一般社団法人全日本SEO協会 会員様専用サイト
新規登録
お問い合せはコチラ

Google上位20のサイトと自サイトの内部を比較して
    内部対策の改善点を発見し、上位表示を実現する新型ツール登場

Googleがコアアップデートを実施してからは、業種やキーワードにとって内部対策の方法が異なるようになりました。

全業種、全キーワード共通のSEOの時代は過去のものです。

今のGoogle上位表示に必要なのは実際に自社が狙っている目標キーワードでGoogle検索してみて上位表示しているサイトのページを観察して自社サイトとの差を縮めることが最短の成功方法です

「SEOヴィジョン」を使うと・・・

Google検索で上位表示している上位20サイトの重要データを一気にチェックして、それらの点数がわかる!

今日の内部対策テクニックは数年前までのものとはかけ離れたものになってきています。Googleがアルゴリズムアップデートを繰り返しているからです。 その結果、古い内部対策は効果がでなくなってきただけでなく、業種やキーワード毎に内部対策の方法が変わるようになってきました。

では、どうすれば業種やキーワード毎の内部対策がわかるのでしょうか?

それは実際に自社が狙っている目標キーワードでGoogle検索をして、上位表示しているサイトのページの重要ポイントを観察することです。

SEOヴィジョンでは、目標キーワードを入力して調査開始ボタンを押すとGoogle検索の上位トップ20にランクインしているWebページ内部を一気に解析します。そして上位表示をするための重要データを収集し、わかりやすく表示します。

それらのWebページの内部対策がどれほど上位表示に貢献するようになっているのかを100点満点の「内部評価スコア」として見ることが出来ます。 「内部評価スコア」を見れば自社のWebページと上位表示しているライバルサイトのWebページの内部対策がどれほど違うのかを客観的、数値的に把握出来ます。

上位表示サイトのタイトルタグ、メタディスクリプション、H1タグを一気に取得して上位表示しやすい書き方が見えてくる

SEOヴィジョンはGoogle上位20位のサイトのWebページのタイトルタグ、メタディスクリプション、H1を直接見に行ってそれらを調査結果の一番上に表示します。 そしてそれらのデータを分析してタイトルタグ、メタディスクリプション、H1タグという上位表示に貢献する3大エリアの項目がどれだけ上位表示に貢献しやすいかを点数化します。

《上位20位のサイトのタイトルタグ、メタディスクリプション、H1タグの文字数が一発で分る》

《キーワードが何回含まれているのかがすぐに分かる》

上位表示サイトのデータを見ながら自社サイトの数値を上位表示サイトの数値に近づけることにより上位表示されやすいWebページに改善することが出来ます。

上位表示に必要な本分の文字数は何文字かが見えてくる

次に内部対策をする上で気になるのはWebページの本文に何文字書けばGoogleで上位表示しやすいかです。

SEOヴィジョンのアルゴリズムは調査対象ページの本文の場所を推測してそこに何文字書かれているかを自動的に算出して点数化します。

数年前までのGoogleでは文字数を数千文字、数万文字に増やして上位表示するというテクニックが通用していました。しかし、その後Googleがアルゴリズムアップデート実施してからは上位表示に必要な文字数は業種や、目標キーワードによって異なるようになりました。

《上位表示サイトの文字数に近づけることにより上位表示に有利になる》

適切なALTの書き方、テキストリンクの書き方が見えてくる

画像のALT属性内にキーワードを詰め込んでいるため上位表示出来ないサイトが増えています。昔のGoogleでは画像のALT属性にたくさんのキーワードを詰め込むと上位表示する傾向がありました。

《画像のALT属性に目標キーワードを詰め込んだ悪い例》

しかし、今日のGoogleはそうした過剰な対策をするサイトにペナルティーを与え上位表示が出来ないようになりました。

SEOヴィジョンではこの流れに対応するためにWebページ内の画像タグ内のALT属性を全て見つけてそれらの中に目標キーワードが何パーセント書かれているかを自動的に計算します。そして一定の基準をオーバーすると減点してALTのスコアを表示します。

減点が無くなるように調整すれば上位表示しやすくなります。

《ALT属性とテキストリンクの書き方のスコア例》

外部サイトに何件までリンクを張ってよいかが見えてくる

むやみに外部ドメインのサイトにリンクを張ることはGoogle上位表示に不利になります。

不利な要因を無くすために調査対象ページからどこのサイトに合計何回外部リンクを張っているのかが一発で表示されます。 サイト内リンク数と外部サイトリンク数の比率は「リンク内外比率」として表示されます。

ここを見て・・・

(1)外部サイトに無駄なリンクを張っていないか?

(2)関連性の低いサイトにリンクを張っていないか?

(3)信頼性の低いサイトにリンクを張っていないか?

などの疑問が解消されます。

上位表示しやすいキーワード出現頻度が見えてくる

GoogleはWebページ内にどんなキーワードが何回書いているのか、全単語数の中の何パーセント書かれているかという「キーワード出現頻度」を見ています。

そのため目標キーワードをページ内に書きすぎるとキーワード出現頻度が高くなってペナルティーを受けます。反対にページ内にキーワードが競合他社のサイトと比べて少なすぎると上位表示しにくくなります。

最適なキーワード出現頻度は業種や、キーワード毎に異なります。

SEOヴィジョンではGoogleで上位表示しているトップ20サイトのWebページのキーワード出現頻度を一発で調査して数値化し、かつグラフ化します。

このデータを見ることによって自社が上位表示を目指す目標キーワードを目標とするページに何パーセント書けば上位表示しやすくなるのかがはっきりと見えてきます。

《キーワード出現頻度の表示例》

指定した場所の検索順位を調査できる

SEOヴィジョンは内部評価スコアを算出以外にもたくさんの機能が実装されています。

その1つが指定した場所のGoogle検索の順位を見ることができるという機能です。

数年前からGoogleでは検索ユーザーがいる場所の検索順位しか取得できなくなりました。そのため自サイトが他の地域で何位なのかを知ることが困難になりました。

この状況を打開するために研究を重ね、SEOヴィジョンでは指定した地域の検索順位が表示されるようになりました。

特定のサイトだけを調査できる

SEOヴィジョンは、特定のサイトのURLだけを調査することが出来ます。自サイトが上位20位にランクインしていない時はこの機能を使えば自サイトの内部調査データを見ることが出来ます。

モバイル版Googleの検索結果と競合他社のモバイルサイトの調査ができる

PC版Googleの検索順位だけでなく、モバイル版Googleの検索順位を調べることができます。

そしてそこからリンクされている競合サイトや自サイトのモバイルサイトの内部要素を分析することが可能です。

これによりGoogleが2018年から実施開始したモバイルサイトを中心に内部要素を評価するモバイルファーストインデックス時代に対応できます。

外部サービスのデータも見れる

調査結果ページの各サイトデータの右上にある「その他データ」を押すと、そのサイトの・・・

(1)インデックス数

Googleがそのサイトを何ページくらいインデックスしているかの指標である site:(ドメイン名)の検索結果が見れます。

(2)サイト更新状況

インターネットアーカイブというWeb上のサイトの更新状況や過去のページを保存しているサービスのデータが見れます。

それにより上位表示サイトが過去どのようなページだったのか、ドメインの古さ、更新状況などを知ることができます。

(3)ページ表示速度

Googleが提供しているPCサイトとモバイルサイトそれぞれのダウンロード速度を点数化して改善策を提案するPage Speed Insightsの調査結果が見れます。

(4)HTML文法チェック

Webの標準化団体のW3Cが運営しているHTML文法チェックの分析結果を見てどれだけWeb標準に近いサイトか、ソース上の改善点を知ることができます。

いつでもどこでもどのデバイスでも調査ができる

もちろんSEOヴィジョンはクラウド型ソフトなのでインストール不要。PCだけでなく、スマートフォンや、タブレットなどの様々なデバイスでいつでもどこでも利用できます。(同時に何台のデバイスで利用可能です)

姉妹ソフトの「SEOスコープ」と合わせて使えば外部要素、内部要素のすべてのスコアがわかる

このようにSEOヴィジョンは競合サイトと自サイトのサイト内部の主要項目のデータを表示して点数化するだけでなく、外部サービスとの連携により多面的なサイト内部の分析ができるツールです。

SEOヴィジョンの内部総合スコアと、会員様が使える外部要因調査ツール「SEOスコープ」をあわせて使えばサイトの内部要因と外部要因の競合調査が可能になり、ライバルサイトと自社サイトの実力の差がどこにあるのか、どこが伸びしろなのかを知ることができます。

それにより、よりスピーディーなサイト改善が目指せます。

内部要素のデータと外部要素のデータを統合した「総合調査結果レポート」も見れる

内部要素調査ソフトの「SEOヴィジョン」の調査結果と、外部要素調査ソフトの「SEOスコープ」のデータを統合し、それらの平均点を「総合評価スコア」として算出する「総合調査結果レポート」も見れます。

これによりライバルサイトや、自サイトの内部要素+外部要素=総合調査結果 が1つの画面で表示されるようになり、これまで以上にライバルサイトと自サイトの差が見えるようになります。どのサイトを参考にして自サイトを改善すべきかがわかりやすくなりました。

さらに総合調査結果レポートはA4用紙1枚に印刷できるようになりましたのでライバルサイトと自サイトの数値の比較がスピーディーに出来ます。競合調査、自サイトの伸びしろ、改善ポイントを見つけやすくなりました。

SEOヴィジョンを活用すればスピーディーに自社サイトの伸びしろ、改善点が具体的に見えてきて具体的な手が打ちやすくなります。