出来るということを示すことにより成約率を上げる方法を解説します。2つ目のポイントは、商品やサービスを購入することにより結果が出るということを色々な形で示す方法です。このビデオではペットフードを売る時、治療院の患者を集める時など複数の業界の事例を探ります。美容健康の業界では特に薬機法(旧薬事法)の問題を避ける必要があります。そしてどのような業界でも不正競争防止法などの規制があります。これらの規制をクリアしながら成約率を上げる方法を考えます。

ユーザーが望むのは保証とスピードだ!

【249】 コンテンツ制作(32)モバイル版セールスページの作り方(7)

誰でも知らないお店、知らない会社のサイトで申込みをしようとする時には不安感を抱きます。その不安感を払拭するには成果が上がらなかったら返金する、あるいは成功するまではお手伝いしますというような保証をつけることが効果的です。このビデオの前半ではこの保証についての複数の事例を見ていきます。そして後半はユーザーが求めるもう一つの要素であるスピードについてです。現代人は費用と時間、つまりスピードを天秤にかけて購入するかどうかを判断します。購入の判断を後押しするにはどうした良いのかを解説します。

推薦の声・受賞歴・実績をモバイル版サイトに載せる方法とSEO上の注意点

【248】 コンテンツ制作(31)モバイル版セールスページの作り方(6)

モバイル版サイトの信用を高めて成約率アップになる為の情報アイテム「推薦の声・受賞歴・実績」の掲載方法を解説します。 最初に、弁護士事務所、税理士事務所等の士業サイト、整体・整骨院等の健康関連サイトでよく見かける推薦の声の集め方、見せ方を、その後は、上位表示にマイナスにならないような適切な受賞歴・実績の掲載方法を複数のモバイルサイトの事例をお見せしながら詳しく解説します。

証言と成功事例の成約率アップ効果

【247】 コンテンツ制作(30)モバイル版セールスページの作り方(5)

モバイル版サイトの成約率を上げるにはスマートフォンの小さな画面に成約率を高める情報アイテムを掲載することです。情報アイテムの中でも成約率に響くものが証言と成功事例です。証言というには、米国では「テスティモニアル」と言われるもので、裁判では証人による証言の事です。ビジネスの世界では顧客が実体験に基づいた感想を意味します。そしてもう一つの成功事例は正しく掲載すると成約率を上げるだけではなくGoogle上位表示に貢献します。今回のビデオではこれら2つの重要情報アイテムの効果的な活用方法と事例を紹介します。

セールスページの画像はどのように見せたら良いのか?

【246】 コンテンツ制作(29)モバイル版セールスページの作り方(4)

前回までは、文章構造、提示する情報の順番などを解説してきましたが、今回は画像について考えます。モバイルサイトだから画像は少ないほうが良いのか?世の中で人気のあるインスタグラム、メルカリなど等のWebサービス、特にモバイル向けサービスはむしろ画像ばかりのページです。しかし上位表示をするにはテキストも増やさなくてはなりません。そうした制約がある中、画像をどのように処理したら良いのかを事例を見ながら詳しく解説します。

顧客目線でのメリットの書き方、モバイルサイトの文字の処理方法は?

【245】 コンテンツ制作(28)モバイル版セールスページの作り方(3)

前回までは購買イメージが湧くビジュアルと、とっておきのキャッチフレーズ、対象の明確化を紹介してきました。今回は、顧客目線でのメリットの箇条書きの重要性とその作り方を解説します。単なる商品の機能やサービスの特長をいくら書き並べても成約率は決して上がりません。誰でも簡単に顧客目線のメリットを書く方法を提案します。その他、セールスページ本文の主語は誰にしなくてはならないのか、モバイル版サイトでは横何文字まで書けるのか、フォントの使い方、色などディテールについて解説します。

見込み客の心を掴むキャッチフレーズの書き方

【244】 コンテンツ制作(27)モバイル版セールスページの作り方(2)

前回に続いて成約率の高いモバイル版セールスページの作るために、プロセス型イメージ画像と結果型イメージ画像の使い分けを解説。その他見込み客の心を掴むキャッチフレーズの良い例を紹介します。そして成約率をさらに上げるために「対象の明確化」、つまり「こんな方へ・・・」という項目の効果とその書き方の解説、何故大手企業のサイトは参考にならないのか等、成約率の高いセールスページの作り方をさらに追求します。

成約率の高いモバイル版セールスページの作り方

【243】 コンテンツ制作(26)モバイル版セールスページの作り方(1)

モバイルサイトの成約率を上げる第一歩は、ページの一番上に購買イメージが湧くようなビジュアルを載せて、そこに見込み客響く、キャッチフレーズ、買いたくなるようなキャッチフレーズを書くことです。プロセス型イメージ画像と結果型イメージ画像はどちらがどのような業種で効果があるのか?キャッチフレーズはどう書くのか?モバイルサイトの成約率を上げるためのコツを英会話業界、家事代行業界、求人業界などのサイトを例に詳しく解説します。

商品比較を効果的に実施すればサイトの成約率が上がる!

【242】 コンテンツ制作(25)商品紹介ページの作り込み(5)

検索順位を上げるため、成約率を上げるためにどのような情報要素をセールスページに追加すれば良いのか?海外SEOカンファレンスで学んだことを紹介します。商品の比較をセールスページ内でする意味、あからさまな商品比較をしにくい日本ではどのように実施出来るのか、有名サイトを実例に解説します。比較の仕方だけではなく、比較すベき項目の選び方等実務レベルに落とし込み詳しく解説します。

説得力を高めるライティングと動画の効果的な掲載方法

【241】 コンテンツ制作(24)商品紹介ページの作り込み(4)

これまでセールスページのメタディスクリプション、タイトルタグ、ALT等技術的な解説をしてきましたが、今回はそのセールスコンテンツを見たユーザーがどう感じるか、信頼してくれるかどうかということを考えて作り込む方法を解説します。統計、数値をWebページ上に出すことによりただ単に自分の主張を述べる主観的なコンテンツではなく、事実に基づいた客観的なコンテンツに高める方法を解説します。その他動画の正しい掲載方法についても提案します。

セールスページの本文を最適化するには?

【240】 コンテンツ制作(23)商品紹介ページの作り込み(3)

前回に続いてセールスページの作り込み方法を解説します。文中にキーワードを何回書くのか、画像のALTはどうすれば良いのか、Webフォントの有効性と使い方、モバイル環境で見た時はどうなのか、Google上位表示のためにサイト内部にどのようにキーワードを書き込んでいくのかを講師の鈴木が1か月ほど前にリニューアルした実際のWebページを見せながら初心者にも分かりやすく詳しく解説します。

セールスページの作り込み実例

【239】 コンテンツ制作(22)商品紹介ページの作り込み(2)

今回はいよいよセールスページの作り込みを具体的に紹介します。講師の鈴木が1か月ほど前にリニューアルした実際のWebページのどこをどのような意図で作り込んだかを解説します。 無料お役立ちコンテンツのWebページだけではなく、セールスページにもタイトルとメタディスクリプション、本文を最適化しなくてはなりません。セールスページにどのような内部施策をすべきか、現実的な対策を述べます。

無料コンテンツページから売上に直結する商品ページへの導線構築

【238】 コンテンツ制作(21)商品紹介ページの作り込み(1)

これまでコンテンツマーケティングをする上で、どうすれば見込み客を集客できるか、つまり無料コンテンツの作り方をずっとご提案してきました。今回からは無料コンテンツで集客した人たちをどのようにすれば本当の顧客、つまりお金を使ってくれる顧客に転換出来るか、その流れと具体的な方法「商品紹介ページの作り込み」を解説します。

モバイル時代に必要な考え方

【198】 UXとは?その重要性と実践方法(3)

モバイルユーザーを魅了するにはパーソナリティが大事。ユニークなものではないとユーザーに選ばれない、記憶に残らない。。。enpahty(エンパシー)=共感の重要性、 ゲームのようなコンテンツの旅を提供する(カスタマイズジャーニー)、持続する現実的なコンテンツ作成のアプローチとは、等ユーザーエクスペリエンス・UXデザイナーのクリフ・シール氏が今後のモバイル時代に必要な考え方を提案します。

モバイル時代にはコンテンツ以前にWebデザインの質が求められる

【197】 UXとは?その重要性と実践方法(2)

前回に続き、ユーザーエクスペリエンス・UXデザイナーのクリフ・シール氏によるプレゼンを紹介。PCユーザーとMobileユーザーの数が逆転する。。。その時サイト管理者は何をすべきなのか?初めての訪問者が来た時に、10秒以内にインパクトを与える重要性、広告はノイズでしか無い、コンテンツファーストという考え、モバイルユーザーは50ミリセカンドでサイトへの第一印象を持つ、コンテンツ以前にデザインが重要。しかし単にキレイなデザインでは駄目。オーセンティシティー(authenticity)を与えるデザインが重要、、、などと次々に新鮮なアイデアを披露します。

誰もあなたのコンテンツなんかに関心はない

【196】 UXとは?その重要性と実践方法(1)

「誰もあなたのコンテンツなんかに関心はない」というテーマでユーザーエクスペリエンス・UXデザイナーのクリフ・シール氏が熱弁を振るいます。 モバイル時代の到来によって今までのWebサイトの作り方、SEOの方法論は、根本的な変化を迎えます。Googleが発表したモバイルファーストインデックスの導入は全てのサイトの全てのページを早急にモバイル対応することを要求します。それをして初めてモバイル版Googleの上位表示というゲームに参加することが許されます。

モバイルサイトデザイン論とモバイルアップデート後の影響

【153】 SMX New York(18)スマートフォン対策(3)

太い指の人でもリンクを押せるようにする配慮、スマートフォンの小さな画面にボタンはいくまで載せることが適切か?等の実務的な講座。後半は、Searchmetrics社のマーカス・トバー氏による2015年4月23日以降のモバイルアップデート後の影響を様々なデータで検証。実在するサイトのアクセス解析ログを見せながらモバイルSEO対策の実務を解説します。

モバイルフレンドリーアップデートは「モバイルゲドン」

【151】 SMX New York(16)スマートフォン対策(1)

今回のSMXニューヨークのカンファレンス発の情報はスマートフォン対策の最新情報です。Googleが2015年の4月23日に実施したモバイルフレンドリーアップデートはモバイルゲドン(Mobilegeddon)と呼ばれる大きな変化をもたらします。有名なGoogleトレンドアナリストのゲーリー・イリーズ氏の講演を紹介。モバイルゲドン(Mobilegeddon)後は、Webサイトだけではなく、スマートフォンアプリもGoogleがインデックスして検索結果に反映させるという大きな変化が生じることになりました。

メディア露出がローカルSEO成功の鍵

【140】 SMX New York(5)ローカルSEO 後編

前回に引き続きローカルSEOのエキスパート達が教える最新テクニックをご紹介します。地域性の高いローカルキーワードで上位表示するにはメディア露出が効果的。日本国内でメディア露出を低コストで実現する方法、iPhoneに特化したローカルSEOをご紹介します。

今後のSEOの主戦場はモバイルSEO

【136】 SMX New York(1)概要 モバイルとマルチデバイス

今回から2015年10月にニューヨークで開催されたSMX(Search Marketing Expo:サーチマーケティングエキスポ)を受講して学んだノウハウをレポートします。会場の雰囲気、エキスポの主催者ダニーサリバン氏について、エキスポ会場ではどのような先進企業が出展しているのか、米国のSEO業界での有力者はエリック・エンゲ氏について、講義内容にモバイルSEOが増えていることなど今回のカンファレンスの傾向と特徴を紹介します。

モバイル最適化の死角

【115】 Mobile devcon(3)パソコンメーカーのスマホサイトの改善事例 後編

前回に続き、有名パソコンのメーカーのDellのモバイルマーティング担当者スティーブ・フォックス氏による自社サイトのモバイル化の事例報告です。 スマホ版のインターフェイスの第一鉄則は、アプリのようにすること、ゲームのようにシンプル化するということ、サイト内検索窓設置の必要性、余計なコンテンツを隠すアコーディオン機能の実装、ページの長さは短めが良いのか長めがよいのか等の実践的な解説。そしてモバイル最適化の死角は何かを詳しく報告します。

Dellのモバイル版サイト事例報告

【114】 Mobile devcon(2)パソコンメーカーのスマホサイトの改善事例 前編

前回に引き続き2015年2月に開催されたモバイルデベロッパーカンファレンスで学んだことをレポートします。SEOのカンファレンスでもマーケテイングのカンファレンスでもないため受講者のほとんどがプログラマー、ウエブデザイナーでした。1人目のプレゼンは、基調講演もした有名パソコンのメーカーのDellのモバイルマーティング担当者スティーブ・フォックス氏による自社サイトのモバイル化の事例報告です。PageSpeed Insights(ページスピードインサイツ)の使い方も解説。

モバイル版GoogleとPC版Googleの検索順位が異なるようになった!

【113】 Mobile devcon(1)2015年4月21日の変動とスマホ版Googleの検索順位の調べ方

2015年2月にサンフランシスコで開催されたモバイルデベロッパーズカンファレンス受講の報告です。参加直後に、Googleがウエブマスター公式ブログで2015年4月21日からモバイル版Googleの検索順位をPC版Googleのものと変えるという発表をしました。 その後順位がどのように変わったのか、複数のキーワードで検証します。パソコンでどのようにそれら2つのGoogleの検索順位の違いを確認するのかを解説。

ECサイトの実務的なアドバイス

【110】 Conversion Conference(4)ECサイトのレスポンシブ化成功事例(2)

前回の動画に引き続き、英国の靴を販売しているECサイトのECサイトのモバイル対応事例をご紹介します。 デザイン性を競うな、顧客サポート担当者、Webデザイナー、Webマーケティング担当者たちがチームワークで協働すべき、URLに目標キーワードを含めたほうが上位表示したか、使えるサイトマップ、カノニカルタグの利用方法など実務的な発見と提案が多数あります。

ECサイトのモバイル対応事例

【109】 Conversion Conference(3)ECサイトのレスポンシブ化成功事例(1)

英国の靴を販売しているECサイトがモバイル対応のためレスポンシブWebデザインに自社サイトをした時にどういう点に気を付けてどういう結果になったのかいう成功事例のプレゼンテーションを解説します。その他モバイルフレンドリーテストで自社サイトのモバイル化の進捗を知る方法を解説します。

モバイルユーザーにフォーカスしたサイト作り

【108】 Conversion Conference(2)ヨーロッパのECサイト事情(2)

前回に続き、ドイツ人講師のマットラーナ―氏によるプレゼンの紹介です。 モバイルユーザーへのフォーカス、最適化の重要性を説きます。従来のようなPCサイトの一部をモバイル化するという発想では売上は増えません。Googleがモバイル対応をするよう公式ブログで発表したからです。全ページをモバイル対応しないと検索順位が不利になる時代がきました。その他、売上拡大のためには海外市場への進出が重要であり、その事例を紹介します。

モバイルサイト成功のためのサイトサーチ、コンバージョン、フォーム、ユーザビリティー

【83】 米国最新情報 Click Z Live(6)Googleが教えるスマホサイトの作り方 後半

前回に引き続きGoogleが自ら提供している「Googleと学ぼう」という講座のレポートです。「サイトサーチ」「コンバージョン」「フォームエントリー」「ユーザビリティ」等各論について詳しく解説します。

Googleスタッフが教える『モバイルサイト成功のための5つのポイント』

【82】 米国最新情報 Click Z Live(5)Googleが教えるスマホサイトの作り方 前半

今回はGoogleが自ら提供している「Googleと学ぼう」という講座です。実際にモバイルサイトの画面を見せながら「スマホサイトはこの様に作るとGoogleが高く評価します」という風にGoogleの社員が解説。「モバイルサイト成功のための5つのポイント」とは何か?

新着順動画一覧